ANIとセク山とKASHIF『スーパーマリオ』シリーズを語る

「未開封で取ってあるものや、とっておきのコレクションはありますか?」というお便りから、『スーパーマリオ』シリーズや『マリオ・ディスコ』などについてトーク。
SHARE
2021.08.03 11:00

ANIさん、セク山さん、KASHIFさんがblock.fm『京浜ネバーランド』の中で『スーパーマリオ』シリーズについてトーク。おすすめ作品を語り合っていました。


番組情報


▶「ANI & セク山の京浜ネバーランド」

放送日:毎月第4木曜日 21:00 - 22:00 O.A.

番組URL : https://block.fm/radios/707





セク山:じゃあ、ここでお便りに行っちゃいましょうか。お待たせいたしました。東京都大田区から。ラジオネーム「ヨロイ元帥」さんです。「ANIさん、セク山さん、KASHIFさん、こんばんは。1996年に発売された未開封の北米版『スーパーマリオ64』がアメリカのオークションで1億7000万円で落札されたそうです。常識的にあり得ない、奇跡的なコンディションだったそうですが、ANIさん、セク山さん、KASHIFさんは未開封で取ってあるものや、とっておきのコレクションなどありますか? またメルカリやオークションなどで何か買ったり売ったりのエピソードもありましたら教えてください」という感じですね。


ANI:でも、すごいコンディションが良かったってことか。


KASHIF:これ、いまだにちょっとピンと来ないですね。


ANI:その1週間ぐらい前に『ゼルダ』の未開封が記録を出したと思ったら、その直後にこれが。


セク山:そうですね。『ゼルダ』もNES版ですよね。たしか。


ANI:最初の『Legend Of Zelda』。LEGENDオブ伝説じゃないんですよ。


セク山:LEGENDオブ伝説というDJがいますけども(笑)。


KASHIF:こういう中古ソフトってアメリカでは普通に……ブックオフとかハードオフみたいなところってないんですかね? 普通に中古ソフトって買えないんですかね?


セク山:たぶん、そのゲームショップ内に中古コーナーがあるみたいな感じじゃないですかね?


KASHIF:それがここまでのことになったのは、どういう……?


ANI:たぶんどっかにデッドストックで……。


セク山:どこかの引き出しに入ってたとかじゃなかったかな? わかんないですけど。それで、それこそこの『スーパーマリオ』の初期ロット中の初期ロットだったっていう。『64』の。で、要はちょこっとしたライセンスのプリントとかがその最初のロット以降はまた違った印刷らしいんですよ。


ANI:ああ、ホログラムになったりとか。


セク山:で、それの前だったらしくて、こんぐらいの値段が付いたっていう。「こんなのはない」っていう。


KASHIF:それにしても……っていう(笑)。


セク山:で、言ってしまえば64の『スーパーマリオ』なんてね、我々はもう大人で。出た頃は。そんなにレア度ってないじゃないですか。めちゃめちゃ売れたソフトだし、よく見るソフトだし。


ANI:まあ、よくできているソフトではあるけど。この間、今はダウンロードで3つ、入って……みたいな。『スーパーマリオ 3Dコレクション』っていう。


セク山:ああ、入っていますね。これ。


ANI:難しいんだよね。


セク山:難しいですね。帽子、取れちゃったりね。


ANI:なんかでも、やっぱり新しいマリオっていう感じがする。やったこと、ある?


KASHIF:僕はないんですけども。有野さんのプレイ動画とかすげえ見てました。


セク山:じゃあ、もうやったも同然。


KASHIF:はい。帽子、取れてましたよ。


ANI:メタルマリオとかだもんね。で、なんか1個目は簡単なんだけども。あれって6個、星があるんだっけ? 1面に。で、コイン100個、赤コイン、あとなんかあるじゃん?


