サマソニ出演! タイのシンガーソングライターSTAMP

タイのシンガーソングライターSTAMPの魅力
SHARE
2020.02.18 02:00

タイのシンガーソングライターSTAMPの魅力


タイミュージックを聴いたことがあるだろうか。賑やかな曲調をイメージする人も多いのかもしれないが、タイの曲はクールでそれでいてスタイリッシュだ。そして、タイミュージックを聴くならSTAMP(スタンプ)という名は覚えていた方が良いだろう。彼は歌手であると同時に音楽プロデューサーという一面も併せ持っているのだ。まずはSTAMPがいかに素晴らしいのか、その魅力について紹介しよう。




STAMPのこれまでの歩み


1982年5月13日にバンコクで誕生したSTAMPは、タイの有名ロックバンドであるモダンドッグに影響を受けた15歳の時からギターを始め、チュラーロンコーン大学在学中の2005年に同級生と共にバンド7thSCENE(セブンス・センス)を結成した。バンドはアルバムを1枚出してから休止状態になり、1人で音楽活動を始めたSTAMPは音楽活動を続けながらシンガーソングライター・音楽プロデューサーのBoyd Kosiyabong(ボイド・コシヤボン)の元、歌手に楽曲提供をしその曲は見事ヒットとしたのである。


彼の音楽センスの高さはすぐに周囲が知ることとなった。2008年にソロアルバム『Million WaysTo Write Part1』を発表し、2009年にはアルバム内に収録されている「クワームキット」が、映画『A Moment in June』の主題歌に抜擢され大ヒットとなったのである。そして、2019年にYou Tubeで彼の楽曲「YOUNGOHM,KARN」が流れると、1週間という僅かな間にあっという間に100万回を再生するという驚異的な記録を打ち出した。その人気はとどまることを知らず、STAMPはタイの国民的なシンガーソングライターとなり、ワンマン公演を行えば万単位の人々が大熱狂しこれまでタイの音楽賞で歌手としてプロデューサーとしてこれまで40以上の賞を受賞してきた。




STAMPの楽曲の特徴


STAMPの楽曲の特徴は流行に流されることのない安定感だ。アコースティックギターの心地良いメロディと優しい歌声、聴いているだけで胸を打つ歌詞。彼がシンガーソングライターとして描く世界はポップで、それでいてファンクやヒップホップの要素も含んでいる。なかにはタイミュージックの影響が色濃く現れているものもあり、バラエティに富んでいる。そして内容も切ない恋愛模様を描いたものもあれば、今時の若者の心理を描いたものまで様々だ。シンガーソングライターとして様々な世界を造り出す彼の楽曲は、老若男女問わず愛されている。


その楽曲の魅力は時が過ぎても決して色褪せることがなく、彼の楽曲は発売された後もその人気が衰えることはなく、過去の曲でも人気を博している。その理由は、曲に込められた歌詞に理由があるのだ。歌詞に込められた想いは深く、聴く者の心を揺さぶる。彼の歌詞には人のノスタルジックな部分を刺激する要素が込められているのだ。リスナーは年を重ねるごとにその歌詞の奥深さに触れ、改めて楽曲のクォリティの高さに惚れこみ、曲を聴くだけでその世界観を知ることができる。それが彼の楽曲が長く愛される理由でもあるのだ。




審査員としてのSTAMP


シンガーソングライターとして名を馳せるSTAMPでが、タイでは審査員としての彼の人気も高い。STAMPはタイの人気音楽オーディション番組である『The Voice Thailand』で審査員を務めていたのだ。トップアーティストしか審査員としては選ばれず、彼がいかにタイでその実力が認められているのかがわかる。音楽プロデューサーとしての面も持つ彼の意見は出場者にとっては貴重なものとなったのである。



STAMPの日本での活躍


幼少の頃から日本の歌やドラマ、アニメに囲まれて育ったSTAMPは、大の親日家であることもファンの間では知られている。結婚した時には日本で前撮りしたほどだ。そして2018年にはSTAMPは日本初のワンマンショーを成功させている。更にドラマ『Love by chance』の主題歌に起用され話題となった。更に、2019年にはトイズファクトリーからメジャーデビューを果たし、ネット配信限定でデビューシングル「Bangkok Summer(English ver.)」がリリースされたのである。また、日本のアーティストともコラボしていることも大いに話題となった。YMCKに演奏を依頼したとがキッカケとなり、その後も一緒に曲作りをしたり親交を深めている。更にDEPAPEPEやMAYU WAKISAKAなど実力派揃いのアーティストとの楽曲は双方のファンの大反響を呼んだ。彼の楽曲はどのアーティストとも絶妙なバランスで上手に溶け合い、その完成度の高さに新たなファンを獲得していくのだ。


その知名度は日本でもジワジワと広まりを見せ、国内外の多くのアーティストが参加する『SUMMER SONIC2019』の東京公演に彼が出演した時には、大歓声の元迎えられ、その美声を広い会場に響かせた。更に彼が来日した時に開かれたイベントには多くの日本人のファンが駆けつけ、いかに彼の楽曲が日本人の心にも響いたのかがわかる。日本人のファンは、タイから来たシンガーソングライターというだけで彼に注目した訳ではない。彼の魂からの歌声に心が震えたから、彼に魅了されたのだ。2018年に日本で初めてワンマンライブを開催しました。更に2019年も日本ツアーを成功させ、彼の勢いはとどまることを知らないのである。



written by 編集部


photo: https://www.facebook.com/pg/StampApiwat/photos/?ref=page_internal

SHARE