Tomorrowlandが大晦日にバーチャルフェス開催! Major Lazer、Martin Garrix、Charlotte de Witteら出演決定

全25組のアーティストが4つのバーチャルステージに出演。販売される3種類の有料チケットは特典の追加も可能に。
SHARE
2020.11.11 03:00

Tomorrowlandが今年の大晦日に再びバーチャルフェスを開催することを正式に発表した。



4つのバーチャルステージが設けられ、全25組のアーティストが出演 


今回のバーチャルフェスは、Tomorrowlandにとって今年7月に開催された「Tomorrowland Around The World」続くもの。  


Tomorrowlandは、開催発表とあわせて、4つのバーチャルステージが設けられていることも同時に発表。バーチャルステージは、3Dデザイン、ビデオ制作、特殊効果の世界最高の技術でデジタルコンサートやパフォーマンスが視聴者に提供する新たなバーチャルベニュー「NAOZ」内に構築される。 


また、イベントには、Armin van Buuren、CamelPhat、Charlotte de Witte、David Guetta、Dimitri Vegas & Like Mike、Diplo、Duck Sauce、Kölsch b2b Joris Voorn、Lost Frequencies、Major Lazer、Martin Garrixなど全25組のアーティストが出演。全世界27つのタイムゾーンにあわせて、それぞれのローカル時間の午後8時から午前3時にかけて開催される予定だ。





3種類のチケットに様々な有料特典が追加できる


なお、チケットは11月17日より、通常の視聴ができる「NYE PASS」、アーカイヴ視聴も可能な「NYE PASS + ON-DEMAND PASS」、家族や友人など複数人で楽しめる「HOME CELEBRATION PASS』の3種類が販売される。それ以外にも様々な有料特典をチケットに追加することができる。イベントが気になった人はTomorrowlandの公式サイトで詳細を今すぐチェックしてほしい。



 written by Jun Fukunaga 


source: 

https://www.tomorrowland.com/en/tomorrowland-31-12-2020/welcome


 photo: Tomorrowland Twitter 



SHARE