セク山:コンプリートでそれぐらい取らなきゃいけないんですね。


ANI:コンプリートするの、めっちゃ難しいみたいな。コイン100枚とか、赤コイン6枚とかさ。なんかめっちゃ難しいんだよね。もう本当。あと、なんか微妙なところにあって。大砲に乗ってどこか遠くまでとか。


セク山:何回もやらなきゃいけない。で、3Dだからすごい酔いますよね。ゲーム酔いっていうか。


KASHIF:特に3Dの最初でしたっけ?


ANI:壁キックですよ。壁キックが生まれたの、これです。


セク山:マリオの内容の話になっちゃいましたけれども。未開封で取ってあるものって……絶対にないですよね。ANIさん?


ANI:でも、この間、出てきたのは『マリオ・ディスコ』。未開封でした。CD。


セク山:未開封でしたか。CDが? マリオのディスコをリミックスされたようなのがあって。


ANI:90年代ぐらいに出たやつ。


セク山:ちょうど俺、3ヶ月ぐらい前にそれがアップルのあれで解禁されて。買ったんすよ。全部。全曲。そしたらANIさんの家に未開封のCDがあって。そのCDの自体も高くて。結構、今。1万弱ぐらいする感じのあれで。ゲーム系のサントラって結構高いんすよ。



セク山:高いのは高いですね。


ANI:前、知り合いから『ダライアス』のサントラもらったよ?


KASHIF:ズンタタの?


ANI:なんか昔、ゲームのレコードとかも結構出ていたじゃない?


セク山:出てました。だからそこらへんも今、高いっぽいですからね。


KASHIF:『矩形波倶楽部』とか。


セク山:コナミの『矩形波倶楽部』とか。セガもそうですよね。AM2研のとか、あったりしますよね。


KASHIF:当時、そういうゲーム会社それぞれのサウンドチームに名前がついていてね。すごい熱い時代がありましたよね。


セク山:それこそ、さっきも話していましたけども。キリンジのお兄ちゃん。堀込高樹さんがナムコで。


ANI:かせきが同僚だもんね?


KASHIF:みたいですね。


セク山:なんか『ディグダグ2』とかの音じゃなかったかな? そこまで……なんか読んだことがあるんですよ。


KASHIF:『ファミスタ』はなんかで噂を聞いたんですけども。


セク山:『クインティ』じゃないの?


KASHIF:『クインティ』はたぶん違って。ナムコなんで。『ファミスタ』の2か3かわからないけど。なにかがたしか……とか。なんか、その『ファミスタ』だけ音楽がいいという話を聞いて(笑)。




セク山:ああ、そうなんだ。そんな都市伝説みたいな(笑)。でも、それはたしかめた方がいいよね。KASHIFくんね。


KASHIF:今度ね、お会いする前に確認しておいた方がいいかもしれないですね。


セク山:そういうの、厚めに聞いて「ヤバいやつが来たな」って思わせないと。先輩をビビらせないと(笑)。


KASHIF:カマしを。恐縮ですけどね(笑)。


セク山:「メルカリやオークションなどで何か買ったりってありますか?」って。


ANI:メルカリとかはないね。でも中古で買ったりはするけど。


KASHIF:僕、メルカリはやったことなくて。


ANI:オークションもないかな。


KASHIF:オークションは僕、昔すごいやっていました。めちゃくちゃやって。それで買った服とか売りまくっていたりした時があって。下手に高いジーンズをいっぱい買ってた時期があって。


ANI:そんな時期、あるの?(笑)。


セク山:じゃあ、ちゃんとそこらへん、値段がついたんだ。ほしい人がいっぱいいてっていうことだね。


KASHIF:15枚ぐらい、手元にデニムがあった時があって。変な時期があって。そういうのがありましたけど。だからさっきのデッドストックの話でこの間、永井博さんのアトリエに久しぶりに行かせてもらった時に、永井さんがそこに引っ越して以来、ずっと開けていない段ボールがあって。「捨てようかなと思って」って言っていたから開けてみたら、中に80何年かの永井博さん自身の永井さんグッズのデッドストックが目いっぱい入っていて。それで「ああ、こんなのあったな。懐かしいな」って出しながら、もう袋に入ったペン立ての、永井さんのイラストが書いてあるやつとか。「うわっ、これいいっすね! 捨てる……?」って言ったら「ああ、あげるよ」って言われて。それでもらって。本物の、マジのデッドストックの永井さんのオリジナルグッズをいただいて。今、部屋の一番いいところに飾ってます。スチャさんのあのSDPの立体とそれを並べて。


