やくしまるえつこ「あたりまえつこのうた」が3形態で発売決定。スチャダラBoseからのコメントも

NHK Eテレの科学教育番組「カガクノミカタ」で制作・歌唱を担当したアニメコーナーのオリジナルソングが待望のパッケージ作品として発売。
SHARE
2020.02.22 03:00

やくしまるえつこがNHK Eテレの科学教育番組「カガクノミカタ(第22回文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品)」で制作・歌唱を担当したアニメーションコーナー<あたりまえってなにかしら>全10話分のオリジナルソング『あたりまえつこのうた』が、待望のパッケージ作品として2020年3月25日に発売される。


日常の「あたりまえ」の中に潜む不思議を、“いちばん”から“じゅうばん”まで、全て異なる歌詞とアレンジでやくしまるえつこが歌にしたこの『あたりまえつこのうた』は、やくしまるの唯一無二の歌声とソングライティング、大人から子どもまで深く考えさせられる哲学的な歌詞、先鋭的且つ遊び心に溢れた音作りで人気を博し、多数の音源化要望に応える形で2018年に配信のみで発売されていた。



今回発売となるパッケージ作品は<CD> <CD+Blu-ray> <アナログレコード>の3形態でのリリースとなり、配信ジャケットとも異なる新たなジャケットアートワークで3形態全て異なるデザインとなっている。


本パッケージ版でもアートディレクションはやくしまるえつこ本人が担当、アニメーションの原案原画を担当した絵本作家・ヨシタケシンスケによる新規描き下ろし「あたりまえつこ」イラストが数多く使用されており、いずれの形態のブックレットも描き下ろしイラストと歌詞による豪華絵本風仕様。さらにそれぞれの形態別に豪華先着購入者特典が付属、特典は数量限定となっているため、確実に手に入れたい方は予約必須。


・CD盤は、人力アニメーションをジャケット上で楽しむことができるスキャニメーション仕様。先着購入者特典は通常ジャケットとは別のスキャニメーションを楽しめる”アナザージャケット兼ポストカード”。

・CD+Blu-ray盤は楽曲CDに加えて、Blu-rayに<あたりまえってなにかしら>のアニメーションを“いちばん”から“じゅうばん”まで全て収録。先着購入者特典は”あたりまえつこオリジナル定規セット”。

・アナログレコード盤は重量盤ホワイトヴァイナル仕様で、B面には初公開となる全曲分のインストゥルメンタルトラックも収録されている。先着購入者特典は”あたりまえつこオリジナルアクリルキーホルダー”。


今回のパッケージ化に際して、スチャダラパーのBOSEが『あたりまえつこのうた』への推薦コメントを寄せている。


国語と数学と魔法の授業を同時に受けているような快感。

これを聴いて育ちたかった。

Bose(スチャダラパー)


本作の各形態パッケージや特典の様子がわかるパッケージ紹介映像も公開された。



【商品概要】


やくしまるえつこ「あたりまえつこのうた」

2020年3月25日(水)発売

商品形態:<CD盤> <CD+Blu-ray盤> <LP盤>

レーベル:BETTER DAYS × みらいレコーズ


<CD盤>




価格:¥1,500(税抜) 品番:COCB-54288 POS:4549767-072241

スキャニメーションジャケット仕様 / ヨシタケシンスケ描き下ろし28P絵本風ブックレット

CD盤先着購入者特典:アナザージャケット兼ポストカード




<CD+Blu-ray盤>




価格:¥3,900(税抜) 品番:COZB-1572~3 POS: 4549767-072234

「あたりまえってなにかしら」アニメーション収録 / ヨシタケシンスケ描き下ろし28P絵本風ブックレット

CD+Blu-ray盤先着購入者特典:定規セット




<LP盤>




価格:¥2,800(税抜) 品番:COJA-9363 POS: 4549767-072258

重量盤ホワイトヴァイナル仕様 / 通常トラックに加えてB面に全曲のインストゥルメンタル収録 / ヨシタケシンスケ描き下ろし12P絵本風ブックレット 

LP盤先着購入者特典:アクリルキーホルダー



 

