YUNGYUが盟友SKOLORを迎えた最新シングル「Dreaming feat.SKOLOR」配信リリース

YUNGYUが日韓の新進の才能を結集し、コラボレーションシングルを配信。ソウルで撮影されたMVも公開。
SHARE
2019.07.24 11:30

山梨を拠点に、都内を始め全国各地へその名を広げるYUNGYUのニューシングルが到着した。





YUNGYU×SKOLOR鉄板の共演。K BoWプロデュースの最新コラボチューンの配信とMVが解禁


韓国トラップシーンの気鋭プロデューサーでありラッパー、Futuristic Swaver/Laptopboyと日本と韓国、2つの拠点で躍動しているSKOLOR(スカラー)を迎えた「4G」、SKOLORを通じ韓国のラップコミュニティとさらに深くリンクした「TMDC」、ソロでの「201」そしてPARKGOLFとのコラボ「You are on my mind」と「PLAY」など山梨を拠点に活躍の場を広げるホープYUNGYU(ヤングユウ)がニューシングルをリリース。


釈迦坊主(シャカボウズ)が主催する「TOKIO SHAMAN」はじめ、都内イベントでも引っ張りだこのYUNGYUによる、盟友SKOLORをフィーチャーしたポジティブなミドルテンポチューンとなっている。


YUNGYUとかねてから親交を持ち、今作で共演しているSKOLORはACECOOL(エースクール)、Jinmenusagi(ジメサギ)、Lui Hua(ルイフア)が客演で参加した曲「EKJ」で本格的に日本での活動を開始。EP「Bethere」「WTMM」をリリース。電波少女(デンパガール)「CUFFS」への客演参加、Shurkn Pap(シュリケンパップ)、RAq(ラック)をフィーチャーした近作も好評で、彼もまたシーンで脚光を浴びるアーティストのひとりだ。


▶関連記事

ローカル発信のヒップホップに注目 YUNGYU×PARKGOLF、T-STONE×KOTETSUらの新曲を聴く


【レビュー】過ぎ去った時代を振り返るSKOLOR&RAq「Timeflies」など注目の新譜を聴く






国産Jersey ClubクリエイターK BoWと韓国トラップシーンの雄Laptopboyboyが参加


トラックプロデュースはYUNGYUの「201」をプロデュースしたK BoW(ケーボウ)。東京女子流の公式リミックスやLAコレクティヴTOO LUSHへの参加、K BoWと同じく埼玉を拠点に活動するAWAZARUKAS(アワザルカス)らへの楽曲提供でも知られる国産Jersey Clubクリエイターである。Jursey Clubだけでなく今作のようなミドルテンポの楽曲から、ムーンバートンのようなトリッキーなビートを横断し、転調を効かせたビートメイキングを得意とする。


ミックスとマスタリングを務めるのは「4G」でコラボした韓国のFuturistic Swaverのビートメイカー名義であるLaptopboyboy。アートワークはストリート感覚をVaporwave以降のテイストで落とし込む韓国の気鋭アーティストmin seok choiがキュートでヴィヴィッドなイラストをドローイングしている。MVはYUNGYUとともに映像制作を手がけるビデオグラファーPlenty Uenoが担当。




撮影は韓国・ソウルで行い、空港へのランディングからソウルの街へとシーンがつながれ、自分たちの夢を歌う、若者二人が躍動する姿が映し出されている。ところどころに散りばめられたセンスのいいビデオエフェクトは、映像編集のスキルを兼ね備えるSKOLORとPlenty Uenoがそれぞれ手がけた。カラフルでポップな世界観を継承しつつスケールアップしたYUNGYUワールドを堪能できるMVになっている。まさに日韓の才能が結集したコラボシングルだ。







▶YUNGYU(ヤングユウ)


山梨県出身。バンド活動や4人組ラップグループFAKAXAの活動休止後、ソロ開始。不定期パーティ「ily」を開催しながら音源をコンスタントにリリース。2017年のリヒト(Rihito)とのコラボで発表したEP「Candy House Bitch」はFuture Bassを中心とした多彩なビートとカラフルな世界観が話題に。2018年にはEP「POOL」の発表や、SKOLOR & FUTURISTIC SWAVERと共に制作したスマッシュヒット「4G」、SKOLOR & Roof Top「TMDC」、haruru犬love dog天使やD-Hackらの作品への客演参加、「201」、PARKGOLFとの「You are on my mind」「PLAY」、グライムMCのONJUICYとの「このまま2人」(TREKKIE TRAXより7/26リリース)と立て続けに注目音源をリリース。そして今回のシングル発表を経て待望の新作EPを製作予定。ハイトーンボイスを駆使したポップでメロディアスなフックと卓越したビートアプローチ能力は今後さらに注目されるだろう。


written by Tomohisa“Tomy”Mochizuki




SHARE