セク山:なるほど。すごい。神のグッズ。神棚みたいな。お供えをしてね。へー! でも、そう。我々からしたらめちゃめちゃお宝グッズがその先輩方のところに……。


KASHIF:無造作に(笑)。


セク山:ねえ。置いてあったりするじゃない? だからなんか、ANIさんからシールをもらったりするんだけども。「なんでそんな風に持ってくるんですか! ちゃんと入れてください!」みたいなの、あるじゃないですか。


KASHIF:ラフに、ねえ(笑)。


ANI:でも、ソフトとかは結構中古で買ったりするね。ゲームソフトを。この間……まあ俺の「この間」は10年以上前なんだけど(笑)。ゲームボーイミクロでスーパーファミコンのマリオをやりたいなって思って。探して買ってやったな。


セク山:『スーパーマリオワールド』。初めてヨッシーが出てきた。


ANI:それでも、結構高かった。その当時。中古だけど。なんか、ちょっと名前が変わっていたりするじゃん? ゲームボーイになった時に、とか。


セク山:あと、コレクションみたいになって何本か入っていたり。


ANI:なんか『マリオワールド』、好きなんだよね。ヨッシーのやつ。


セク山:あれ、いいですよね。ポコ、ポコッて。でも、あれも結構難しいですよね?


ANI:難しい。あと、ワープをしてみたいな。ショートカットのやつ、あるじゃない?


セク山:笛を吹いて。


ANI:それは『3』じゃない?


セク山:『3』か!


ANI:意外に『3』が今のマリオのあれを作っていて。飛行船とか。


セク山:あと、コクッパたちとかもそうですよね。そうだ。『3』。空を飛んだりとか。


KASHIF:歴代で『3』がデザインとしては特異ですよね。


セク山:ファミコンであれができたのはすごいよ。


KASHIF:めっちゃパステルの色調の感じで。


ANI:そんで、意外に難しい。羽マリオ的なのが……。


セク山:タヌキマリオ。


ANI:カエルマリオとか。地蔵マリオも。


セク山:地蔵もありましたね。


ANI:羽マリオ、飛ぶのは……?


セク山:マントが『4』。だから『マリオワールド』ですね。


ANI:羽マリオってなかったっけ? 『3』もちょっと飛べて、連打するとゆっくり降りてくるみたいな。


KASHIF:モモンガマントみたいな。なんかあった気がします。


セク山:あった、あった。ハットリくんっぽいやつ。


ANI:そうだよね。あと、どこかでなんかずっとジャンプすると無限1UPみたいなのもあったじゃないですか。1-2ぐらいで。


セク山:ずっとクリボーが出てきて。


ANI:それを下りずに、ずっと飛び続けて。


セク山:ホバリングができるからっていうやつですよね。だから地面につかずにずっとクリボーを行けて。そうだ。思い出しました。


ANI:やりたいけど、難しそう(笑)。


セク山:『談話室044』が今、コロナでできないから。次は『マリオワールド』がいいかもしれないですね。


ANI:『マリオワールド』か『3』。どっちかを。


セク山:そうですね。やってみてもいいかもしれないですね。


KASHIF:また猛者が来るかもしれないですね。


ANI:練習しておかないと。


セク山:ヤバいですね(笑)。





番組情報


▶「ANI & セク山の京浜ネバーランド」

放送日:毎月第4木曜日 21:00 - 22:00 O.A.

番組URL : https://block.fm/radios/707


スチャダラパーからANIと、普段から交流の深いセク山がお送りする、題して「ANI & セク山の京浜ネバーランド」がレギュラー番組として放送決定!おやすみ前の素敵な音楽とおしゃべりでネバーランドにお連れします。


written by みやーんZZ





SHARE