Polo Bear(ポロベア)がHIPHOPカルチャーのシンボルになったのはなぜ?

HIP HOPカルチャーを振り返る上で外すことができないのがPolo Bearの存在だ。今なお愛され続けるその魅力に迫る。
SHARE
2018.05.25 03:30

Kanye West(カニエ・ウエスト)にChance The Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)、大物アーティストたちがこぞって着用しているのが、Polo Ralph LaurenのPolo Bear(ポロベア)だ。なぜこの熊がHIP HOPカルチャーにここまで浸透したのか? その歴史に迫る。




Ralph Laurenの弟のお気に入りのぬいぐるみから着想を得た


Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)の弟、Jerry(ジェリー)はドイツの最高級ぬいぐるみブランド、シュタイフベアの熱狂的なコレクターだった。ある日、Lauren兄弟にジェリーの同僚から洋服を着せたシュタイフベアが贈られた。それ以降、洋服を着たベアはLauren兄弟への毎年恒例の贈り物に。それがきっかけとなり、1991年にシュタイフベアとRalph Laurenが共同で開発した「プレッピー ベア」を限定200個販売すると、なんと即日完売。さらに、ベアをアイコンにしたTシャツやセーターも大人気に。


そこに目をつけたある集団がいた。




POLO商品を対象にした窃盗団を中心に熱狂的な愛好家集団が誕生



POLO商品の人気に目をつけたのは「POLO U.S.A.」と「Ralphie's Kids」という二つの窃盗団。高額なRalph Laurenの洋服を購入することができなかった若者たちは万引きによってPOLOのアイテムやポロベアを入手するようになった。そうして彼らは、自分たちの悪さやファッションセンスの象徴として、アイテムの披露会やファッションショーを行うように。この2つの窃盗団を中心に、POLOのアイテムの熱狂的な愛好家集団「Lo-Life Crew」がストリートを席巻するようになった(あくまで歴史的事実であり、窃盗を推奨しているわけではないのでご注意を)。


彼らは、POLOは単なるファッションアイテムではなく、HIP HOP的なライフスタイルそのものであると主張したそう。さらに、POLOをリスペクトしたLo-Lifeブランドなども展開するように。こうして、ポロベアやPOLOの製品はストリートでその人気を確固たるものにした。


Kanye Westのデビューアルバムを飾ったポロベア



2004年、Kanye Westのデビューアルバム、『The College Dropout』のカバーでKanyeがポロベアのセーターを着用し、ポロベアはまさしくHIP HOPを象徴するアイテムに。


昨年もChance The Rapperがテレビ番組で着用していたり、ポロベアのアップデートアイテムが限定販売されるなど、その人気は衰えを知らない。



HIP HOPを愛するものなら一枚は持っておきたいポロベアのアイテム、まだ持ってないなら絶対チェックするべし。


written by Kotona Hayashi


source:

https://fashionista.com/2018/05/ralph-lauren-polo-bear-hip-hop-symbol

http://www.rlmag.com/us/en/magazine/the-best-dressed-bear-in-the-world?ab=en_US_CFPB_BearCollection_Slot_8_S1_L1_IMAGE_SHOP

http://www.complex.com/style/lo-life-crew-history


photo:Ralph Lauren Official HP, Wikipedia, Instagram, Kanye West.com


SHARE