東京のオランダ大使館でダッチトランスのレジェンドDJ、Ferry Corsten自らラーメンを茹で来場者に振る舞う

3月22日にオランダ大使館内で行われたレセプションパーティーにFerry Corsten登場。当日はなんと自分でラーメンを調理し来場者に振る舞うという場面も。
SHARE
2018.04.05 03:00

System F(システムF)名義でリリースしたトランス史に残る名曲「Out of the Blue」の世界的なヒットなどで知られるダッチトランスのレジェンド、Ferry Corsten(フェリー・コーステン)が、3月22日、東京都内にあるオランダ大使館首席公使公邸内で行われたレセプションパーティーに姿を現した。 


Ferry Corstenが東京の大使館でラーメンを茹でる  


同レセプションパーティーは、同日、渋谷・WOMBで開催されたイベント「TRANCE PORT」出演のために来日したFerry Corstenを祝すために行われたもので、これまでに音楽を通じて日本とオランダの橋渡しとして多大な貢献を果たした彼に敬意を表すべく、オランダ首席公使始め、オランダ大使館関係者、音楽関係者、そのほかにも多数の来場者が訪れた。




  


当日のレセプションパーティーでは、オランダ大使首席公使の希望により、福岡を拠点に現在、ニューヨーク、アムステルダム、LAなどにも店舗を構え世界的な人気ラーメン店になっている「秀ちゃんラーメン」が出店。また室内では渋谷松濤「PATINASTELLA」のシェフ杉浦氏によるフィンガーフードが用意されるなど、華やかなムードの中で行われた。






しかし、その中でも目を引いたのが、Ferry Corsten自らラーメンを茹で、調理したものを来場者に振る舞うという驚きの光景だ。 世界的なDJ/プロデューサーによるエクスクルーシヴなラーメンの登場は、来場者にとっては予想だにしないものだったに違いなく、その嬉々としてラーメンを調理する彼のレアすぎる姿はまさにここでしか見ることができないものだった。







DJプレイするファンキーなオランダ首席公使の姿も  


さらに会場では、Ferry CorstenのDJプレイだけでなく、ADEなど世界的なダンスミュージックのカンファレンスを行うダンスミュージック大国オランダらしく、オランダ首席公使によるDJという、こちらもまたレアな光景を目撃することができた。




WOMBが公開している動画ではFatboy Slim(ファットボーイ・スリム)のクラシック「Right Here, Right Now」をプレイする公使の姿を確認することができる。一般的にお堅いイメージのある”大使館”や”公使”だが、雰囲気はノリの良いパーティームードに包まれており、非常に楽しい感じ。このあたりもさすがはダンスミュージック大国オランダといった感じだ。



それ以外に動画では実際にFerry Corstenがラーメンを茹でて調理、さらに振る舞う姿も確認できるので、このレアすぎる光景が気になった人は、チェックしてみよう。  


ファンキーなDJ首席公使、ラーメンを茹でるFerry Corsten…。オランダの大使館の遊び心、マジ最高だな。 


Written by Jun Fukunaga
Photo: 
TRANCE PORT



SHARE