【やくしまるえつこ「あたりまえつこのうた」収録曲】

1:あたりまえつこのうた いちばん

2:あたりまえつこのうた にばん

3:あたりまえつこのうた さんばん

4:あたりまえつこのうた よんばん

5:あたりまえつこのうた ごばん

6:あたりまえつこのうた ろくばん

7:あたりまえつこのうた ななばん

8:あたりまえつこのうた はちばん

9:あたりまえつこのうた きゅうばん

10:あたりまえつこのうた じゅうばん 

(*アナログ盤のみ全曲のインストゥルメンタル収録)


Produced by やくしまるえつこ

作詞:ティカ・α 作曲:ティカ・α

編曲:やくしまるえつこ、山口元輝


 

【やくしまるえつこプロフィール】




アーティスト兼プロデューサー、作詞・作曲・編曲家として「相対性理論」など数々のプロジェクトを主宰。ポップミュージックからエクスペリメンタルミュージック、アート、テクノロジー、文筆、朗読とあらゆる領域を自在に横断し、一貫してインディペンデントでの活躍を続ける。

2016年にリリースした相対性理論『天声ジングル』には坂本龍一、ジェフ・ミルズ、黒沢清、ペンギンカフェらから賛辞が贈られ、同アルバムを提げ、レコード会社にもプロダクションにも所属しないアーティストとして前代未聞の日本武道館公演「八角形」を実現。

自身のバンドやソロワークスの他にも、映画音楽からアイドルまで幅広いプロデュースワークや楽曲提供、インスタレーションや絵画作品、人工知能と自身の声による歌生成ロボや生体データ、人工衛星や遺伝子を用いた作品など多岐に渡る。

バイオテクノロジーを駆使し、音源と遺伝子組換え微生物で発表した作品『わたしは人類』で世界最大の国際科学芸術の祭典 アルスエレクトロニカ・STARTS PRIZEグランプリを受賞。金沢21世紀美術館で展示された『わたしは人類 (ver.金沢)』は、ポップミュージックで初めて同館のコレクション作品として収蔵されている。

近作に相対性理論『調べる相対性理論』、やくしまるえつこ『アンノウン・ワールドマップ』、オーストリアの音楽家 クリスチャン・フェネスをfeat.して制作した ”やくしまるえつこ「Human Is (feat. Fennesz)」”など。

現在『わたしは人類』が東京・森美術館で展示中、さらにアート・リンゼイ、真鍋大度らが同曲のリミックスを担当した特別企画『わたしは人類:ミューテーションヒルズ』が六本木ヒルズ全域で開催されている。

http://yakushimaruetsuko.com/


【展覧会情報】

・やくしまるえつこ『わたしは人類:ミューテーションヒルズ』

特設サイト https://hillslife.jp/yxmr/

会期 2020年2月14日(金) 〜 3月29日(日)

会場 六本木ヒルズ全域


・やくしまるえつこ『わたしは人類』展示中

森美術館「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか」

http://yakushimaruetsuko.com/archives/2602

会期:2019年11月19日(火)~2020年3月29日(日)

会場:東京・森美術館


・「YXMR FASHION RESEARCH / やくしまるえつこ衣裳展」#3 SINA SUIEN

https://tcv.roppongihills.com/jp/exhibitions/yakushimaruetsuko/index.html

期間:第三期  2月15日(土)〜2月26日(水)

会場:東京カルチャーリサーチ(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52階)

時間:10:00~22:00(入場は閉場の30分前まで)

料金:無料 ※展望台または森美術館の入館料が必要


やくしまるえつこ『わたしは人類』が突然変異! アート・リンゼイや真鍋大度によるリミックス音源などを初公開の特別企画がスタート


【OFFICIAL HP】

やくしまるえつこ  http://yakushimaruetsuko.com/

みらいレコーズ  http://mirairecords.com/

日本コロムビア  https://columbia.jp/artist-info/yakushimaruetsuko/


SHARE