音楽ユニットam8、「シティポップ ララバイ ft. 高浪慶太郎」のリミックスをリリース

リミックスシリーズ『am8 killed by』第二弾はam8のメンバーでもあるmad FPUによるラヴァーズ・ロック・サウンド。
SHARE
2021.06.02 09:30

昨年デビューした2人組音楽ユニットam8(エーエム・エイト)によるリミックスプロジェクト『am8 killed by シリーズ』の第二弾が発表になった。今回はam8のメンバーでもある「mad FPU(マッド・コプロセッサー)」氏による「シティポップ ララバイ ft. 高浪慶太郎」のリミックスを配信。



昨年末アルバム『iDoM』をリリースしたam8。アナログレコードや連続配信、個性的なフィーチャリングシンガーを起用するなど独自のクリエイティブアクションを起こしてきた彼らだが、今回は前述のアルバム収録曲を各方面のサウンドクリエイターに大胆なリミックスをチャレンジしてもらうという『am8 killed by(キルバイ)シリーズ』を企画した。


クリエイティブの「スクラップ&ビルド=破壊と再構築」をコンセプトに、彼らが体現してきたサウンドコンセプトを一度「殺し」、外部からの印象で自由にリミックスしてもらう事でオリジナルとは異質な音楽世界に誘う、というシリーズ企画。


第二弾のオファーは、音楽プロデューサーであり、am8のメンバーでもある「mad FPU」氏。


レゲエミュージックに造詣の深い彼は、am8のフューチャリングシンガーの中で唯一男性ボーカルにて参加の高浪慶太郎氏歌唱による楽曲「シティポップ ララバイ ft.高浪慶太郎」をUKレゲエのサウンドフィーリングを持つラヴァーズ・ロックレゲエ・サウンドに変化させている。


【リミキサー mad FPUコメント】

音楽に目覚めた頃から、レゲエというジャンルには特別な思いがあり、今となっては一般的に知られるようになりましたが、まだ全然情報も資料もない頃から、とにかくたくさんの作品を漁り聴きし、サウンド研究に没頭しつづける20-30代でした。

もちろん、レゲエといえばジャマイカ・キングストン発のものがベーシックにあるわけですが、早い段階から、レゲエミュージックがイギリスに渡って洗練されていった、いわゆるUKレゲエが特に好きで、実際にUKにも足を運んで、ARIWA SOUNDを主宰するマッド・プロフェッサーとも交遊するようになったりもしています。そういった意味でも、今回のトラックは、ARIWAリスペクトが色濃い仕上がりとなっています。

トラックを作るところで大事にしたのは、音をあまりたくさん詰め込まないこと。昨今のUSを中心とする音楽のトレンドが、どんどんトラック数が減っている傾向にあり、自分自身の音楽の好みという観点もそうなので嬉しい限りですが、いざ自分で作るとなるとあれもこれも入れたくなってしまう。しかし一旦冷静になって、引き算のモードで客観的に聴いて検証し、ここに落ち着きました。高浪慶太郎さんのボーカルが、オリジナルとはまたひと味違った表情を見せてくれているので、ぜひチェックしてみてください。





【リリース情報】




アーティスト名: am8

『am8 killed by mad FPU』

タイトル: am8 killed by mad FPU

Release: 2021.6.2

Format: Digital

Label: Alfa Beta Records


Track:

1. シティポップ ララバイ -mad FPU Lovers Rock Remix

2. シティポップ ララバイ ft. 高浪慶太郎


配信リンク

https://friendship.lnk.to/killedby_madFPU


【アーティスト情報】




am8 Official

Instagram:https://www.instagram.com/am8_official2020/?hl=ja

Twitter : https://twitter.com/am8__official

YouTube official channel:https://www.youtube.com/channel/UCQO1aT-1c0mj0HPyWFJh5Lw


【FRIENDSHIP.】

https://friendship.mu/





SHARE