Tokyo Recordings・YaffleがフランスのSSW・Eliaを招いた新曲「À l'envers feat. Elia」を7/31リリース

iriや藤井風などのプロデュースを務めるTokyo Recordingsのプロデューサー、Yaffleが、フランスのシンガー・ソングライターEliaとの楽曲をリリースする。
SHARE
2020.07.17 10:30

Tokyo Recordings所属のプロデューサー=Yaffle(小島裕規)。自身の作品では海外アーティストとのコラボレーションを続ける彼が、今年5月にリリースしたスウェーデンの女性シンガー・ソングライターをLinnéa LundgrenをフィーチャーしたエモーショナルなエレクトロニックR&Bトラック「Lost, Never Gone feat Linnéa Lundgren」に続くシングルを7/31にリリースする。



「À l'envers」(読み方:ア・ランヴェール)と名付けられた本楽曲は、2019年の秋に欧州コライトの旅へ出たYaffleが、デビュー間もない若い女性シンガー・ソングライター: Elia(エリア)を、彼女とソングライターとして契約するBecause Musicから紹介され、二人でパリのスタジオに入り完成させたフランス語曲。「逆さま」という意味のこの曲は、彼女の憂いあるヴォーカル、そしてブレイクでの爆発力が聴く者の耳を捉えて離さないYaffle流ダブステップ・ナンバーとなっている。また今作もアートワークを手掛けるのはTokyo Recordingsの朋友、OBKR(小袋成彬)。


この曲についてYaffle、そしてEliaがコメントを寄せている。




「パリのBecause Music のスタジオでEliaと一緒に書いた曲。いくつかのデモを聞かせて彼女が一番気に入ったビートを元に作った。前日にStrasberg St. Denis(ストラスブール=サン=ドニ)のAirbnbのキッチンでベースラインを思いついた。街の雰囲気に結構引っ張られた気がする。真っ暗闇で踊っている女性のイメージ。」(Yaffle)



 

「私がこの「À l'envers」を書いたのは、落ちるという事は、実は深く上がっていくことだと逆説的に理解した時でした。恋に落ちる時、自分の情熱が負ける時、あなたは成長する。失うことを恐れると、勝者にはならない。Yaffleと会った時、私は彼が勝者に見えた。フランス語は分からないけど、フランス語で詞を書かせてくれた。すぐに私は彼のエネルギーを感じた。オーガニックとエレクトロニックをミックスする彼のユニークな手法、そして彼のクレイジーさ。だから" Viens danser au son de ma perte (来て、私の壊れる音で踊って)"というフレーズが出てきたの。このプロジェクトに関われて本当に感謝しているわ。リスナーの皆さんには私と同じくらいこの曲を楽しんでもらって、両手を広げることがあまりない、この厳しい時に、私たちが送る愛と信念を受け止めて欲しい。」(Elia)


これまでもFabienne Débarreとフランス語曲「La Nuit」やRaphael Gualazziとのイタリア語曲「UNIKA」をリリースしているが、英語がベストなのではなく、フィーチャリングしているアーティストの母国語の方がより歌の持つ感情が伝わるだろうというYaffleならではの判断で非英語曲もリリースしてきており、結果、これらの楽曲も多くのリスナーを獲得している。


楽曲タイトルのコンセプトに合わせたリリック・ビデオの制作が現在、スペインのバルセロナで行われており、近日公開予定。そして待望のデビュー・アルバム発売も間もなくアナウンスされることとなっている。



また、7月17日(金)からSpotifyにてPre-saveサービスがスタート。

 前作「Lost, Never Gone feat. Linnéa Lundgren」のリリースを皮切りに、活発な動きを見せるYaffle。今後予定されているアルバムを含め、どのようなリリース展開がなされるか、期待が高まる。





【リリース情報】




Yaffle


<New Digital single>

“À l'envers feat.Elia”


Label: Picus Records/Caroline International

Artwork by OBKR (Nariaki Obukuro)

2020.7.31(金)Release

Pre-save https://umusic.digital/fkaxgc

 


【PROFILE】


Yaflle(ヤッフル)

東京都出身。小袋成彬氏と共にTokyo Recordingsの設立したメンバーの一人。その感度の高いプロデュースワークで、小袋成彬、藤井 風、iri、Syrup、SANABAGUNの高岩遼、Capeson、柴咲コウ、adieuらのアレンジや楽曲提供から、CM、映画『響』、『ナラタージュ』などの音楽制作等、幅広く活躍する気鋭のソングライター/プロデューサーである小島裕規。自身のアーティスト・プロジェクトでは海外アーティストとのライティング・セッションで生まれた楽曲を2018年からリリースを始め、国内外で注目を集める。


-プロデュース・ワーク 代表作品(国内アーティスト)-

藤井 風 「優しさ」「何なんw」 小袋成彬 「Lonely One feat. 宇多田ヒカル」

Iri 「Clear color」「東へ西へ」「Slowly Drive」「Only One」「Rhythm」「Corner」

高岩 遼 「ROMANTIC」「Black Eyes」 SIRUP 「Synapse」 Dean Fujioka「Made In JPN」 Awesome City Club 「Cold & Dry」 SHE'S 「Clock」 Crystal Kay「3月9日」

adieu 「強がり」「花は揺れる」「ナラタージュ」 Rihwa「一秒」

柴咲コウ「そして僕は途方に暮れる」「黄昏のビギン」 etc. Spotifyでプレイリスト公開。



Instagram https://www.instagram.com/yaffl3/

Twitter https://twitter.com/YAFFL3


Spotify

https://open.spotify.com/artist/2BbGifSrMGEgvUXLypUWzV?si=DQ3H5E4KTYCICV1-p6y82w

Apple Music https://music.apple.com/jp/artist/yaffle/1156875724

YouTube Picus Records https://www.youtube.com/channel/UCzr5-d6S0NBr_IxaultNgSg

YouTube Tokyo Recordings https://www.youtube.com/user/tokyorecordings



Elia(エリア)

ロシアとチュニジアの血が流れる、映画音楽家の父親の元に生まれたEliaは子供のころから音楽に囲まれ、ミッシー・エリオットやMIAを聴いて育った。パリの音楽学校でクラシックのハーモニーとソングライティングを学んだ彼女は、フランス語曲のリリシズムとヒップホップのフロウを兼ね備えたパリジャン・ポップの期待の新星と呼ばれている。2019年にシングル「Aurore」でMercury Franceからメジャー・デビュー、同年にEP『Elia』をリリース。


Instagram https://www.instagram.com/elia.music/

Facebook https://www.facebook.com/Elia.music1/

Spotify https://open.spotify.com/artist/5KbznS5SUZOb7skpdIO9J6?si=8ltLaPzeT-yWs_I9FY5y3w


Caroline International:https://carolineinternational.jp





SHARE