ウィル・スミスを父に持つWillow Smith(ウィロー・スミス)はシンガーとして以上に魅力がたくさん

サラブレッドの実力派シンガー・Willow Smith(ウィロー・スミス)
SHARE
2018.05.31 05:39


サラブレッドの実力派シンガー・Willow Smith(ウィロー・スミス)


Willow Smithはアメリカで人気の17歳のシンガーである。俳優のウィル・スミスとジェイダ・ピンケット・スミスを両親に持った芸能人のサラブレッドでもあるのだが、彼女の実力は本物だ。歌やダンスだけではなく、女優としても活躍する場を得ているWillow Smithとはどんな女の子なのだろう。




わずか9歳の実力派シンガー


Willow Smith2世セレブの中でも郡を抜く実力派である。唯一無二とも言える想像力、そしてその想像を実現していくことが出来る実力がある。知的好奇心が旺盛で、10代だからこそ挑戦出来ることに積極的に挑んでいるのだ。2009年、9歳で「Whip My Hair」という曲でシンガーとしてデビューしている。父親であるウィル・スミスも歌がうまいことで知られているが、父親譲りの素晴らしい美声で人々を魅了した。14歳になるとデビューアルバムをリリースし人気を博し、「ロック・ネイション」に所属することになる。ジェイ・Zのレーベルとして知られているロック・ネイションでは最年少アーティストとして契約していた。また、現在もモデルとして活躍しているWillow Smithだがシンガーとして活躍する前には、母親であるジェイダ・ピンケット・スミスと一緒に堂々とフロントロウデビューしている。その年齢はシンガーとしてのデビュー年齢と同じ9歳だった。






多岐に渡るその魅力は才能の塊が成せること


Willow Smithの父親であるウィル・スミスは俳優として有名ですが、実はもともとはヒップホップのラッパーとしてデビューしている。その血を受け継いだ彼女は独特の音楽センスとその美声で一躍有名になった。10代とは思えないほどの迫力と力強いその歌声には脱帽せざるを得ない。才能の塊とも言えるWillow Smithだが、その魅力は先にも書いたようにシンガーとしてだけではなく女優、モデル、ダンサーとしても知ることが出来る。彼女の魅力は多岐に渡り、まだ10代ののびのびとした姿は誰をも魅了するだろう。そんな才能あふれるWillow Smithだが、13歳でスキャンダルに見舞われる。それがベッド写真だ。これはまったく誤解であることはすぐにわかったが、それでも人気のあるシンガーとして多くのファンを持つ彼女には痛手になったのではと心配する声があった。だが彼女の魅力はそんなことでは陰ることもなく、現在の活躍へとつながっていく。ただファンにはこの写真は驚きがあったようだが、友人同士の写真だとすぐに説明があったため、厳重な注意をされたようだが魅力的なwillow smithの彼氏の有無が気になるファンも多いようだ。





抜群のファッションセンス


Willow Smithはシンガーとしてアメリカで人気が高い女の子ですが、同時にファッションリーダーとしても人気がある。女の子ならファッションに興味が高い子も多いだろうが、彼女のファッションは独特だ。次世代のおしゃれアイコンになっている。母親のワードローブはもちろん、間近で常にファッションの先端を見ていた。そんなハイモードを間近に育った彼女は抜群のセンスで小さな頃からファッショニスタとして活躍することを感じさせていた。おしゃれに目覚めたと12歳頃から個性的なファッションセンスは知られている。進化し続けるファッションは大人顔負けのモードスタイルを披露し驚かせていた。その影響か16歳であの有名ブランド「シャネル」のアンバサダーとして活躍することになる。ストリートミックスからハイモードまで様々なファッションを楽しんでいるWillow Smithは女の子の憧れでもあるのだ。




兄とも仲が良く交友関係も広い


Willow Smithはスミス一家で待望の女の子として生まれている。家族には兄が二人おり、俳優として活躍していることがわかっているのだが、スミス家の血は彼女だけではなく、もちろん彼女の兄たちにも流れていることがよくわかる活躍ぶりだ。Willow Smithは家族だけではなく友人関係も華やかである。彼女は2歳年上の兄であるジェイデンとは仲がよく、自分の分身であるというほど。また、親友はカイリー・ジェンナーだという。友人関係は広く、兄とも仲が良いブルックリン・ベッカム、リリー・ローズ・デップやヴァネッサ・ハジェンズの妹のステラ・ハジェンズといった面々がいることがわかっている。


Photo:https://www.facebook.com/pg/OfficialWillow/photos


Written by 編集部



SHARE