HIP HOPをする前はシェフだった!?覚えておきたいアーティストAction Bronson(アクション・ブロンソン)について

料理本を出した過去あり!!強いインパクトを持つアーティストAction Bronsonについて知ろう
SHARE
2018.05.27 05:02

HIP HOPと料理をこよなく愛するAction Bronson




HIP HOPを愛するラッパーのAction Bronsonは元シェフという異例の経歴を持っている。そんな彼はラッパーとしての顔だけではなく、自身のオンライン料理番組を持つMC、そしてグルメレポーターとしても活躍しているのだ。そんな多彩な才能を持つAction Bronsonに注目してみよう。



Action Bronsonならではのインパクト大なMV


HIP HOP界でもいろんな方面でかなり忙しいと言われているAction Bronsonは、その巨漢さで演じるB級映画さながらのMVが有名である。彼のMVの監督はAction Bronson自身もしており、それまで彼の曲を聴いた事がなかった人でもそのMVを見る事で十分に楽しめるのが特徴だ。例えば、「The Symbol」のMVの続編として製作された「The Chairman's Intent」のMVでは70年代の中国がヒントにされており、Action Bronsonは暗殺者としてチャイニーズマフィアと戦うというストーリー仕立てになっている。本当に映画を見ているような気分を味わえるので、ファンは毎回こういったMVを楽しみにしている人が多い。




Action Bronsonの大きな体はそれだけでもインパクトが強く、印象に残りやすい。しかし彼のMVはHIP HOPの曲のものだという事を一瞬忘れさせる程の面白さがあるのだ。Action BronsonならではのHIP HOPを知りたい場合は、まず彼のMVを見てみる事をお勧めする。



料理本を出したAction Bronson




HIP HOPのシンガーとして活躍しているAction Bronsonだが、彼は現在の職を得る前はシェフとして働いていた。その経歴を活かして2017年に発売されたのが「Fuck, That’s Delicious: An Annotated Guide to Eating Well」である。1冊28ドルで販売されており、ラッパーが出す極めて珍しい本だと言えるだろう。「Fuck, That’s Delicious」というタイトルの一部は彼が受け持っているトラベルグルメ番組の名前だ。彼はこの本について、彼の人生を記録したようなものだとコメントしている。番組では、このレシピ本の中から「チキンパルメザン」の作り方を紹介した。かつてシェフをしていたというだけあって、Action Bronsonの調理する姿はこのままシェフの制服を着ていれば違和感は全く感じないものだ。別の回ではリブアイステーキを使ったスペシャルなサンドイッチのレシピを披露するなど、参考になる簡単料理を知る事が出来る。



初来日は2016年9月だった


HIP HOP界ではレアな存在と言える元シェフのラッパー「Action Bronson」は2015年にデビューアルバムをリリースしている。「Mr. Wonderful」というそのアルバムは全米チャートでトップ10に入る程の大ヒットとなった。ちなみに、Action Bronsonが本格的にHIP HOPの道を歩むようになったきっかけは足を怪我した事が原因で、料理番組を数ヶ月休まなければいけなくなった事だったそうだ。元々、HIP HOPに関してはあくまでも副業的なものであり、彼にとっては料理番組のMCこそが本業だったのである。2011年にはスタティック・セレクターとコラボした「Well-Done」を製作した。彼の曲はすぐにヒットを生むようになり、2012年以降には様々なアーティストとコラボした作品を出している。そんなAction Bronsonが初めて来日したのは2016年の9月のことだった。代官山で単独ライブを行なったのである。この来日をきっかけにAction Bronsonの名は日本国内でも広く知られるようになり、彼の人気はさらに高まったといえるだろう。


Photo: https://www.facebook.com/ActionBronsonMusic/


Written by 編集部



SHARE