Yosi Horikawa最新アルバム『Spaces』リリースパーティが東京と大阪で開催

フィールドレーコディングを駆使して制作された最新アルバムリリースパーティでは盟友Daisuke Tanabeと共演する。
SHARE
2019.06.20 12:30

今年4月に開催されたRed Bull Music Festival Tokyo 2019「花紅柳緑@浜離宮恩賜庭園」での幻想的なパフォーマンスが話題になったサウンドデザイナー/プロデューサー、Yosi Horikawaの最新アルバム『Space』リリースパーティが東京と大阪で開催される。 


関連記事:日本庭園とアンビエントが幽玄的に交わったRed Bull Music Festival Tokyo 2019「花紅柳緑@浜離宮恩賜庭園」レポート



フィールドレコーディングを駆使して誰も聴いたことがない音楽をデザインするYosi Horikawa 


Yosi Horikawaのサウンドの特徴は、誰も聴いたことのないような、環境音や日常音、そこに隠れた音楽性を反映したリズムやメロディーを巧みに取り入れるところにある。10年以上にわたり、フィールドレコーディングを駆使し音楽制作を行う彼は、遠方への旅の間に森やビーチ、都市と人、そして、東京の自宅から近い場所の音までを逃さずに取り入れることで、現在のスタイルを確立している。



5月31日にリリースされた『Spaces』は、「Moldy Vinyl」、「Vietnam」などそれぞれの音楽性に由来するタイトルがネーミングされた全11曲を収録。2013年の『Vapor』リリース以来のアルバムとなる本作は、フィールドレコーディングを駆使してサウンドをデザイン。そこにヒップホップの流動的な複雑さ、IDMの正確なエフェクト、ダンスミュージックの多幸感あふれるフィジカルさ、アコースティック楽器の人間らしいあたたかみなど、様々な音楽の要素が織り込まれることで唯一無二の世界観を持つ作品に仕上げられている。



関連記事:【レビュー】フィールドレコーディングを駆使するYosi Horikawa、最新Waveコンピなど今聴いておきたいビート/ベースミュージック 



新レーベル「Borrowed Scenery」を共に立ち上げたDaisuke Tanabeが共演  


リリースパーティは8月10日(土)に大阪・Circus Osakaと8月11日(日)に東京・Circus Tokyoで2日に渡って開催。大阪公演はオールナイト、東京公演は夕方からのデイタイム開催。両公演にはYosi Horikawaの盟友で、『Spaces』のリリース元である新レーベル「Borrowed Scenery」を共に立ち上げたDaisuke Tanabeも出演することが決定している。  


またDaisuke Tanabeは最近、日本の70〜80年代の音楽を使用して制作したDJミックスを公開したばかりなので、イベントが気になった人はこちらもあわせてチェックしておこう!


関連記事:「未知の国」インドからのリリースと現地クラブシーンのリアル RBMA卒業生Daisuke Tanabeインタビュー


なお、両公演の追加出演者は今後、発表予定とのこと。

▶︎イベント情報

Yosi Horikawa『Spaces』Release Party


【大阪公演】

DATE : 2019/8/10(SAT)

OPEN 23:00


LINE UP:Yosi Horikawa, Daisuke Tanabe and more


ADV : 2000yen DOOR : 2500yen


TICKET : 

イープラス https://eplus.jp/

peatix https://yoshihorikawaosaka.peatix.com/


VENUE : CIRCUS Osaka 

〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋 1-8-16 中西ビル 2F

06-6241-3822

http://www.circus-osaka.com/


【東京公演】

DATE : 2019/8/11(SUN)

OPEN 18:00 CLOSE 22:30

*デイタイム開催


LINE UP:Yosi Horikawa, Daisuke Tanabe and more


ADV : 2500yen DOOR : 3000yen


TICKET : 

イープラス https://eplus.jp/

Peatix https://yoshihorikawatokyo.peatix.com/


VENUE : CIRCUS Tokyo 

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-26-16

03-6419-7520 

http://www.circus-tokyo.jp


written by Jun Fukunaga



SHARE