P.I.C.S.とSUMMIT『オッドタクシー』ヤノ役・METEORを語る

『オッドタクシー』ヤノ役・METEORについてや、ヤノの楽曲「My Name Is... feat. PUNPEE」の制作についてトーク。
SHARE
2021.06.28 08:00

block.fmで配信中のラジオ番組『SUMMITimes』でSUMMIT平林さん、増田さん、P.I.C.S.木下麦さん、平賀大介さん、神戸麻紀さんがアニメ『オッドタクシー』ヤノ役のMETEORさんについて話していました。


アーカイブはこちらから視聴可能。

番組URL : https://block.fm/radios/9






増田:いや、本当にいろんなものが上手い具合に無理なくギアが重なった感じ、ありますね。METEORくんもそうですし。


平林:ああ、METEORくん。「此元さんとMETEORさんのファーストコンタクト」っていう。


木下:ファーストコンタクト? 俺、知らない。どういうファーストコンタクトだったんだろう?


増田:あれです。取材の時ですよね?


神戸:そう。覚えていらっしゃいます? 日比谷の取材で。此元はすごくしゃべるタイプではなくて。どちらかというと、静かなタイプで。あんまり……東京にあんまり来なくて。皆さんとお顔合わせの機会もずっとなかったんですけども。


増田:あれは自分も初めてでしたね。あの日が。


神戸:で、皆さんでご挨拶をして。結構、大人っぽい感じで皆さんとごあいさつをしていたんですけども。で、METEORさんがいらっしゃった時に「どうも、METEORです!」って皆さんがよくやられるハンドサインみたいな……。


増田:ああ、ヒップホップ握手ですね(笑)。拳をガツンと。


神戸:拳をガツンとやって上、下ってやって。「あっ!」って思っていたら此元もちゃんと手を差し出してこう、スッスッスッて応えて(笑)。


増田:ああ、やってたかも。


神戸:で、PUNPEEさんが「あっ、ソーシャルディスタンスが……」って気を遣ってらっしゃったのがすごい面白くて。お気遣いを。


増田:ありましたね。で、METEORくんはその後に「増田さん、タバコ吸えるの、どこでしょう?」って(笑)。


神戸:即座にビルの裏手の方へ(笑)。


増田:たしかに。あそこで此元さんとのファーストコンタクトでしたね。


平林:じゃあ、もうすごいアイスブレイカーというか。


神戸:アイスブレイカーでした(笑)。


増田:ムードメーカーなんですよ。


平林:今日も事務所でそういう一幕がありまして。


増田:METEORくん、今日もまさに。すごい最高でした。


神戸:監督はいなかったんですよね。あの時、たぶんね。


木下:いなかったですね。


神戸:私と平賀がいて。なんかそれを……珍しく此元が笑ってましたもんね。ニコリと。


平賀:「この前の怪談も面白かった」ってすごく言っていましたね。


増田:あの怪談、めちゃくちゃ面白かったですね!


神戸:めちゃくちゃ面白かった!(笑)。


増田:じゃあ此元さんもあの放送(『オッドタクシー寄席 6月席』)を見てくださったんですね。


平賀:関係者リンクを送っていたので。「見れたら見てください」って。


神戸:この間、SUMMITさんとトークイベントをさせていただいて。そこで当日、おもむろにリハで「今日は怪談を持ってきたんですけど」ってMETEORさんがおっしゃって。みんなスタッフサイドが「怪談!?」ってなって(笑)。


増田:最高でしたよね(笑)。


神戸:最高でした!


増田:「何!?」っていう(笑)。「セイウチの皮下脂肪は20センチある!」みたいな。すごいっすよね。本当に天才だと思う。あの方は。


平林:本当にすごい。やっぱり特にあの1分間のリポート(メテオの1分オッドタクシーリポート!)の小気味よさっていうか。まとめる力と……もう、要約の力がすごいですよ!


増田:で、誰も傷つけないようになっている。優しさが出てますね。



平林:そうなんですよ。だからなんか、その魅力を引き出していただいて……。


増田:ヒップホップ界隈ではMETEORくんって本当に天使のようなキャラクターで。ファンがもうすごいいっぱいいるんですよ。


平林:それをいろんなところに波及させていただいて。


神戸:本当にみんな、大好きになっちゃいましたよね。METEORさんのことを。1回、お話して。


木下:METEORさん、結構地でヤノっぽいところ、ないですか? 「ごろごろチキンカレーが超うまい」みたいな曲(『ごろごろチキンのバターチキンカレー美味過ぎ罪で逮捕する!』)、出しているじゃないですか?



