声優デビューも果たしてしまったバーチャルYouTuber、キズナアイの魅力

バーチャルYouTuberという文化の先駆け
SHARE
2020.02.19 06:34

バーチャルYouTuberという文化の先駆け


バーチャルYouTuberという文化をご存知だろうか。YouTuberという動画サイトに投稿を行う配信者の中でも、3Dモデルのアバターを用いている配信者のことを指す言葉で、アニメのような世界観の動画が特徴的で近年増加している配信形態である。そんなバーチャルYouTuberの先駆けともなったキズナアイについて、その魅力を紹介しよう。





バーチャルYouTuberの先駆者キズナアイは世界のAIアイドル


普段バーチャルYouTuberの動画は見ないものの、キズナアイを知っているという人は多いのではないか。肩にかかる長さの茶髪にはピンク色のメッシュが入り、白を基調としたコスチュームは大胆なデザインをしている、そんな女の子の3Dモデルを見かけたことは無いだろうか。彼女はキズナアイ、というバーチャルYouTuberであり、可愛い女の子を模した3Dモデルを用いてインターネットに動画を投稿する人気配信者である。彼女に声を当てているだろう声優の情報は明らかにされておらず、本人はあくまでキズナアイが本体である、というスタンスで振舞っている。


バーチャルYouTuberという存在の先駆けとなったのがキズナアイであると言われている。2017年頃から火が付き始めた動画投稿者本人ではなく特定の3Dモデルを用いて配信を行う、というスタイルのバーチャルYouTuber、という配信形態を最初期から行っていたことで知られ、彼女も自身を「世界初のバーチャルYouTuber」と公言してはばからない。そんな存在であるキズナアイに敬意を表してか、後輩バーチャルYouTuberであり、自身も人気配信者である輝夜月からは「親分」と呼ばれているなど、その分野の草分け的存在であることは広く認められているのが事実である。実は世界的に人気を誇っているコンテンツでもあり、キズナアイのファン層は日本国内が30%、必然的に残りは海外のファンによって占められている。日本語動画にこれほどの海外ファンが付くことも大変珍しいことなのではないか。


彼女の性格は明るく動画中のトークも軽やかなのが特徴だ。とは言えほとんどの動画は顔出しで活動しているYouTuberと同じようなゲーム実況やレビュー動画などが多く、歯がゆいほどの初々しい反応と時折見せる素の表情に3Dモデルながらときめきを感じずにはいられない。他にもバーチャルであることを利用した動画を投稿することもあるだけでなく、アーティスト活動も行っているので彼女の3Dモデルが踊り歌う動画も時に投稿される。中田ヤスタカなどの有名作曲家からも曲を提供されるなどアーティストとしても注目度は随一であり、3Dモデルありきの配信者としては異例であるが、サマーソニックなどのフェスにも声優ではなく本人が出演するなど最早バーチャルの世界から飛び出して活動を行っている配信者なのだ。


元々、熱狂的アイドルファンとしてキズナアイはよく知られている。自身の番組では欅坂46の出演を切望したり、アイドルを題材にしたアニメのキャラクターについて熱を込めて話すなど、その熱狂的なファンぶりには嘘はない。しかし、彼女自身がインターネットを飛び出した新時代のアイドルになるとは誰が想像しただろうか。ついには彼女の写真集まで発売される始末であり、着実にアイドルとしてスターダムへの道を駆け上がっている最中である。





バーチャルの存在、キズナアイが声優に挑戦した


バーチャルYouTuberというアニメのような存在であるキズナアイであるが、何と実際のテレビアニメに声優として声を当てているのである。アニメ『魔法少女サイト』という作品で声優として出演したことで話題になったが、本業ではない分野であるもののしっかりと台詞のある役で、キズナアイらしさも感じさせながらしっかりキャラクターを演じ切ったこともファンの間では高評価だったのである。『INGRESS THE ANIMATION』という作品でも再度声優に挑戦したことでも再び話題となり、その多芸さにファンは感嘆の声を上げたのである。


また本人役ではあるがスマートフォン向けゲームなどにコラボレーションという形で何作品か出演している。本人がゲーム実況を頻繁に投稿し、また大変やりこんでいるタイトルもいくつかある。ということを匂わせているだけに、願ったり叶ったりのコラボレーションである。彼女の出演によってゲームを始めたというファンも少なくは無く、彼女自身が声優を務めたキズナアイはコラボレーション先の世界観を破壊せずしっかり可愛い彼女のキャラクター性が堪能できるとあって、コラボレーションに対する反応も一般ユーザーからも上々である。




ついに日本を背負って立ったバーチャルYouTuber


そんな世界的人気を誇り、多種多様な分野で輝いているキズナアイであるが、ついに日本政府からも注目されることになる。観光局の訪日促進アンバサダーという役職に任じられたキズナアイは、日本文化を世界に紹介する役割を国から任されることとなる。それを意識した動画も作成され海外のファン向けにラーメンや寿司、和菓子などの日本食を紹介する、という内容の動画を先駆けとして、日本の文化を海外に向けて発信するという重要な任を背負うこととなったのだ。


そんな中、これまで日本語の動画に字幕が付くだけだったキズナアイの動画の枠を超えて、世界に向けて発信することを目的としてさらに3チャンネルを拡張した。異なるモデル、異なる声、異なる言語に対応したキズナアイが登場したことにより、さらに発信力は高まっていくことになったのである。オリジナルのキズナアイとの差に驚いたファンもいたようであるが、今後は世界にキズナアイの存在がより広く知られていくに違いない。




written by 編集部


photo: https://www.facebook.com/pg/KizunaAI0630/photos/?ref=page_internal



SHARE