イギリスの国民的シンガーが360度映像でツアー引退発表!! エルトン・ジョン伝説のパフォーマンスが疑似体験できる

英国の人気シンガーソングライター、エルトン・ジョンがツアー引退を発表。その発表の場となったのは、なんと仮想現実によって再現された過去のライヴの体験イベントだった。
SHARE
2018.01.30 02:30

シングルとアルバムの総売り上げは3億枚!!


イギリスの人気ミュージシャン、エルトン・ジョンが2018年1月24日にニューヨークのゴッサム・ホールで開催された記者会見でツアー活動から引退することを宣言した。エルトン・ジョンによれば家族を優先するのを理由に挙げている。そんな彼のラスト・ツアー「フェアウェル・イエロー・ブリック・ロード・ツアー(Farewell Yellow Brick Road)」は2018年9月から3年間、300講演を予定している(引退宣言してからも結構先が長い!?)。


2018年1月に放映された映画『キングスマン: ゴールデン・サークル』には、エルトン・ジョン本人役で出演していたこともあり若い世代の人も知っているだろう。


記者会見の会場では、記者達がヘッドセットを用いてとあるVR(仮想現実)映像を視聴した。その映像とは、1970年にトルバドゥールで開催されたエルトン・ジョンの最初のショー、そして1975年の伝説的なドジャー・スタジアムのコンサートなどを再現したモノだ。


その映像がYouTubeで公開されていて、一般の人も見ることが出来る。




見れない場合はコチラ → https://youtu.be/0zXZIgnub6w


この映像を楽しむのに必要なモノは、スマートフォンとGoogle Cardboardなどのヘッドセット。もちろん、そのまま見ることも出来るのだけども、没頭したいなら是非ともヘッドセットで見て欲しい。


エルトン・ジョンがショーをした当時はもちろんVRを撮影する手法は存在していなかった。コレはどうやったのかというと、エルトン・ジョンのものまねをプロでやっている影武者を使い、CGで合成したのだという。











ショーやコンサートツアーの後、まるで夢のような銀河を巡る体験をする。エルトン・ジョンのこれまでのキャリアの一部を映像として見ていける。とても幻想的だ。


ツアー活動引退宣言だというのに、めちゃくちゃクリエイティブな映像、最もエルトン・ジョンらしい引退発表なんだろうな。



参考:

#EltonFarewellTour - Elton John


Written by kissaten
Photo:Facebook

SHARE