韓国の4人組バンド・HYUKOHのライブや曲について

世界基準の王道ロックバンド・HYUKOH
SHARE
2020.03.04 13:19

世界基準の王道ロックバンド・HYUKOH


世界中に若手のロックバンドやユニットが存在しているのだが、なかなか注目を集めるバンドが排出されていない傾向があると言われている。そんな中、韓国のSuchmosと言われてきた韓国のロックバンド・HYUKOH(ヒョゴ)が徐々にメディアの注目を集めているという。そこで今回は、HYUKOHについてライブ情報や曲について紹介する。



HYUKOHとはどんなバンドなのか


HYUKOHは韓国出身の4人の男性から構成されているロックバンドのユニットで、オ・ヒョク、イム・ドンゴン、イム・ヒョンジェ、イ・イヌの4名が現在のメンバーとなっている。元々はHYUKOHのリーダーであるオ・ヒョク単体で音楽活動を続けていたが、本人がソロでの音楽活動に興味がなかったことからバンドを結成したという経緯を持つ。メンバーでの役割分担については、オ・ヒョクがボーカル、イム・ドンゴンがベース、イム・ヒンジェがギター、そしてイ・イヌがドラムとなっている。ちなみにほとんど全員が1993年生まれで、イム・ヒンジェ以外は全員がバンド経験など何らかの音楽活動の経験を持っているところが特徴だ。


そんなHYUKOHは2014年に結成されてから地道な音楽活動を続け、結成当初はコアなファンが多かったという。ファーストアルバムを発売してからは韓国内で爆発的な人気を誇るようになり、地上波に出演したり韓国に来日するアーティストのオープニングアクトに呼ばれることが増えた。CDやアルバムなどの売上も順調に伸びているということで、将来的には韓国だけではなく日本や世界中で活躍するロックバンドになることがメディアや音楽業界でも期待されている存在となっている。



HYUKOHの曲の魅力


そんなHYUKOHが生み出す曲は基本的にロックなのだが、一般的なロックバンドと違うユニークな特徴を持っている。その中でも特にHYUKOHの曲にしか見られない特徴として挙げられているのが、洋楽であるという点だ。通常ロックといえばヒップホップの系統だと考えられており、特に韓国ではアイドルグループやダンスユニットが注目を集めていることもあってヒップホップが主流となっている傾向もある。その中でHYUKOHは激しいビートやソウルを奏でるような曲調よりも、どちらかと言えばおしゃれなバーや静かなカフェで流れていそうな洋楽チックな曲調なのだ。


一見するとロックと洋楽はマッチしないように思われるが、HYUKOHはアグレッシブかつ攻撃的なリフとヴァース、リズムの緩急だけを武器にするなど純粋なロックの曲を追及している。これはJ-ROCKにはない直球なものであり、シンプルにロックを追及しているからこそ韓国だけではなく世界各国から高く評価されているようだ。このように洋楽のようなシックな楽曲だけではなく、世界に通用する本格的なロックを追い求めているからこそ、曲も含めて魅力的なロックバンドとして注目されているのだと考えられる。



HYUKOHのライブ情報や活動に関して


このようにJ-ROCKとは全く異なるロックバンドとして世界から注目されているHYUKOHは、韓国を中心としたワンマンライブを開催している。実際に過去には韓国のソウルをはじめとして音楽フェスやライブを行っており、韓国だけではなく中国圏での音楽フェスや音楽イベント、ライブに招待されたこともあるようだ。さらに日本でも2016年に東京と大阪でワンマンライブを行ったほか、代官山で開催された音楽フェスに参加した時には多くの観客から熱烈な歓迎を受けたという。このようにHYUKOHはワンマンライブのほかにも音楽関係のイベントやフェスにゲストとして参加もしくは別口でワンマンライブを行っており、アジア圏を中心に活動している。


このため今後も韓国や中国、そして日本を中心としてライブ活動が行われることが予想されており、日本でも多くのファンが来日を楽しみにしているようだ。またHYUKOHの人気はアジア圏だけではなく世界中に広がってきていることから、韓国や中国、日本以外にも様々な国でライブが行われる可能性がある。場合によってはアーティストのライブゲストとして出演することも考えられていて、全国ツアーなどが開催されることも期待されているのだ。



今後のHYUKOHの活躍


かつては韓国内で韓国のSuchmosと言われていた経験を持つHYUKOHだが、これまでのロックバンドにはない王道のロックと洋楽のようなシックな曲調を武器に韓国だけではなく日本や世界中で多くの指示や人気を集めている。メンバーもユニークな人物が多いことからバンドの雰囲気や曲そのものもユニークなものとなっており、そのキャラクター性も世界中で受け入れられているようだ。このため今後もHYUKOHらしい楽曲が生み出され続けることが期待されているのはもちろん、王道かつ愛されるロックが奏でられ続けることが望まれている。


それと同じようにライブ活動についても韓国や中国、日本でのオファーが数多く寄せられているようで、これからも各国での積極的なライブ開催が期待されているようだ。また幅広い国々でのライブ活動も望まれており、今後どのようなライブ活動が展開されていくのかがファンの間で楽しみだと言われている。




written by 編集部


photo: https://www.toysfactory.co.jp/artist/hyukoh/


SHARE