【使ってみた】ビートメイカーの超定番機材・MPCがフリーDAW化!

ヒップホップ・ビート制作に興味があればぜひ試して欲しいソフトウェア。
SHARE
2020.07.27 08:00

AKAI MPCは発売から30年近く経った今もなお世界中のビートメイカーから愛され続けるサンプラー。音楽理論や楽器の演奏も不要で直感的にビートを作れ、それまでの常識では考えられなかったMPCのワークフローはあっという間に世界中を席巻した。


そんな歴史を築いた定番機材がついにフリーDAW化ということで、早速ダウンロードして使用してみた。



直感的な使用感はやはりMPC


機能としてはiPhone/iPad版のiMPCシリーズなどと同系統の使用感で、16パッドをサンプラーを中心としたループシーケンサーとなっている。


MPCの一番の魅力は、パッドを叩いて重ねていくだけでビートが作れるというシンプルで流れるようなワークフロー。その魅力はソフトウェアでもバッチリ再現されており、難しいことを考えずに直感でパッドを叩いて音を重ねていくと、誰でも数分でそれらしいビートが構築できる快感はまさにMPCそのものだ。


ドラムパッドMIDIコントローラーがあれば、ほぼハードウェアのMPC


一般的なDAW用のコントローラーに対応しているので、当然ながらドラムパッドタイプのMIDIコントローラーも接続できる。パッドをたたいてサンプルがなる時の質感は、もう本格的にMPCで、「これ本当にフリーでいいんですか?」と逆に問い合わせしたくなる。


単純にマウスで打ち込む作業が嫌でなければ、操作感としてはMIDIコントローラーがなくても十分にビート制作ができるが、やはりMPCといえばパッドをズンズンと突いてなんぼ。ソフトウェアで試して楽しければ是非ともMIDIコントローラーを追加してほしい。MIDIコントローラーは数千円から購入できるものがあるので、より本格的なMPC気分で楽しめる。


MIDIコントローラーの接続は初心者のつまづきがちなところだが、同社から発売されているMPK mini MK2などのMIDIコントローラーをはじめ、代表的な製品はプリマッピングされているので面倒なマッピング作業なしにすぐに使い始めることができる。


ちなみにAKAI製品だけでなく、おそらくはライバル企業になりそうな他社製品もプリマッピングしているようなので、すでに他社製品のユーザーの方もウェブで対応機種を確認してみよう。

フリーなのでAKAI製品だけ対応だったとしてもだれも文句は言わなかったと思うが、さすがは歴史を作ったメーカーの神対応。

設定方法も非常に簡単な上に親切な動画解説があり、こちらも神対応アゲイン。






サンプリングからトラップビートまで十分すぎる機能


MPCといえば90年代風味のブーンバップやローファイなどのテイストを連想させるが、そこはさすがのMPCワークフロー。トラップミュージック以降主流となったハイハット連打の打ち込みや、808を利用したベースラインなども、パッドリピートや16レベルでの音階割り当てを利用して簡単に実現できる。

もちろんヒップホップだけでなくEDM〜フューチャーベースなど、ループを主軸とした音楽であればジャンルを問わず制作可能だ。


バーチャルシンセやプラグインも付属、コード&スケール機能も


作曲系の機能や付属のシンセ・エフェクト類も充実している。

シンセやピアノなどのバーチャルシンセ音源、ミキシング用のプラグインも最初からかなりの量が搭載されている。さらにさらに、DAWの標準規格であるAU/VSTプラグイン対応なので、音色に関してはほぼ無限の拡張性があると言えるだろう。


コード&スケール機能といった今日的なDAWの作曲機能も搭載しているので、音楽理論がわからなくても、音楽的なメロディやコードを演奏することもできる。コードセットとしてもHOUSEやJAZZなどといったカテゴリ分けをされているので、ドリアンやフリジアンやと言われてもなんのこっちゃという方も安心。


トラック数としてはオーディオトラックx2 MIDI/インストゥルメントトラックx8 と、フリーの製品としては普通くらいのトラック数だが、ビート制作には十分なスペックだ。



AKAIのオフィシャルYouTubeではMPC Academyとして、詳細なやり方動画を公開している。英語ではあるが動画なので映像で操作方法を真似していれば、初めてのビート制作でも大体のやり方はつかめるだろう。



正直これでもまだビートメイカーにならないという理由が見当たらない。パソコンを持っているならまずはダウンロードして初めてみよう!



written by Yui Tamura


source:

https://www.akaipro.com/

photo:

https://www.akaipro.com/





SHARE