Youtubeをきっかけにブレイクした2002年生まれの少年ラッパー・さなり

21世紀生まれ
SHARE
2020.02.20 02:00

21世紀生まれ


2010年代半ばあたりから、才能あるティーンエイジャーがYoutubeを通じてピッグネームになっていく例が増えている。日本の音楽界で言うと、2002年に生まれたさなりというラッパーあたりがその代表格といえる。2019年にはファーストアルバムを発売したほか全国ツアーを敢行するほどの存在となった彼は、いかにしてスターの座に昇りつめたのか?


この投稿をInstagramで見る

撮影 Photo by @ogata_photo #さなり

さなり(@sanaridayo17)がシェアした投稿 -



さなりというラッパーの生い立ち


さなりは、2002年11月に誕生した日本人男性ラッパーだ。小学校低学年の頃からYoutubeのヘビーユーザーとなり、視聴しているだけでなく自らもオリジナル動画を投稿するようになっていった。そしてまだ小学生にもかかわらず多額の広告収入を手にした彼は、そのお金でパソコンを買ってハイレベルな動画を制作しはじめる。ただし、パソコンを購入してからはしばらくYoutubeへの動画投稿を休止していた。中学校に入るとラップミュージックを聴きはじめ、友達とラップで遊ぶようになり、その時期から再びYoutubeへのオリジナル音源投稿をスタートする。


なお彼はいわゆる"ジャニーズ系"の顔立ちをした超イケメン少年で、体つきに関しても男性モデル顔負けのスラッとしたスタイルをもっている。またシャープな声や滑舌の良さ・歌唱力の高さにも定評がある。中学校3年生の頃に公式動画チャンネルや各SNSアカウントを開設すると、音楽性と共にその外見の良さが女性から注目を集めるようになっていった。Youtubeの各動画ページやSNSのコメント欄には、外見をきっかけとしたファンになった女性達からの「カッコいい!」「イケメンすぎる!」といった投稿が殺到している。




2018年にSKY-HIプロデュース曲でデビュー


2002年生まれのラッパー・さなりは、2018年春に中学校を卒業して通信制高校1年生に入学した。毎日学校に通う必要がなくなった中で音楽活動に専念しはじめ、短期間の間にたくさんの貴重な経験を積む。そんな中、SKY-HIとして活動するAAAの日高光啓と出会い、それがきっかけとなってSKY-HIプロデュース作品でデビューできる事になった。まずはさなりのほうで大まかなトラックを作ってそれをSKY-HIに渡す形で誕生したのが、2018年10月にリリースされた「悪戯」というシングル作品である。


この作品はラップミュージックファンやAAAファンだけでなく、幅広い人達から高い関心を集めた。なぜかというと、MVに中村雅俊・五十嵐淳子夫妻の娘としても知られるカリスマモデル・中村里砂が印象的な形で出演していたためだ。具体的には、ミュージックビデオの中で歌うさなりの首に吸血鬼のように噛みつくシーンが存在し、このMVに関する事は大きなニュースとなった。そして、ニュース記事が良いきっかけとなりYoutube内の公式MVの再生回数・公式チャンネルの登録者数は急増する。




2019年1月から人気リアリティショーに出演して話題に


さなりは、2019年に入ってある人気番組に出演した事により、さらに知名度が上げた。それは、サイバーエージェント社によるインターネットテレビ局・AbemaTVで2017年から放送がスタートした『オオカミくんには騙されない』という恋愛系リアリティショーである。さなりは、2019年1月から3月にかけて放送されたシーズン5に、ラッパーの"さなり"として出演した事で、たちまち時の人となった。この番組内においてイケメンのさなりは女性陣からモテモテの状態となったが、番組内で行われたある投票結果により、一旦脱落する。その後、番組に復活したが自らが“オオカミくん”である事を告白前に伝えてしまうという規定違反を行ってしまったため惜しくも失格となった。


番組において自らの恋が成就する事はなかったが、10代の間で絶大な人気を誇るこの番組への出演を機に知名度は一気に全国区となる。その勢いのままファースト、セカンドシングルを含むファーストアルバム『SICKSTEEN』2019年6月に発売したところ、クオリティの高さに加えて人気番組出演効果もあってこの作品は大ヒットした。それにより、このYoutube出身ラッパーは若干16歳にしてブレイクを果たし、全国ツアーを行えるほどの存在となる。




さなりYoutube公式チャンネル内の人気MV情報


最後に、Youtube公式チャンネル内にてどの曲の人気が高いかを紹介する。さなり公式Youtubeチャンネルにおいて再生回数ダントツ1位であるのが、2019年1月にリリースされたセカンドシングル「Prince」のMVである。ポップスに近いキャッチーな作風が受け、『オオカミくんには騙されない』出演期間内に大きく再生回数が伸びたほかコメント欄には絶賛の声が殺到した。番組が終了してからも圧倒的な曲の良さは口コミで広がっていき、再生回数は脅威の500万回超えを記録している。


続いて、2019年秋時点で再生回数第2位であるのが、「Flow love」という曲である。この作品はシングルにもアルバムにも収録されていない。ラッパー・さなりが『オオカミくんには騙されない』出演中に、女性メンバーあいりの事を想って作った曲で、番組を通じてその事が伝わると再生回数が激増した。こちらの公式MVは300万回以上再生されているが、CD未収録曲のためリピート再生するファンが多い。


その他、ファーストアルバムの3曲目に収録されている「嘘」やデビューシングル「悪戯」のMV再生回数も多く、Youtubeを通じて日に日にファンが増えている状況だ。




written by 編集部


photo: https://sanaridayo.com/

SHARE