Amazon Fashion Week Tokyoとはどんなイベントか?

毎年、春と秋の年2回開催されるファッションイベント
SHARE
2018.06.10 17:07


毎年、春と秋の年2回開催されるファッションイベント


Amazon Fashion Week Tokyoとは、いわゆる東京コレクションと呼ばれてきたファッションイベントのことで、毎年、春と秋の2回開催される。今日に至るまでには色々な歴史があるが、このイベントはどんな道をあるんで来たのであろうか。


Amazon Fashion Week Tokyo(東京コレクション)の概要


Amazon Fashion Week Tokyo(通称、東京コレクション)は、世界最大級のECサイト・Amazonの日本法人であるアマゾンジャパン合同会社が2017年にタイトルスポンサーになった世界的コレクションである。では、Amazon Fashion Week Tokyoは世界的にはどれくらいの規模であるかというと、近年は上海やソウル・シドニーなどが伸びているものの4大コレクションに続く規模であるという風にいわれている。ちなみに4大コレクションとはパリコレクション・ミラノコレクション・NY&ロンドンコレクションの4つを指し、ファッション界では「BIG4」と称されている。




東京コレクションのはじまり


世界の4大コレクションは古くから統括団体が存在して一定期間内に参加ブランドが集中的にショーを開催する文化が出来上がっていた。そして、1週間くらいの短期間内にショーを集中させることで、海外から取材者が来やすい状況が整えられてきた。それに対して、東京という都市には統括団体がなかったため、春と秋に各ブランドが自主的に春夏・秋冬のショーを開催するという状態が続いていた。


しかし、例えば翌年の春夏コレクションのショーを10月に開催するブランドもあれば11月・12月に開催するブランドもあるようでは、なかなか海外から取材者を呼ぶのは大変である。そのため、国内外で活躍する日本のトップデザイナーたちはCFD TOKYO(東京ファッションデザイナー協議会)というコレクション運営組織を合同で発足させた。それにより、短期間にパリコレ参加ブランドも含めて有力ブランドが集中的にショーを開催するようになって開始当初は海外から多数の取材者を呼ぶことに成功した。




近年の東京コレクション


パリコレデザイナーも含めて日本のトップデザイナーたちが一定期間内で集中してショーを開催することで、海外メディアの注目を集めようとした東京コレクションであったがそんなにうまくはいかなかった。最初のうちは海外からも注目されていたが、世界のファッションプレス達の注目はやはりパリやミラノに集中的に集まるため、再び東京コレクションの世界的な地位は下がっていった。それにより、東京でショーを開催する付加価値が低くなってきたため、当初は参加していた世界的なデザイナーが次々に去っていくようになり、2000年代前半頃には若手デザイナー向けコレクションという意味合いが強めになってきた。


そのため、2006年からは運営団体の戦略によりJFW(JAPAN FASHION WEEK)という複合的なイベントに生まれ変わり、合同展示会なども会期中に開催され、東京コレクションはJFWの中心的イベントという位置づけとなった。しかし、それでもなかなか注目度はあげられずにいたが、2011年にメルセデスベンツが冠スポンサーになると様々なコネクションによって世界的なデザイナーがゲストデザイナーとして毎回参加するように。さらに2017年にAmazonの日本法人が新たな冠スポンサーとなり「Amazon Fashion Week Tokyo」というタイトルになってからは、Amazonマネーで毎回、国内外の大物デザイナーを誘致することに成功。それにより、再び急激に世界的な注目度が高まっている。




変化する東京コレクション(Amazon Fashion Week Tokyo)


かつて、東京コレクションとは様々な審査があって、参加できるブランドのジャンルがある程度限られていた。しかし、近年はファッションの多様化の流れの中で、今日のamazon fashion week Tokyoには幅広いジャンルのブランドが参加している。どんなブランドがAmazon Fashion Week Tokyoに参加しているか言うと、今でも基本的にはアバンギャルド(前衛的)で実験的な芸術性の高いモード系ブランドが中心である。


一方で、ヒップホップ系やかつてのストリート系ブランドの代名詞的存在のブランドも参加するようになっており、世界中のコレクションでも最もバラエティ豊かなラインナップとなっている。


photo:

https://www.facebook.com/pg/AmazonFashionWeekTOKYO/photos/?ref=page_internal


written by 編集部

SHARE