気になる1位は!? DJ Magがハウスとテクノにフォーカスした人気DJランキング2019年度版を発表

ベテラン勢のほかに日本でも人気のCharlotte de Witte、Peggy Gouら若手、さらには近日来日予定のDJたちがランクインしている。
SHARE
2019.11.20 09:00

EDMの人気DJランキングで広く知られるDJ Magが、昨今ダンスミュージックシーンで復権の兆しを見せているハウスとテクノのDJにフォーカスした人気DJランキング「Alternative Top 100 DJs 2019 powered by Beatport」を発表した。



ハウスとテクノのDJにフォーカスしたDJランキングで頂点に立ったのは? 


同ランキングは昨年からDJ MagがBeatportのサポートのもと行なっている人気ランキングで、昨年は長きに渡り、ダンスミュージックの聖地、イビサ島でレジデンシーを務めるなどシーンで存在感を放ってきたCarl Coxが1位に輝いていたが、なんと、2019年度も再びCarl Coxが1位を獲得。2年連続で同ランキングの頂点に立つことになった。





日本でも人気のDJたちがランキング上位に  


また2位には同じくシーンのベテランでスウェディッシュ・テクノの雄にして名門レーベル「Drumcode」を主催するAdam Beyerがランクイン。そのほかトップ10には”マスク姿”で知られるClaptoneが3位、最近、炎上騒ぎでも注目を集めたNina Kravizが4位、テックハウス・アンセム「Losing it」の特大ヒットで知られるFihserがランクインしている。  


また6位には12月に来日が決定しているRichie Hawtin、7位に9月の来日も記憶に新しいベルジャン・テクノのライジングスターとして知られるCharlotte de Witte、8位に今年は自身のレーベル「Gudu Records」からのEP『Moment』がヒットしたPeggy Gouといった日本でも人気のDJ/プロデューサーたちがトップ10にランキングしていることに注目したい。





近日来日するDJたちもランキングに登場  


そのほかに今月来日する有名DJではJeff Millsが36位、Laurent Garnierが77位、Dixonが85位、来月来日するPurple Disco Machineが55位にランキングしている。



”ポストEDM”時代の勢力図は来年どのように変化するのか?  


現在、ダンスミュージックシーンは”ポストEDM”時代に突入しており、昨年のBeatportセールスランキングでもテックハウスを中心に非EDMアーティストたちの存在感が極まった。また今年のイビサ島ではテッキーものやディスコライクなハウスが人気を集めたことも明らかになるなど、確実にトレンドの変化を感じる。そういった点を踏まえて、2020年はこのシーンの勢力図がどのように変化するかを今から予想していくのもこういったランキングの楽しみ方かもしれない。  


関連記事: 

Beatport2018年セールスランキング発表、1位はグラミーノミネートのあの曲! トレンドの変化を感じる結果に「今年最もイビサでShazamされた曲」から読むシーンの変化、トレンドはEDMからテックハウスへ


なお、「Alternative Top 100 DJs 2019 powered by Beatport」の全ランキング結果が気になる人はこちらのリンク先でチェックしてほしい。 


written by Jun Fukunaga 


source: 

https://djmag.com/longreads/alternative-top-100-djs-2019-powered-beatport

https://djmag.com/news/carl-cox-wins-dj-mag-alternative-top-100-djs-2019-powered-beatport


photo: DJ Mag



SHARE