お手ごろ価格の最新ポケットサイズDJコントローラー「DJ2GO2 Touch」がリリース

Numarkの最新DJコントローラーにはSerato DJ Liteも付属、1万円以下で買えるDJ初心者にも最適なモデルに。
SHARE
2020.01.17 04:00

音楽機材メーカーのNumarkが、最新DJコントローラー「DJ2GO2 Touch」のリリースを発表した。



人気のポケットサイズコントローラー「DJ2GO2」後継モデルが登場  


DJ2GO2 Touchは、ポケットサイズのコントローラーとして人気を博した「DJ2GO2」にタッチ・キャパシティブ・ジョグホイールが追加され、多彩な機能を搭載した後継モデルだ。 高性能ながらもノートパソコンの前にぴったり収まるポケットサイズの本機は、先述のタッチ・キャパシティブ・ジョグホイールを搭載することでDJ2GO2ではできなかったスクラッチプレイにも対応。そのほかにもホットキュー、ルーピング、サンプラー・エフェクトといった、DJに欠かすことのできない機能を搭載しているほか、オーディオインターフェイスも装備しているため、その用途も実に多彩。ギグの仕込み、小さな場所でのプレイから大きなイベントの追加セットアップまで様々なDJスタイルに対応するのが特長だ。


またコンパクトサイズながら大型DJコントローラー同様のパワーを持ち合わせており、タッチ・キャパシティブ・ジョグホイールはライトからヘビーなスクラッチに対応、ジョグホイールの側面でトラックのナッジも可能になっている。





「Serato DJ Lite」付属のため、すぐにDJを始められる  


さらにDJ2GO2 Touchには、付属のMac/PC用DJソフトの「Serato DJ Lite」をあらかじめマッピング。DJ初心者でもすぐにDJを始めることができるよう、デモ曲が付属、簡単なチュートリアルも内蔵されているのはありがたい。加えて、このSerato DJ Liteは、フルバージョンのSerato DJへのアップグレードが可能なので、DJプレイが上達したタイミングでフルバージョンに乗り換えるのも良いだろう。加えて、Serato DJ LiteはSoundCloudやTIDALなどの主要ストリーミング・サービスに対応しているため、最新のアンダーグラウンドから定番ナンバーまでをストリーミング利用できる。 

*TIDALの日本でのサービスは現時点で行なわれておらず  


ほかにもコア機能として、2つのチャンネル、クロスフェーダー、ジョグホイール、ピッチフェーダーなどミックスにおける必須機能を搭載。ブレンドやスクラッチなど思いどおりのDJプレイを実現可能な仕様になっているが、操作面ではCueポイント、オート/マニュアル・ループ、サンプル再生を行なう8つのパッドと4つのパッドモードを装備、大型のコントローラー並の操作性を実現している点も注目すべきポイントだろう。





ライティング・ソフトウェア「SoundSwitch Premium」のトライアル版も付属  


もうひとつ注目ポイントとして挙げておきたいのが、ライティング・ソフトウェア「SoundSwitch Premium」DJの2か月間のトライアルが付属している点だ。SoundSwitchはSerato DJでプレイする際、オーディオファイルにあわせたライティングが作成できるデジタル・ライティング・ワークステーションで、これによりビジュアルとオーディオをシームレスに同期、ライティングをシンプルに展開できる。 


薄型デザインとバックライトを組み合わせたクールなルックスのDJ2GO2 Touchは、USBバスパワー、プラグ&プレイ接続をサポートしており、可搬性及びシステムとの親和性にも優れている。またSerato DJだけでなく、主要DJソフトに対応するスタンダードMIDIマッピング仕様なので、ほかのDJソフトユーザーももし、持ち運びが楽なコンパクトなコントローラーを探しているなら導入の価値は十分ありだ。  


なお、発売日は1月23日となり、販売市場予想価格は8980円(税込)。気になった人はリンク先で詳細をチェックしてみよう! 


written by Jun Fukunaga 



SHARE