日本が大好きな世界屈指のDJ Porter Robinson(ポーター・ロビンソン)ってどんな人?

日本の細かいカルチャーも掴んでるDJ Porter Robinson(ポーター・ロビンソン)のここが凄い!
SHARE
2018.05.09 07:05


日本の細かいカルチャーも掴んでるDJ Porter Robinson(ポーター・ロビンソン)のここが凄い!


 Porter Robinson(ポーター・ロビンソン)は顔文字を使いこなす。「笑い」を表す時は、「www」と草を生やす。お気に入りはミスタードーナツのポンデリングだ。この若きアメリカのDJは、日本カルチャーが大好きなのである。


ミュージックビデオ「Shelter」を激しくおすすめする理由


「Shelter」のMVを見た事があるだろうか。DJ Porter RobinsonとEDMの作曲家Madeon(マデオン)がコラボして作った楽曲である。Porter RobinsonとMadeonの2人の仲は、約10年前にインターネットの掲示板で知り合った事が始まりだ。プライベートでのみ交流のあった2人が「Shelter」で初めてタッグを組んだのである。そこに日本のアニメ制作会社A-1 Picturesが映像制作で加わり、唯一無二の世界に仕上がったのだ。


日本を舞台にした「Shelter」は儚く美しく、とにかくエモい。この6分6秒の短いアニメーションに多くの人がノスタルジックな感情を揺さぶられるだろう。この切ないストーリーの原作者もPorter Robinsonだ。あらすじは書かないので、まだ見ていない人は、予備知識なくまっさらな状態で見るのがおすすめである。




「Shelter」が公開されたのは2016年10月18日22時15分。世界に先駆けての日本公開だった。渋谷MODIの大型街頭ビジョンの前に詰めかけたファンは200人以上。皆、Porter Robinsonのコメントの後に始まったMVを静かに見上げた。そして上映が終わった一瞬の後、彼らは大きな歓声をあげて拍手を送った。それは「Shelter」が世界に放たれた瞬間だった。Porter RobinsonがこのMVに掛けた製作期間は1年以上。その間、打ち合わせの為に6回以上日本を訪れたという。アニメを担当したA-1 Picturesは、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などで知られる制作会社だ。Porter Robinsonは以前からこのアニメが大好きだったと語っている。



Porter Robinsonが音楽に興味を持ったのも、日本のゲームのBGM、特に「ダンスダンスレボリューション」に影響を受けたのが最初である。そこから作曲活動を開始し、2010年に18歳でリリースしたシングル「Say My Name」が大物DJ、SKRILLEX(スクリレックス)の目にとまって世に出た。そこからの彼は、思うままに才能の翼を広げ、有名DJとなったのである。MVでは「Shelter」の他にもアニメを駆使した独特の世界観を披露するなど、オリジナルの感性が人々を惹きつけている。


Porter Robinsonは日本のカルチャーと街を愛し、何度も日本を訪れている。特に気に入っているのは渋谷や原宿。裏通りや住宅地を歩く事もある。日本人があまり目を向ける事のない場所で、街の日常を肌で感じるのだろう。




Porter Robinson、VIRTUAL SELF名義での活動を開始


2017年10月、DJ Porter RobinsonがVIRTUAL SELFが(ヴァーチャル・セルフ)という名義で新しい活動を開始した。「EON BREAK」を発表した後の2017年11月にリリースした「Ghost Voices」のMVもおすすめだ。こちらは「Shelter」とは少し違う雰囲気に仕上がっている。全体を通して色味を抑えた映像はクールで近未来的。シンセサイザイーの奏でる音色は2000年前後のトランスミュージックサウンドを彷彿とさせる。本人はこの楽曲のジャンルを「ネオトランス」としている。

また、同11月には1stEP「VIRTUAL SELF」も配信。DJPorter Robinson名義での活動とはまた一線を画す作風に、新たなる期待が寄せられている。





Photo:https://www.facebook.com/porterrobinsonmusic/photos


Written by 編集部




SHARE