デビュー20周年! KEMURIってどんなバンド?

KEMURIについて知ろう!
SHARE
2018.06.15 04:16

KEMURIについて知ろう!


今年でデビュー20周年を迎えたバンド、KEMURI。そのユニークなバンド名から、音楽好きなら1度は名前を聞いたことがあるはず。しかしながら、どんな人たちが演奏しているのか、どんな楽曲があるのか、細かく知らない人も多いだろう。


そこで今回は、KEMURIビギナーのためにさまざまな情報を紹介していく。


KEMURIってどんなバンド?


KEMURIは、1995年に結成されたスカパンクバンド。青春パンクロック風のストレートなメロディや歌詞に、ブラスの演奏やスカ独特のリズムがアクセントになっており、長い間日本の音楽シーンを支えてきたバンドだ。

 

2007年、ZeppTokyoでのライブを最後に解散したものの、2012年に再結成。2018年の今現在でも、CD制作やライブ活動を精力的におこなっている。



メンバー構成


現在のメンバーは全部で7人。ドラム担当の平谷庄至、ベース担当の津田紀昭、サックス担当のコバヤシケン、トランペット担当の河村光博、トロンボーン担当の須賀裕之、ギター担当の田中"T"幸彦、そしてボーカル担当の伊藤ふみおという編成になっている。

 

リーダーは、ボーカルの伊藤ふみお。結成当初からのオリジナルメンバーで、バンドの発起人でもある。東京スカパラオーケストラのアルバムにゲストボーカルとして参加したり、上田現のトリビュートアルバムに参加したりと、他のミュージシャンとの親交が深い。また、2009年に公開された映画「真夏のオリオン」で俳優デビューするなど、その活動は多岐にわたる。

 

KEMURIの楽曲の多くを作曲しているのが、ベースの津田紀昭。彼もまた、伊藤と同じく結成当初からのオリジナルメンバーだ。ドラムの平谷庄至など、他メンバーが作曲を担当することもある。作詞は、ボーカルの伊藤ふみおがほとんど担当している。

 

また、脱退した旧メンバーも、楽曲アレンジやサポートとして参加したり、現メンバーと別ユニットを組んだりと、解散後も交流がある。



代表曲


デビューから解散、そして再結成と、長い時間をかけて数々の楽曲を作り上げてきたKEMURI。ライブでの定番曲として人気なのが、「Ato-Ichinen」、「new generation」、そして「P.M.A(Positive Mental Attitude)」だ。

 

「Ato-Ichinen」は、作詞作曲ともにボーカルの伊藤ふみおが担当。少年時代の思い出とこれからの決意をアップテンポで歌い上げる、切なさと懐かしさが漂う1曲。


「new generation」は、作詞はボーカルの伊藤ふみお、作曲はベースの津田紀昭が担当。すべて英語の歌詞だが、サビの掛け声を観客全員で叫ぶのが、気持ちよく盛り上がる1曲。


「P.M.A(Positive Mental Attitude)」も、作詞はボーカルの伊藤ふみお、作曲はベースの津田紀昭が担当。こちらもすべて英語の歌詞。タイトルになっているPositive Mental Attitudeとは、日本語に訳すと「肯定的精神姿勢」のこと。イントロからはじけるようなバンドのご機嫌なメロディーとリズムで、タイトル通り前向きになれる1曲。




ライブ情報


KEMURIは現在単独ツアーの真っ最中。2018年9月22日まで、全国各地のライブハウスでその演奏を聴くことができる。さらに、7月に北海道で開催されるOKETO GREEN FESTIVAL 2018という音楽フェスや、その他イベントへの参加も決定している。新着の出演情情報やツアーの詳細などは、公式ホームページでチェックが可能だ。


KEMURI Official site

 

ライブチケットの購入法は、ローソンチケットと、公式ファンクラブの2通りがある。「Positive Mental Crew」という公式ファンクラブに入会すると、会員限定グッズの販売や、ライブチケット先行販売などの特典が受けられる。


photo: https://www.facebook.com/pg/KEMURI_official-174146009381588/photos/?ref=page_internal


written by 編集部

SHARE