カワムラユキ、最新作「R.I.P. Sunset」のHouse Violenceによるフロアライクなリミックスを配信リリース

昨年に急逝したホセ・パディーヤ氏へと捧げる楽曲。リミックスは夏の終わりに相応しいイーブンキックが気持ちの良いトラックとなっている。
SHARE
2021.08.20 08:00

DJや選曲家として「FreedomSunset」「りんご音楽祭」「Love Parade Mexico」などのフェスに出演するほか、渋谷区役所の館内BGMの選曲、オープンワールドRPG「サイバーパンク2077」への楽曲提供、今年で11周年を迎えるウォームアップ・バー「渋谷花魁」などのプロデュースでも知られるカワムラユキ。


4月末にYuki Kawamura名義での初楽曲「Chakra」、6月にはマインドフルネスをイメージした楽曲「mallow blue」とコンスタントにリリースを重ね、7月23日には新曲「R.I.P. Sunset」を発表した。


今作は、カワムラ自身が最も尊敬するDJであり、イビサ島発の音楽ムーブメント「バレアリック」の先駆者であり、チルアウト・ミュージックの聖地「Cafe Del Mar」を題材としたCDシリーズのコンパイラーとしても知られたが、昨年に急逝したホセ・パディーヤ氏へと捧げる楽曲。


そしてカワムラ自身のバースディ前日である8月20日に、Plastik People(アメリカ)やHouse Cookin’ Recoreds(ベルギー)よりリリース中のクリエイター、House Violenceによるフロアライクなリミックスバージョン「R.I.P. Sunset(House Violence Cinematic Mix)」を急遽配信リリース。2021年夏の終わりに相応しいイーブンキックが気持ちいいトラックに仕上がっている。



また、9月5日には葉山の海が見えるオープンテラスのカフェスペース、LUVITにて今作のリリース記念と、ホセ・パディーヤ氏をトリビュートする「夕陽と海の音楽会 Vol.7 - tribute to Jose Padilla (chill house& Balearic)」が限定20名にて開催が決定。


夕陽と海の音楽会 Vol.7 - tribute to Jose Padilla (chill house& Balearic) at 葉山 LUVIT 

https://fs2021.peatix.com





【リリース情報】




Yuki Kawamura - R.I.P. Sunset(House Violence Cinematic Mix)

info:

https://ultravybe.lnk.to/ripsunsetHVCMix


https://oiranmusic.bandcamp.com


Soundcloud

https://soundcloud.app.goo.gl/16niHfj8nv2Qc1Wx8



【プロフィール】


カワムラユキ

選曲家/DJ/作詞家/ラジオ・パーソナリティ/作家/音楽&空間プロデューサー。DJとして『りんご音楽祭』などの国内フェスからイビザ、メキシコ、フランス等の海外公演まで多数こなす。バレアリック∼チルアウト系の選曲で知られ、block.fmやbayfmの週末レギュラー番組でもその世界観を披露。プロデュースを手掛けるウォームアップ・バー『渋谷花魁』や同店拠点のミュージック・ブランド『OIRAN MUSIC』にてSakiko Osawaやナマコプリ、まこみなみん等の新たな才能を発掘。RPG『サイバーパンク2077』への楽曲提供でも音楽プロデュースの手腕を発揮している。日本橋のアート・ホテル『BnA_WALL』のバー・スペース&客室プロデュース、『幻冬舎Plus』でのエッセイ連載なども展開。


Twitter:@yukikawamura821

Instagram:@yukikawamura821


OIRAN MUSIC

2014年に渋谷道玄坂のウォームアップ・バー「渋谷花魁」発信のミュージック・ブランドとして設立。ナマコプリ、Sakiko Osawaなど音楽に限らず多様な表現を展開する女性アーティストの作品をリリースしている。

Twitter:@OIRAN_MUSIC


【関連記事】

ダメだ、頭から離れない!『サイバーパンク2077』で流れる中毒曲「PONPON SHIT」プロデューサーのカワムラユキに訊く制作秘話


beabadoobeeがカワムラユキに語る、大好きなファッション、パーティー、コラボレーション





SHARE