コラージュが話題の「とんだ林蘭」の魅力に迫る!!「Mad Fruits」やラジオ番組『今夜も記憶喪失』のまとめ

異色のポップアーティスト「とんだ林蘭」
SHARE
2020.03.03 07:15

異色のポップアーティスト「とんだ林蘭」


とんだ林蘭は、ユニークなコラージュ作品を発表するアーティストとして知られている。東京を拠点に活動をしている彼女は、さまざまなアート作品の制作を手掛けている。オリジナルブランドの「Mad Fruits」やラジオ番組『今夜も記憶喪失』への出演なども、注目されている活動の1つだ。とんだ林蘭の活動や魅力をここでは紹介する。



独特の世界観をオリジナルのコラージュで表現


とんだ林蘭は、イラストやペインティングから立体、映像作品の制作までいろいろなアート作品を生み出している。とくに注目を浴びているのが、オリジナルのコラージュ作品だ。雑誌などを利用して自分の好きなコラージュ作品を制作する試みは、彼女がポップアーティストとして活動を始める原点になった。とんだ林蘭に影響を与えたのが、チェコスロヴァキアのアニメーション作家であるJan Švankmajer(ヤン・シュヴァンクマイエル)だ。Jan Švankmajerは、Lewis Carroll(ルイス・キャロル)原作の映画『不思議の国のアリス』の監督を務めたことでも知られている。


とんだ林蘭のコラージュ作品は、アウトラインのないところから制作を始めるのが特徴だ。身近なものを積極的に取り入れて、そのときの偶然でコラージュ作品が生み出されるため、とんだ林蘭ならではの個性あふれる雰囲気になる。OL経験がある彼女の場合、アートの制作を始めたのはちょっとした偶然がきっかけだった。当初はモノクロのドローイングなどからスタートし、後に絵画の制作へと作品の幅を広げていく。新宿にある画材店の世界堂などは、とんだ林蘭が制作をするに当たって足を運んだお店の1つだ。


この投稿をInstagramで見る

MAD FRUITS のお店では、シルクスクリーンで @__queegee と制作した1点もののポスター4種類の展示販売もしてます。今年作った中でかなり気に入ってるシリーズ。

とんだ林 蘭(@tondabayashiran)がシェアした投稿 -


違和感のある作風が注目されている


ユニークな作品の数々で知られるとんだ林蘭は、作風に独特の個性がある。彼女の場合、違和感が作品の1つの個性になっている。菓子などの食べ物やファッションアイテムを自由な発想で組み合わせてポップな作品を作っている点は、とんだ林蘭の特徴と言えるだろう。ポップでキュートでありながらも、どことなく違和感があるデザインは、彼女の作品の大きな個性と言える。生肉や目玉焼き、リップスティックなどは、とんだ林蘭の作品によく登場するモチーフだ。単なる可愛いを超えた少しシュールな雰囲気を作品の個性にしているところは、多くのファンから注目されている。


彼女の作品が広く知られるようになったきっかけは、中目黒のギャラリー「VOILLD」で開催された個展だ。以後は、木村カエラや東京スカパラダイスオーケストラなどの有名なミュージシャンから仕事の依頼がくるなど、本格的に作品の制作を始めるようになっている。ちなみに、とんだ林蘭の名前は、ミュージシャンの池田貴史(レキシ)が名付けた。彼女の作品は、音楽やファッション業界からも注目されており、話題を呼んでいる。ポール・スミスやアニエス・ベー、コーチなどは、彼女に注目しているファッションブランドの1つだ。とんだ林蘭は、メガネなどのアイウェアを発売するZoff(ゾフ)で、アートディレクターとしても活躍した。



新ブランド「Mad Fruits」をスタート


とんだ林蘭は、2019年にオリジナルのブランドである「Mad Fruits」をスタートしている。「Mad Fruits」は、東京都品川区にあるモノセンス株式会社と東京都目黒区の株式会社THE・STANDARDが共同で立ち上げたブランドだ。こちらのブランドは、これまで見たことがないような新しい刺激をライフスタイルに取り入れることが1つのコンセプトになっている。東京都渋谷区のSWATi POP UP STOREでは「Mad Fruits」ブランドの誕生を記念して数量限定でいくつかの商品が発売された。商品となったプレートなどは、いずれもとんだ林蘭の個性が存分に味わえるようなユニークなデザインだ。


こちらのストアでは、「Mad Fruits」のロゴマークなどがデザインされたウイスキー用のグラスや、ティーカップ、フォークなどのカトラリーも同時に販売された。とんだ林蘭のコラージュのセンスを食器などの身近なところで楽しめるところは、「Mad Fruits」の商品ならではの魅力と言える。販売された商品は、2000円から5000円前後の比較的手頃な価格がついている。ポップなデザインの食器類は、アートが好きな人にとっても魅力的な一品になるかもしれない。


この投稿をInstagramで見る

MAD FRUITS Tee 👩🏻🧸

とんだ林 蘭(@tondabayashiran)がシェアした投稿 -


『今夜も記憶喪失』のパーソナリティとしても活躍


とんだ林蘭はコラージュなどのアート作品の制作のほかにラジオ番組への出演もおこなっている。渋ゲキプロジェクトのインターネットラジオ『渋ゲキ.FM』で放送されている『今夜も記憶喪失』は、とんだ林蘭がパーソナリティを務めている番組だ。『今夜も記憶喪失』では、渋ゲキプロジェクトについての情報などが紹介されている。渋谷特有のカルチャーやアート、ファッションなどを広く扱う『今夜も記憶喪失』は、オシャレなセンスを磨きたいときにも便利な番組だ。


『今夜も記憶喪失』は、毎週水曜日と木曜日は渋谷にあるMAGNET by SHIBUYA109のMAG7から公開生放送がおこなわれる。週末前の金曜日には同じMAG7で『今夜も記憶喪失』のDJ PARTYが開催される。とんだ林蘭の魅力に触れたいときは、こういったイベントに足を運んでみるのもよい方法になるだろう。渋ゲキプロジェクトに参加するアーティストたちの作品は、「MAG’s PARK」をはじめ、さまざまな場所で公開されている。



written by 編集部


photo: http://tondabayashiran.com/profile/


SHARE