NBAで鮮烈なデビューを飾った渡邊雄太の「あのダンス」に会場が大盛り上がり!

日本人選手2人目となるNBAデビュー目前の渡邊雄太。ルーキー達のダンスタイムでトリをつとめた彼が見せたダンスとは!?
SHARE
2018.10.09 12:00

渡邊雄太のルーキーダンスが大ウケ!


バスケ好きにとって最近の話題といえば渡邊雄太選手のNBAでの活躍だろう。現在プレシーズンマッチが開催されているNBAでメンフィス・グリズリーズと契約し、出場している渡邊雄太がさっそく新人としての洗礼を浴びたようだ!


アメリカのメジャースポーツではルーキーに対して独特な試練が待ち受けている。あの大谷翔平も本拠地デビューの際、ホームランを打った後にベンチに戻るとチームメイトから無視されるといった、一風変わった祝福を受けていた。


そして今回NBAのプレシーズンデビューを飾った渡邊雄太にはルーキー全員によるダンスタイムが設けられていた。その中で日本人の選手がトリをつとめたのはチームからの指令だったのか。しかし不安をよそに渡邊雄太のダンスは会場に駆けつけたファンのみならずベテラン選手まで大盛り上がり! チームの一員としてすっかり馴染んでいる姿を見せてくれた。




渡邊雄太が踊ったのは「#InMyFeelingsChallenge」


照れ臭く踊り出した渡邊雄太のバックに流れたのはDrake(ドレイク)による「In My Feelings」。この夏世界中で大ヒットとなったダンスチャレンジの曲に合わせてダンスを披露した渡邊雄太は「#InMyFeelingsChallenge」を踊りつつもヒップホップの人気ダンス「Milly Rock」と「Shoot Dance」を見事に組み合わせ、会場を盛り上げた! 日本人選手がヒップホップをチョイスしたのも意外だったのか、踊り終わるとチームメイト全員が駆けつけて祝福。渡邊雄太にとっては嬉しい歓迎となったことだろう!


渡邊雄太は高校卒業後にアメリカに渡っており、名門ジョージ・ワシントン大学に入学。4年生の時にはチーム・キャプテンの1人に選ばれていたほど。大学の4年間でアメリカでの生活にも慣れ、ダンスを披露するのもお手の物だったのか、ファンに顔を覚えてもらう絶好の機会を見事成功させた。





ダンスだけじゃなく試合でも大活躍!


渡邊雄太がチームと結んでいる契約は「2ウェイ契約」と呼ばれ、2017年のオフシーズンから導入されたもの。2ウェイ契約選手は、シーズンの大半をNBAチームの傘下にあるGリーグチームでプレイすることになるが、シーズン中45日間だけNBAチームのロスターに登録が可能だ。


そんないわゆる「お試し期間」中である渡邊雄太だが、プレシーズンマッチでもその存在感をアピールしている。グリズリーズにとってプレシーズンマッチの3試合目となったペイサーズ戦の試合終了間際、3点のビハインドを抱えた中でチームが選択したのは渡邊雄太のスリーポイントだった。これを見事に決め、試合は延長戦へ。その後も活躍は続きチームは見事勝利! 21分の出場で11得点、3リバウンドの数字を残しNBAの本戦デビューに向けて鮮烈な印象を残した。




プレシーズンマッチは10日と12日に残りの試合が行われ、16日に開幕する。残りの試合でさらなる活躍をすれば日本人選手として田臥勇太以来のNBAデビューも近づくだろう。先日の日本代表の試合でも大活躍だった渡邊雄太。次はNBAの舞台での姿を見せて欲しい!



written by #BsideNews


source:

https://twitter.com/SuduUpadhyay/status/1046116175745298434

https://www.nba.com/grizzlies/news/memphis-grizzlies-sign-yuta-watanabe-to-two-way-contract-180720


photo: youtubefacebook



SHARE