増田:はい。


木下:日常会話をそのままラップしちゃうみたいな。ヤノっぽいなって思って。


増田:でも本当にそうかもしれないです。本当に気取っていないですし。でも、すごい繊細な方で。人の気持ちをすごい尊重される方なんで。だから自分みたいな下世話な感じで人を傷つけないかなって。METEORくんとかってすごく無垢な人なんで。


平賀:すごいよね。だからMETEORさんとかあんまり、何回かしか会ったことがなくて。チラッと見ただけでもう……。


神戸:もう名前を覚えていただくのがめちゃくちゃ早くて。


平賀:すごい。こっちはもちろん覚えているんですけども。


神戸:スタッフもいっぱいいるじゃないですか。なんだかんだ、わさわさと。


平賀:そういうのもすごいなと思って。


増田:ちょっとMETEORくんの話になったのであれなんですけども。2、3週間ほど前に「My Name Is...」っていう曲を勝手にやらせていただいて。すんません。


神戸:あれはめっちゃよかったですね!



増田:気になっていたんですけども。此元さんと木下さん。言ったら脚本と作画と監督をやられているお二人からしたら、そのヤノが一人歩きじゃないですけども。スピンオフ的に動いていることとか……もちろん、ちゃんと確認はしているつもりではあるんですけど。アニメの作品の世界観とかを壊してるとか、ないかな?っていうのを結構気にしてて。そのためにPUNPEEもすごく気を遣って。配慮をしてるとは思うんですけど。そういうの、大丈夫ですか?


木下:いや、全然大丈夫です。「My Name Is...」、最初に音源をもらった時にびっくりして。腰が抜けるぐらい感動して。


増田:本当ですか!


木下:僕、感動のメールを神戸さんと平賀さんに送ってましたけども。腰が抜けるぐらいかっこよくて。「これはMV、作れるなら作りたいな」っていう感じで。


増田:木下さん、その即時性というか。反応の早さがすごくて。レンくんも言っていたけども、ダイアンさんのユースケさんが結婚をされた時にもね。イラストとかをすぐに書いたりとか。



平林:増田さん好き系の感じですね。


増田:そうね。TSUNEさんとかIllicit Tsuboiさんとか木下さんみたいな方。いろんな無茶を言っても面白そうやったら乗ってくださるみたいな。で、ヤノのことを含めて、METEORくんの名義でEPみたいなものを今、作らせてもらっていまして。『2019』っていうやつをSUMMITから出させてもらうことになりましたので。7月中旬ぐらいには出せたらなと思って、目下制作中です。いつも通りバタバタやっています(笑)。ちゃんとP.I.C.S.の皆さんとか此元さんには内容的に抵触していないかとか。そのへんの確認はちゃんとしますので。


平賀:でも、あの「My Name Is...」。監督にも此元さんにも送って。すぐに「最高ですね!」ってなって。で、その時のちょっと前にも話したかもしれないですけど。そのオフィシャルブックの書き下ろしを書かなきゃっていうのが決まっていたんですよ。決まっていて。でもあれでやっぱり完全に影響を受けて。なんか、やっぱりヤノとドブの関係がすごく書きたくなったって言って。


増田:深みが増すというか。


神戸:その時かな、ぐらいでしたよね。何をネタとして描くかっていうのを。


増田:あれは本当、PUNPEEがあの曲ができた時に「この曲、ヤノに無理やり作らされたっていう設定にしたらどうかな?」って言っていて。で、そういう絵を……シナリオを此元さんが考えてくれて、絵をまた木下さんが本当に1週間とか3、4日ぐらいとかで。あんなクオリティーの絵、漫画を書いてくださって。


平林:本当ですよね。


神戸:曲をいただいた時のインスピレーションが、それこそ此元にも木下にもっていうことですよね。


木下:ヤノ関連に関してみんなが幸せになるサイクルが生まれていたので。クリエイター冥利に尽きるというか。みんな幸せだったですね。あれは楽しかったです。


平林:あの漫画も「脅されて作っている」っていう設定もすごい面白いし。


増田:関口が読んでいる漫画が『XX-MEN』になっている感じとかもヤバかったですし。すごいです、本当に。



【関連記事】

PUNPEE 『オッドタクシー』とアニメの海外への影響力を語る


P.I.C.S.木下麦・平賀大介『オッドタクシー』海外からの意外な反応を語る


P.I.C.S.木下麦・平賀大介・神戸麻紀『オッドタクシー』SUMMITとのコラボを語る




番組情報


「SUMMITimes」

放送日:毎月第2月曜日 21:00 - 22:00 O.A.

番組URL : https://block.fm/radios/9

ヒップホップレーベルSUMMITがお送りするラジオ番組。その時々でテーマを変えて、いろんな音楽を紹介する気ままな番組です。司会者のトーク・スキルには問題アリですが、構えず楽しんで聞いてもらえたらうれしいです。



オッドタクシー


公式HP http://oddtaxi.jp/

公式Twitter  @oddtaxi_

公式Instagram @oddtaxi_

公式TikTok @oddtaxi

公式YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UC7vSI218btwcth8yKEGfe0g


© P.I.C.S. / 小戸川交通パートナーズ


written by みやーんZZ


photo:https://twitter.com/oddtaxi_/status/1407277431950479362/photo/1





SHARE