NORIKIYOがアルバム『相模川町』をリリース。11年ぶりBACHLOGICとタッグ、AKLO・SALU・田我流らも参加

NORIKIYOの故郷、神奈川県・相模原をモチーフにした架空の町「相模川町」を行き交う人達の物語を描いた作品。
SHARE
2020.12.15 06:00

ラッパーのNORIKIYOが、12月15日 (火)、新作アルバム『相模川町(さがみがわまち)』をリリース。同作は全曲ストーリーテリングで1つの物語となっており、ラップアルバムである今までの彼の作品とは異なり、ラップでストーリーを構成するという新しい切り口で構成された作品だ。



NORIKIYOのホームタウンでもある神奈川県・相模原をモチーフにした架空の町「相模川町」の名前をアルバムタイトルに名付けられたこの作品は、NORIKIYOの実体験から発想を得た物で、「相模川町」を行き交う人達の "物語”となっている。”Based on true story”つまり限りなくノンフィクションに近いストーリーとして描かれている。


これは、2017年の段階で8割の歌詞は出来上がっていた楽曲を、全曲BACHLOGICのトラックで再構築した作品で、全曲NORIKIYOがラップしているがNORIKIYOの気持ちではなく、自らが作り上げた物語の登場人物達の気持ちをラップするという作品とのこと。2009年にリリースされたセカンドアルバム『OUTLET BLUES』以来となる11年ぶりの全曲BACHLOGICプロデュースという事も古参のリスナーには嬉しいニュースだ。


作品の性質上、音源だけでは細部まで理解しにくい部分があるので当初お蔵入りも考えていたとのことだが、NORIKIYOの所属するラップグループSD JUNKTAのメンバーで、現在週刊SPAで「少年・インザフッド」を連載中であり、本日、同漫画の第2巻発売した気鋭の漫画家Ghettohollywood(SITE)の描いたキャラクターを付ける事によって、作品の意図を理解できる様に手を加えたこれまでのJapanese Hiphopにはなかったストーリーテリング形式の全く新しい作品となっている。


さらに、音源の中で登場人物達の声をAKLO、Mr.麿、SALU、田我流などのラッパーや、映画監督の富田克也(空族)や女優の伊藤あいみが担当している点も作品に華を添えている。


今作の1曲目に収録されている「予告編」のビデオがYouTubeにアップされた。Ghettohollywoodが描いたキャラクターを用いたアニメーションのビデオであり、デイレクターは過去にもNORIKIYOのMVの舵を取った「BABEL LABEL」の有光文弥が担当した。


これから毎週火曜日に曲順に沿ってビデオをアップしていくとの事で、発売日を楽しみにする週刊漫画の様なビデオのリリース形式も興味深い。音源を聴いてからビデオも合わせて楽しめる仕上がりだ。全9曲・9話のこの作品の結末はいかに。







【リリース情報】




NORIKIYO / 相模川町


タイトル:相模川町

アーティスト:NORIKIYO

レーベル:YUKICHI RECORDS

品番:YRC-062

フォーマット:CD

発売日:2020年12月15日 (火)

価格:3000円(税込)


- Track List -

01予告編

02 Prologue

03 Where Is It?

04 Cheap Ambition 

05 Barber Shop Yokonaka

06 Money Talks

07 ねぇ

08 ツキの無い夜

09 札束


- 声の出演 -

AKLO/Estra/Ginshirou/Haruto&Hana/L’Andre/Mr.麿

Noliel.ののの/SALU/TKC/WON¥EN/伊藤あいみ/田我流/富田克也


All tracks produced by BACHLOGIC

All lyrics & story were written by NORIKIYO

Art Works by SITE(Ghetto Hollywood)

Executive produced by NORIKIYO

A&R:Hikaru Tokuyama、Kazuhiro卍 Kusano






SHARE