Reiというシンガーソングライターの魅力

シンガーソングライターRei
SHARE
2020.02.18 02:00

シンガーソングライターRei


シンガーソングライターであるReiという女性の名を聞いたことがあるだろうか。10代の頃からブルースを歌いこなす彼女は、流暢な英語で切々とその世界観を歌い上げる。彼女はなぜブルースという難しいジャンルにチャレンジをしたのだろうか。ここではReiがどのようにしてシンガーソングライターになったのか、彼女の魅力とはどこにあるのかについて紹介しよう。





Reiがシンガーソングライターになるまで


1993年2月5日に生まれたReiは幼い頃にギターを弾く女性をテレビで見かけたことからギターに興味を持ち、当時暮らしていたニューヨークの音楽学校でクラッシックギターを習い始めたのである。その頃彼女は既に本場のブルースと出会っているのだ。日本に帰ってきてからも彼女のギターへの情熱は失われることはなく、プロのギタリストを目指していた。ロックに目覚めたReiは幼少期に聞き慣れていたブルースにも触れ、その面白さに夢中になったのである。ブルース専門の店でRobert  Johnson(ロバート・ジョンソン)やSkip James(スキップ・ジェイムス)などを演奏。更には先輩達とのセッション。そのすべてが彼女の糧となったのである。


Reiが17歳の時に念願が叶い、ソニー・ミュージックアーティスツと契約を交わし、プロのミュージシャンの仲間入りとなったのだ。2014年に彼女がデビューすると、たちまちその意外性に多くの音楽ファンは驚かされた。Reiが奏でるハードでタフで、それでいて繊細なそのギターの音色は、ギターファンのみならず多くのファンを魅了したのである。




シンガーソングライターとしてのReiの実力


小柄なReiがパワフルに歌う姿は見るものを圧倒し、彼女独特のメロディは瞬く間に話題となった。そして、彼女のシンガーソングライターとしての実力は次第にコアな音楽ファンをも魅了していった。Reiが創り出す楽曲の端々には、1960年代や70年代の流れを感じることができる。古いロックやブルースのテイストとポップの融合。これまでありそうでなかった新しいジャンルを彼女は確立していったのである。


シンガーソングライターとしてのReiの実力は、彼女のライブで発揮される。ひとたびギター演奏を始めるとReiは、巧みにフィンガーピッキングとサムピッキングを使い分ける。驚くことに彼女はまるでエレキギターのようにアコーステイックギターを演奏するのだ。エフェクターをかけて音色を歪ませることにより、あの独特のメロディを生み出しているのだ。ボトルネック奏法までをも使いこなす彼女の音色は勢いがあり、聴くものを圧倒する。その音色はプロのミュージシャンも絶賛するほとだ。東京スカパラオーケストラの谷中敦や水曜日のカンパネラのコムアイなども彼女の演奏テクニックを絶賛している。クラシックやジャズそしてポップスとあらゆるジャンルの要素を持つ彼女は、まさに唯一無二の存在なのだ。




Reiのシンガーソングライターとしての奥深さ


Reiの魅力はその歌詞にも現れている。彼女の歌詞には日本語と英語使われることが特徴的だ。流れるような英語の歌詞に、時おり印象的に日本語が入ることで歌詞にはコントラストが現れる。その流れはとても自然で、聴いている者の耳に心地良い。幼少期を海外で過ごしたことで日本語が不得意だった彼女は、日本語を学ぶために阿久悠や呉田軽穂や山崎まさよしの歌詞で日本語を学んだ。その影響を強く受けていた彼女は、歌詞の重要性を熟知していたのだ。彼女の歌詞は、とても明確でいて更に物語性がある。


彼女の紡ぐ歌詞にはストーリーがある。彼女の歌詞がメロディと合わさることで、情景がありありと浮かんでくるのだ。その豊かな感性は、彼女がこれまであらゆる音楽やアーティストから影響を受けてきたこともあるのかもしれないが、彼女自身の感性がとても瑞々しく、自由な発想からくるものだからである。だからこそ、彼女の歌の虜となった者は何度でも同じ曲が聴きたくなるのだ。歌詞を聴くことでReiというシンガーソングライターの内面に触れるこができるのである。




世界に通じるシンガーソングライターRei


Reiのシンガーソングライターとしての人気は、国内だけではなく国外からも高い評価を得ている。2016年にはジャカルタで行われたジャズフェスに、更にはテキサス州オースティンで行われたジャパン・ソサエティーにも参加したのだ。そして2017年にはフランスのロックフェスと彼女の存在は次第に広まり、10月にはニューヨークで開催されたTEDに日本人アーティストとして初めての出演を果たしたのだ。彼女の姿を偶然YouTubeで発見したTED側からのオフォーによるもので、彼女の才能がいかに素晴らしいのかがわかる。


そして見事なライブパフォーマンスを披露し、会場を賑わせたのだ。その様子はTEDのアカウントを通じ世界中へと公開され、彼女の名前は世界へと羽ばたいたのだ。彼女にはシンガーソングライターとしての大きな夢がある。それは自身の名前がジャンル名となるような人だ。そのため彼女の音楽には一過性がなく、常に進化する。海外からの注目が高いのも、まさに彼女がどのジャンルにも当てはまらない存在だからである。



written by 編集部


photo: https://guitarei.com/

SHARE