BIGYUKI、最新EP『2099』を12/16リリース。“終末思想”を想起し制作された作品

A Tribe Called Quest、J Cole、Mark Guiliana、Robert Glasperらと共演した日本人キーボード奏者/作曲家BIGYUKIによる最新EP。
SHARE
2020.12.01 09:30

HipHopやR&BではA Tribe Called Quest(ア・トライブ・コールド・クエスト)やJ Cole(J・コール)、JazzではMark Guiliana(マーク・ジュリアナ)、Robert Glasper(ロバート・グラスパー)、Ben Williams(ベン・ウィリアムス)らと共演。これまでに日本人として初めて全米No.1獲得の2作品に参加し、Kamasi Washington(カマシ・ワシントン)のツアーに帯同するなど、ジャンルを超えアメリカのミュージック・シーンで活躍するBIGYUKI。そんな彼の最新EP『2099』が12月16日にリリースされることが決定した。

 

今年は新型コロナ・ウイルスの世界的なパンデミック、社会不安、そして混沌のアメリカ大統領選挙があった今年、BIGYUKIは1999年にあった“終末思想”を思い起こし、このEPを制作。

 

「これだけ色々な出来事が起きている現在では自分が尖った音楽作っても今の空気に合わない気がする。今回の5曲は歌ものだったり、ストレートな感じのグルーヴ系の曲で、今聴いてもストレスにならない感じの曲。このEPには今のコロナ禍や大統領選があった時期の不安な感じが色々な形で反映されてると思う」と語るBIGYUKI。


今作では、Talib Kweli(タリブ・クウェリ)、Joel Ross(ジョエル・ロス)、Anna Wise(アナ・ワイズ)など、幅広いアーティストがフィーチャーされ、ユニークにとんだ内容になっている。

 

タイトルは終末思想が存在していた“1999年”に100を足した2099という数字を調べたところ、世のために働く人という意味のライトワーカーをを目覚めさせて、世の中のために何かをさせるためのシグナルであると知り、“自分の音楽が世界の良い影響を与えることを願って”名づけられた。






 

【リリース情報】




BIGYUKI『2099』

2020年12月16日発売

品番:UCCQ-1131  価格:\1,980(税込)

購入はこちら

https://jazz.lnk.to/BIGYUKI_2099PR

 

▽リンク

BIGYUKI 日本レーベル公式サイト

https://www.universal-music.co.jp/bigyuki/






SHARE