おすすめのサーキュレーターはどれ? 過熱する販売合戦

おすすめのサーキュレーターは? 気になる最新情報とは
SHARE
2019.06.15 08:00

おすすめのサーキュレーターは? 気になる最新情報とは


サーキュレーターの必要性の大きさについては、改めて説明することもないだろう。夏の涼をとるという目的で使うことはもとより、冬場でも空気を循環させるという意味で使うということは多い。そのコンパクトな出で立ちから多くの家庭で愛用されているが、企業内でも活用されるケースが多い。その詳細を見てみよう。





扇風機を上回る使い勝手の良さも


サーキュレーターがここまで多くの人に浸透するようになったのは、その使い勝手の良さに起因していることは間違いない。コンパクトでありながらもパワフルというのが、人気に拍車をかけることにつながっている。現代では知らない人はいないといっても良いほどに存在感を増しているサーキュレーターについては、家電量販店やディスカウントストア、電気店などの多くが取り扱いを行っており、おすすめ商品などとして店頭に並べるケースが多い。


「おすすめのサーキュレーター」として取り上げられるラインナップを見ると、実にさまざまなメーカーが、サーキュレーターの製造開発に乗り出していることがわかる。昔ながらの老舗メーカーもさることながら、新栄企業やスタートアップ企業までもが、サーキュレーターの製造販売をスタートさせている。それだけ、伸びしろの大きな商品であるという見方をしているのではないだろうか。


サーキュレーターがここまでポピュラーになってきたのは、ここ最近になってからだ。「扇風機と似ている」という意見を持つ人も多いが、その扇風機よりも使える製品として、徐々に家庭でも親しまれているのである。扇風機といえば、活躍するのは夏だけというのが一般的な見方だ。直接的に涼しい空気を居室内空間にもたらしてくれる。一方、サーキュレーターは、扇風機ほどの風量は望めないが、エアコンなどと併用することで、より、冷涼感を広範囲にわたってもたらすことができる。特筆すべきは、扇風機とは異なり冬場でも使えるという点が挙げられる。暖かい空気を部屋全体に拡散することが可能だ。


家電量販店などにいけば、おすすめのサーキュレーターという謳い文句を大々的に掲げて売り込みを図ろうとする店舗があることも事実だ。しかしながら、そのような店舗の思惑にハマってしまうことは決して得策とはいえない。「おすすめ」という言葉に惑わされることなく、自分なりの価値観を持って対峙することが肝心といえる。その場で、スマホやタブレット端末を使って口コミや評判などをチェックするなどしてみるのも良いかもしれない。





静音性も重要なポイント!


おすすめという言葉に弱いのは、日本人の特徴ともいえるのではないだろうか。「残り僅か」などという言葉とともに、さまざまな売り場で見られる謳い文句にはくれぐれも注意しなければならない。サーキュレーターを初めて購入するという際には、静音性にもこだわる必要がある。いくら涼しい空気をもたらしてくれるとしても、大きな音を出すような機器設備であれば、お勧めすることは難しいと言わざるを得ない。就寝中もサーキュレーターを使うという人が多いことを考えれば、極めて重要なポイントのひとつともいえるだろう。


軽さという面にもこだわりたい人もいるかもしれない。とりわけ、女性やお年寄りにとっては、軽くてコンパクトということが、サーキュレーター選びをする際に重要視される点だ。「昼間は台所やダイニングで使って、夜は寝室」などのような使い方をするにも本体自体が軽くなければならない。


おすすめの要素として忘れてはならないのが、クリーニングや手入れのしやすさだ。特に羽根の部分にはどうしても埃がたまることになる。快適さを維持するためには、こまめにクリーニングをすることは欠かせないといえる。地球温暖化の影響もあり、暑さへの対策が必要不可欠な中、サーキュレーターに寄せられる期待感は高まるばかりだ。



written by 編集部


photo: facebook


SHARE