ラップだけでなくファッションにも注目が集まる沖縄出身のラッパー・OZworld a.k.a R'kuma

沖縄県出身のラッパー
SHARE
2020.03.11 04:32

沖縄県出身のラッパー


OZworld a.k.a R'kuma (オズワルド・エーケーエー・レオクマ)という沖縄県出身の若手ラッパーは、高校生ラップ選手権出場を機にたくさんのチャンスを掴んでいった。それと同時にSNSアカウントに投稿される写真や公式映像チャンネルのMVを通じて優れたファッションセンスにも注目が集まるようになっていった。そんな彼が歩んできたサクセスストーリーを紹介する。



高校生RAP選手権で名を馳せる


OZworld a.k.a R'kumaという日本人男性ラッパーは、沖縄本島南部の嘉手納町で1997年に誕生した。見た目は強面系であるが、インタビューメディアやSNSアカウントでは時折優しい素顔を見せており、その大きなギャップが魅力といわれている。10代前半からストリートファッションに興味をもつようになり、その流れの中で仲間と共にラップの勉強を開始する。高校に入ってからは沖縄本島内のクラブに出入りしはじめ、県内で開催される様々なラップ系イベントに出演者として参加するようになっていった。


また高校2年生の頃に仲間と共に完成させた「CoCo ga OKINAWA」という曲をお世話になっているクラブのYouTube公式チャンネルにアップしたところ、驚異的な再生回数を記録する。この「CoCo ga OKINAWA」という作品が世間から高評価を受けた事で大きな自信をもち、高校2年生の終わり頃にはBSの人気テレビ番組『高校生RAP選手権』の予選に参加し始めた。第7回・第8回大会に関しては惜しくも予選敗退に終わったが、第9回では遂に予選を突破して本選に進む。


続く第10回もファン投票の結果により本選出場を決め、この大会ではビートルズなど世界中の大物アーティストが公演を行ってきた日本武道館でパフォーマンスを披露した。その勢いのままテレビ朝日系の人気番組『フリースタイルダンジョン』の某企画にも出演すると、後日パフォーマンスの模様がテレビで流れた事で、一気に知名度が上がる。そこからはSNSのフォロワー数が激増していったほか、YouTube内にアップされた関連映像の再生回数も急激に上がっていく。そういった状況の中、写真や映像を通じてファッションセンスの高さにも注目が集まるようになった。


なお高校生の頃にラッパーとして活動しはじめてから20歳の頃までは、"R'kuma (レオクマ)"というアーティストネームであった。しかし、2018年春に改名してOZworld a.k.a R'kumaもしくは短縮してOZworld(オズワルド)と名乗るようになったという歴史をもつ。ちなみにOZworld a.k.a R'kumaという長いアーティストネームの中の"a.k.a."とはAlso Known Asの略語である。



OZworldに改名してから遂にCDデビュー


2018年に改名した時点ではCDデビューをしておらず、激増するファンの間ではCD作品のリリースが待ち望まれていた。そんな中2018年におけるたくさんのライブ経験の中でようやくチャンスを掴み、2019年に入ると遂にSMM itakuというレーベルからのCDデビューが決定する。デビューに先駆けて2019年4月初頭にはYouTubeのOZworld a.k.a R'kuma公式チャンネルを開設し、完成度の高いMVを次々にアップロードしていく。


そして2019年6月9日にファン待望のファーストアルバムをリリースすると、この作品は極めて高い評価を受けて一気にファン層を拡大した。なお、この作品は沖縄時代の盟友・唾奇をはじめとしてラップ界の大物たちが曲の制作に関わっている。アートワークに関しても世界的なスタッフを起用しており、レーベル側からの期待度の高さが伺える。



世界的なファッションイベントでラップを披露したOZworld a.k.a R'kuma


ラップ界においてファッションアイコンとしても注目を浴びるOZworld a.k.a R'kumaは、2019年秋にある大きな経験をした。それは、パリ・ミラノ・ロンドン・ニューヨークと並んで世界の5大ファッションショーに数えられる東京コレクションのランウェイでラップを披露したという事だ。具体的にいうと、2019年10月開催の2020年春夏シーズンに初めて東京コレクションに参加したヒップホップ系ブランド・ILL IT(イルイット)のショーでオープニングアクトを務めた。なお、パフォーマンスの模様はカットされる事なく東京コレクション公式チャンネル内のILL ITショー映像に残されている。


ちなみに東京コレクションとはパリコレ同様の高級系ファッションショーであり、東京ガールズコレクションのようなポップな雰囲気のイベントではない。世界中からハイファッション界の大物記者やセレブがショーを観覧しにやってくる。そんな権威ある東京コレクションのショー本番においてラッパーがパフォーマンスを披露するという事は稀有な例で、この出来事はラップ界で働く人達にとって大きなニュースとなった。



OZworld a.k.a R'kumaの代表曲とは?


最後にOZworld a.k.a R'kumaの代表曲を紹介する。ファン達の間で最も人気が高いと言われているのが「Peter Son feat.Maria & yvyv」という曲だ。こちらはLDHやavexの支援で長く海外で活動してきた歴史をもつMariaとyvyvの2人とのコラボ曲で、メルヘンチックな歌詞をラップで表現しているのが特徴である。YouTube公式チャンネル内ではMVが100万回以上再生されており、コメント欄でもラップミュージックを愛する国内外の人々から、絶賛のコメントが日々寄せられている。


その他、改名する前のR'kuma時代の代表曲というと、世間に広く知られるきっかけとなった「CoCo ga OKINAWA」という作品が挙げられる。




written by 編集部


photo: https://www.ozworld-rkuma.com/officialphotos?lightbox=dataItem-jf840udb


SHARE