カワムラユキ、10分間 マインドフルネス瞑想をイメージした楽曲を発表

国際女性デーにローンチしたファッションブランド「mallow blue」からの依頼で制作した、ホッと安らぐチルアウト~アンビエント作品。
SHARE
2021.06.18 08:00

DJ/選曲家として「りんご音楽祭」や「Love Parade Mexico」などのフェス出演、渋谷区役所館内BGMの選曲、RPG「サイバーパンク2077」への楽曲提供、ウォームアップ・バー渋谷花魁などのプロデュースでも知られるカワムラユキ。


4月末のYuki Kawamura名義初楽曲「Chakra」に続き、6月18日(金)には 「mallow blue(mindfulness)」が配信リリースとなる。今作はカワムラ自身がコロナ禍の中で生活に取り入れたというマインドフルネス瞑想をイメージした楽曲で、今年の3月8日国際女性デーにローンチしたファッションブランド「mallow blue」からの依頼による作品。



またミックス/マスタリングは、Plastik People(アメリカ)やHouse Cookin’ Records(ベルギー)よりリリースを重ねているクリエイター、House Violenceが担当。mallow blueの名前の由来である、色が3色に変化する幻想的な美しいハーブティーのような、ホッと安らぐチルアウト~アンビエント作品に仕上がっている。





【リリース情報】




- Title:mallow blue(mindfulness) 

- Artist:Yuki Kawamura

- Label:OIRAN MUSIC

- Distribution:ULTRA-VYBE

- Release Date:2021/06/18

- Links https://ultravybe.lnk.to/mallowbluemindfulness


- Bandcamp  https://oiranmusic.bandcamp.com/track/mallow-blue-mindfulness


【プロフィール】


カワムラユキ

選曲家/DJ/作詞家/ラジオ・パーソナリティ/作家/音楽&空間プロデューサー。DJとして『りんご音楽祭』などの国内フェスからイビザ、メキシコ、フランス等の海外公演まで多数こなす。バレアリック∼チルアウト系の選曲で知られ、block.fmやbayfmの週末レギュラー番組でもその世界観を披露。プロデュースを手掛けるウォームアップ・バー『渋谷花魁』や同店拠点のミュージック・ブランド『OIRAN MUSIC』にてSakiko Osawaやナマコプリ、まこみなみん等の新たな才能を発掘。RPG『サイバーパンク2077』への楽曲提供でも音楽プロデュースの手腕を発揮している。日本橋のアート・ホテル『BnA_WALL』のバー・スペース&客室プロデュース、『幻冬舎Plus』でのエッセイ連載なども展開。


Twitter:@yukikawamura821

Instagram:@yukikawamura821


OIRAN MUSIC

2014年に渋谷道玄坂のウォームアップ・バー「渋谷花魁」発信のミュージック・ブランドとして設立。ナマコプリ、Sakiko Osawaなど音楽に限らず多様な表現を展開する女性アーティストの作品をリリースしている。

Twitter:@OIRAN_MUSIC


「shibuya OIRAN warm up Radio」

毎週金曜日20:00-21:00放送

https://block.fm/radios/17


【関連記事】

ダメだ、頭から離れない!『サイバーパンク2077』で流れる中毒曲「PONPON SHIT」プロデューサーのカワムラユキに訊く制作秘話





SHARE