ナビゲーターやDJ、番組名、記事タイトル、文中ワードで一括検索することができます。

注目のキーワード

    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    2021年に多数のヒットを記録した韓国のエレクトロニックミュージックプロデューサーAiobahnは2022年をこれまでのキャリアの中で最大の年と位置付けている。AiobahnのEP"all connected"は世界から注目を集め、世界的にヒットしたゲーム”NEEDY GIRL OVERDOSE"のサウンドトラックにも起用されるなどジャンルを定義するエレクトリックミュージックを提示し続けている。世界中のフェスを巡る中でベッドルームプロデューサーからアンセムメーカーとなったこともAiobahnの音楽が認められ定義された瞬間だった。Martin Garrix主宰のネットレーベルSTMPD RCRDSからのリリースやavex、bandai namco、monstercatなどのレーベルでのプロデュースを手がけるなどプロデューサーとしての未来を具現化する数少ないアーティストともいえる。リアルとデジタルの区別を曖昧なものとするAiobahnは世界へ向けた音楽を作ることで繋がる未来を見据えている。 Following on from a heavy-hitting slew of releases throughout 2021, trailblazing South Korean Electronic Music producer Aiobahn looks forward to one of the biggest years in his career to date. With his four-track "all connected" EP already garnering worldwide attention, as well as placements on the soundtrack for the global-hit "Needy Streamer Overload", Aiobahn continues to lay the framework for his genre-defining electronic takeover. Of course, the journey of Aiobahn from bedroom producer to anthem maker for numerous festivals around the globe was also filled with defining moments; from his leap from net-labels to established electronic labels such as Martin Garrix' own 'STMPD RCRDS', all while commanding releases with global powerhouses such as Avex, Bandai Namco, and Monstercat, there are few artists who better embody the future of producers more. Consistently blurring the distinction between real and digital, Aiobahn looks forward to a connected future making music for the global age.

    このアーティストページをシェア