Yves Tumor、最新アルバム『HEAVEN TO A TORTURED MIND』リリースを発表! 新曲MVも公開

新曲「Gospel For A New Century」は特殊メイクやレーザーが生み出す強烈なヴィジュアルが印象的なMVになっている。
SHARE
2020.02.20 05:00

世界的評価を獲得した前作『Safe In The Hands Of Love』で、退屈なメインストリームに一撃を与え、独特の世界観で存在感を放っている奇才Yves Tumorが、新章の幕開けを告げる新作『Heaven To A Tortured Mind』をリリースすることが明らかになった。



Yves Tumor最新MV「Gospel For A New Century」も解禁!  


その発表と同時に新曲「Gospel For A New Century」のMVも解禁。特殊メイクやレーザーが生み出す強烈なヴィジュアルが印象的なビデオは、ロンドンを拠点に活躍するトップメイクアップアーティストで、BjörkやRihannaらとも仕事をしているクリエイター、Isamaya Ffrenchが手がけている。



その評価を決定づける鋭利な実験性はそのままに、サイケロックとモダンポップの絶妙なバランスをさらに追い求めた本作では、共同プロデューサーにSky FerreiraやAriel Pink、Charli XCXらを手がけるJustin Raisenを迎えている。 


 2018年の最高点となる9.1点でPitchfork【BEST NEW MUSIC】を獲得したのを筆頭に、New York Times、Rolling Stone、FADER、NPRなどの主要メディアがこぞって絶賛するなど、その年を代表するアルバムとして最高級の評価を得た前作『Safe In The Hands Of Love』。



その音楽性についてThe Wireは「ここには、Frank Ocean と James Blake が探ってきたものの手がかりが確かに存在するが、何よりもYves Tumorは黒人の Radiohead という装いが、自分に合うかどうかってことを試して遊んでいるのかもしれない」と解説している。



「新世紀のゴスペル」含む最新アルバム『Heaven To A Tortured Mind』は4月3日 (金) 発売 


昨年は、Coachella、Primaveraだどの大型フェスにも出演を果たし、多くのファンを獲得しているYves Tumor。抽象に意味を与え、不協和音すら調和させ、現実の定義を壊す。哲学めいた制作アプローチを経ても、聴くだけで思わず惹きつけられるずば抜けた表現力と音楽性の高さは「新世紀のゴスペル」と題された新曲がまさに証明している。 


なお、最新アルバム『Heaven To A Tortured Mind』は、4月3日 (金) に世界同時でリリース。国内盤CDには、ボーナストラック「Folie Simultanée」が追加収録され、歌詞対訳と解説書が封入される。アナログ盤は、シルバー盤仕様と通常のブラック盤仕様の2種類が発売される。 


2018年、2019年と連続して来日を果たしているYves Tumorだけに日本でも『Heaven To A Tortured Mind』に注目が集まりそうだ。



【リリース情報】 

Yves Tumor『Heaven To A Tortured Mind』 

Release date: 2020.4.3 FRI ON SALE

国内盤CD BRC-635 ¥2,200+税

国内盤特典:ボーナストラック追加収録 / 解説書・歌詞対訳封入


TRACKLISTING

1. Gospel For A New Century

2. Medicine Burn

3. Identity Trade

4. Kerosene!

5. Hasdallen Lights

6. Romanticist

7. Dream Palette

8. Super Stars

9. Folie Imposée

10. Strawberry Privilege

11. Asteroid Blues

12. A Greater Love

13. Folie Simultanée (Bonus Track for Japan)


商品情報

https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10860


written by Jun Fukunaga




SHARE