シンガー・ラッパー・モデルとして活躍するインフルエンサーのYOSHIってどんな少年?

まさにスーパー・ティーンエイジャー
SHARE
2020.03.14 11:49

まさにスーパー・ティーンエイジャー


中学生の頃からモデルとして国内外に活躍してきたインフルエンサーのYOSHIは、高校生になってからますます活動の幅を広げている。モデルだけでなくシンガー・ラッパー・俳優としても活躍しはじめている。モデル・ラッパー・シンガー・俳優と4つの顔を持つスーパー・ティーンエイジャーの彼がどんな人物であるのかを紹介する。


この投稿をInstagramで見る

𝐘𝐎𝐒𝐇𝐈(@yoshi.226)がシェアした投稿 -


インフルエンサー・YOSHIの生い立ち


2010年代に入ってからTwitter、InstagramまたはYouTubeなどを通じて、芸能人だけでなく誰でもインフルエンサーとして活躍できる可能性が出てきた。YouTubeでいうとヒカキン、はじめしゃちょーなどが代表的な存在である。Instagramからはたくさんのインフルエンサーが誕生してきたが、カリスマ的人気を誇る一般女性がファッション業界にて多大な影響力を持つケースが多い。一方、男性分野においては大人世代の目立ったインスタ系インフルエンサーが存在しないものの、ある1人の少年だけは国内外で極めて大きな注目を集めている。


その名はYOSHIといい、彼は2003年2月26日に誕生した。本名はヨシズミ(YOSHIZUMI)ながら、外国人がZUMIを発音しにくいという事が要因でYOSHIと名乗っている事が判明している。香港出身である父親は東証1部上場の家具・インテリア企業・株式会社オカムラにてインテリアデザイナーとして活躍している人物だ。一方、母親は某繊維メーカーの部長と両親が共に社会の中で大成功をおさめている。広島県で誕生したのち首都圏に移住し、日本におけるファッションの都・東京にて育ってきた。小学校の途中まではミニ四駆などに興味をもつごく一般的な子供であったが、東京都心の街にはおしゃれな人が多い事に気づいてファッションに興味をもちはじめる。そして小学生にして渋谷・原宿・池袋などの古着屋やセレクトショップに足を運ぶようになっていった。中学生になると自身のInstagramアカウントを開設して情報発信をはじめたが、開設当初のフォロワー数はごくわずかなものであった。


しかし、ある日彼が突然ルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクター(メンズ部門)であるVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)との2SHOT写真をアップして注目を浴びる。これはVirgil Abloh自身のブランドであるOff-WhiteのパーティーにYOSHIが参加した時にVirgil Abloh側から声をかけられて撮影された写真だ。つまり際立ったファッションセンスの良さが世界的なデザイナーの目に強く留まった事によって実現した写真であり、これを機にファッションセンスが注目を集め始める。Instagramのフォロワー数は激増していってDMを通じてオファーを受け、中学生にして有名ファッションブランドの広告モデルとして活動しはじめた。


一方、Instagramを通じてDavid Bowie(デヴィッド・ボウイ)、Sid Vicious(シド・ヴィシャス)といったレジェンドシンガーの存在を知り、シンガーとしての活動にも興味を持ち始める。さらにヒップホップミュージック好きのため、ラッパーとして活躍する夢を持つようにもなった。



モデルとしての活躍ぶり


YOSHIのファッションセンスやビジュアルを大推薦するルイ・ヴィトンのVirgil Ablohとの出会いがきっかけで海外ブランドに関する仕事もするようになった。具体的には14歳にしてNY拠点の世界的ブランド「HELMUT LANG(ヘルムート・ラング)」のキャンペーンモデルに起用されるなどして、世間に衝撃を与える。なお日本のファッション史において女性ではなく男性にて10代半ばの若さで世界的に活躍して歴史をもつモデルは皆無の状態であった。そしてグローバルなモデル活動を通じて日本におけるインスタ系インフルエンサーの代表的な存在になっていく。


ちなみに彼は、多忙でなかなか学校に通えないため中学校を卒業すると普通の高校ではなく通信制の高校に進学した。そして「YOSHIZUMI SASAKI」という自身のブランドを設立して将来的には主にファッションデザイナーとして活躍したい意向を表明している。Virgil Abloh同様にパリコレに参加して世界的なデザイナーになっていきたいとも語っており、まだティーンエイジャーながら頼もしい限りだ。



高校に入ってからはシンガー・ラッパー・俳優としても活動


通信制の高校に進学した関係で基本的に日中の時間を自由に使えるYOSHIは、その環境を活かしてモデルだけでなく幅広いフィールドで活動しはじめた。例えば2019年にはYouTubeに自身の公式アカウントを開設してラッパーとしての活動を本格的な活動をスタートした。ラッパーとしての能力も極めて高く評価されており、コメント欄には日本語のほか海外在住者による英語コメントも多数寄せられている。海外からもこの天才ティーンエイジャーの能力を絶賛するコメントが殺到しており、ラッパーとして世界的に活躍できる可能性も秘める。


なお、YOSHIはYouTubeの公式アカウントにてラップ系の曲ばかりをアップしているわけではない。シンガーとしてきちんとした歌声が入ったヒップホップ系・パンク系の音源もアップしている。彼の歌声はのびやかで音域も広く、ラッパーではなく本格派シンガーとしてグラミー賞を受賞するような事もあるかもしれない。さらに演技未経験にして映画の主演に選ばれ、完成度の高い演技を披露するなど底なしの才能を見せ続けており、インフルエンサーの価値を高め続けている。




written by 編集部


photo: https://yoshitokyo.official.ec/


SHARE