ナビゲーターやDJ、番組名、記事タイトル、文中ワードで一括検索することができます。

注目のキーワード

    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX

    エレクトロニカ(Electronica)の歴史とジャンルの分類について

    2018/06/24 (Sun) 12:59
    admin

    幅広い音楽ジャンルを指すエレクトロニカ(Electronica)について

    この記事をシェア

    幅広い音楽ジャンルを指すエレクトロニカ(Electronica)について

    電子音楽や電子音楽に影響されている音楽ジャンル全般を指しているのが、エレクトロニカである。現代音楽として始まったエレクトロニカは、商業音楽や即興音楽などに幅広い影響を与えたのが特徴だ。音楽機材が発展するとともにエレクトロニカのジャンルも広がり、さらに新しい音楽を生み出している。

    エレクトロニカ(Electronica)の歴史

    エレクトロニカという言葉は、初めクラブミュージックではなく電信額を意味するものとして定められた。はっきりとした名前の由来は定かではないが英国でエレクトロニックロックを演奏していたバンドの音楽性を表現するために、1990年代の中ごろ音楽雑誌が使い始めた。その後、当時新しい音楽であったレイブミュージックが主流になったのをきっかけに、アメリカでも一般的な言葉になった。エレクトロニカが新しいダンスミュージックのジャンルを包括するための言葉になる前は、エレクトロニック・リスニング・ミュージックといった呼ばれた方をすることもあった。

    1990年代の中ごろに主要なレコード会社はエレクトロニカという言葉を広い範囲で用いることは少なく、ケミカルブレイクやビッグ・ビートなどに分類されるジャンルや主流の機械音楽を意味するために使っていた。現在ではトリップポップやダウンビートなど幅広い音楽ジャンルを表すために使われている。現役で活躍する多くのミュージシャンは大衆向けジャンルの音楽でも、エレクトロニカの要素を取り入れている。

    どのような音楽がエレクトロニカ(Electronica)と呼ばれているか

    2000年代以降になるとエレクトロニカは大きく分けて2つの意味で使用されている。広義の意味でのエレクトロニカは、打ち込みを部分的に使用したクラブミュージックなどのジャンルであり、狭義ではダンスミュージックではない進化系のジャンルを指すこともある。狭義の意味でのエレクトロニカが注目されたのはカットアップやグリッチといった手法が注目されたころであり、2000年前後にはコンピレーションシリーズも発売された。

    また、エレクトロニカはソフトウェアとハードウェアの発達によって、より緻密で複雑な音楽が作成できるようになった。

    こういったジャンルのアーティストは明確に分類することが難しく、それまでロック系のジャンルで活躍していたミュージシャンがエレクトロニカの要素を取り入れてアルバムを発売したこともあった。特にリズム面に関してはブレイクビーツをより複雑化させた、ブロークンビートと呼ばれるリズムを導入したり、拍子といった概念を放棄した曲も存在する。

    カットアップやグリッチといった手法はハウスやテクノにも波及し、テクノシーン全体がクリックテクノ一色に染まる時期もあった。有名DJもプレイ中にクリックハウスを多く使用し、スタイル自体をクリックに変えてしまった者もいる。

    様々なジャンルと融合したエレクトロニカ(Electronica)

    エレクトロニカに生楽器を導入したスタイルのことを誕生初期にはフォークトロニカと呼んでいたが、現在この手法は当たり前のものになったので、この名称が使われることは少なくなった。ポストロックに近いサウンドを展開する者も多いのが特徴である。またフォークトロニカという名称だが必ずしもフォークミュージックの影響にあるわけでなく、アコースティックギターだけを使っているわけではないので注意が必要だ。

    さらに、エレクトロニカはヒップホップと融合を図ったこともある。エレクトロニカのジャンルとして重鎮であったオウテカがツアー時にマイアミに訪れ、ヒップホップ業界の人物と交流をもったのが最初だといわれている。マイアミシーンと呼ばれることもあるヒップホップの要素を取り入れたエレクトロニカは大きな勢力を気づいた。この他、クラシックミュージックにエレクトロニカを導入したミュージシャンも存在し、このようなジャンルはネオクラシカルやポストクラシカルといわれている。

    Photo:https://pixabay.com/

    Written by 編集部

    関連タグを見る:

    この記事をシェア

    TOP NEWS

    08/16 UPDATE
    三原勇希があなたを眠りへと誘うプログラム
    三原勇希

    Time for Bed #27
    お便りテーマ「最近良かった本・ドラマ・映画・マンガ」🍉🍧
    そして今回の眠りにいざなう楽曲は
    星野源, DOMi & JD BECK, Anderson .Paak,Cat Burns etc…

    2022/08/16 23:00
    |
    60 min
    08/16 UPDATE
    おかもとえみが気を張らずに伸び伸びと熱いトークを繰り広げるトークバラエティ
    おかもとえみ

    おかもとえみのピーチクーパーチク第12回。ゲストにPARKGOLF(@parkgolfeee)さん,BUDDHAHOUSE(@_buddhahouse)さんをお迎えします!3人でテーマパークについて妄想や実況を繰り広げます。

    2022/08/16 22:00
    |
    min
    08/16 UPDATE
    para de casaが"ゆるゆるわいわい"トークをお届け
    西恵利香YONA YONA WEEKENDERSAFRO PARKER

    今夜はお引越し1発目!スタジオから生放送📻
    お便りテーマ「最強のお盆の過ごし方」🌞🚗💨
    さらに「ベーコンをそのまま食べてみる」検証企画も!!

    2022/08/16 21:00
    |
    60 min