90年代に活躍したThree 6 Mafiaのネタが大ブーム。「Who Run It」リミックスを制するのは誰だ?

Three 6 Mafiaの名曲「Who Run It」が19年の時を超え大ブーム。G Herbogaリミックスで始まったこの大流行はどこへ行く?
SHARE
2018.05.04 03:30

今年に入ってから1991年の結成以来メンフィスを拠点に活動するHIP HOPグループ、Three 6 Mafia(スリー・6・マフィア)の名前を聞くことが多くなった。理由はいくつか挙げられるが、「Who Run It」リミックスの影響であるのは間違いない。




1999年にリリースされたこの曲だが、19年の時を超えてこのビートが今ノリに乗っている。



ブームのきっかけとなったG・ハーボ(G Herbo)によるリミックス




彼が「Who Run It」リミックスを発表した直後、多くのラッパーが「Who Run It」のビートをジャックし、彼のように世に送り出した。


例を挙げると、Lil Yachty&Trippie Redd(リル・ヨッティ&トリーピー・レッド)、21savage(21サベージ)、Lil Uzi Vert(リル・ウジ・バート)、Juicy J(ジューシJ)などだ。


DJ Paulは今回のThree 6 Mafiaの流行を誇らしく思っているとも


Three 6 MafiaのDJ Paul(DJ ポール)は今回の流行に非常に前向きな意見を持っており、彼らのそういった姿勢がメンフィスサウンドを再興させた理由の一つなのかもしれない。


現在のシーン全体を見てもメンフィスサウンドの影響力は大きく、それらをサンプリングした多くの曲がヒットチャートに登ってる。


同じメンフィス出身のProject Pat(プロジェクト・パット)の「Out There」をサンプリングした、BlocBoy JB(ブロックボーイJB)の「Look Alive」。Rae Sremmurd(レイシュリマー)の「Powerglide」 はThree 6 Mafiaの「Side to Side」からサンプリングしている。



2018年ダントツで引用されたのはこの曲「Slob On My Knob」




Juicy Jが高校2年生の時に書いたというこの曲は、2018年もっとも影響を与えた曲のうちの一つだろう。2000年以前に発表されたこの曲が、今でも注目され続けているのは、ヒップホップカルチャーの素晴らしい面だ。


サウンド面では、G Eazy(Gイージー)の「No Limit」やA$AP Ferg(エイサップ・ファーグ)の「Plane Jane」がこの曲をサンプリングし大ヒットした(それぞれHot 100で4位と26位を記録した)。


また、ブラックパンサーのサウンドトラックに収録されている「King's Dead」でFuture(フューチャー)が強烈なリリックを残している。同曲を引用した"La di da di da, slob on me knob"という歌詞は、多くのリスナーに衝撃を与え大量のネタ動画が投稿された。以下は"La di da di da,  slob on me knob"が10時間流れるだけの動画。




メンフィスサウンドの再興は今がピークなのだろうか? それともこれからその影響は広がっていくのだろうか? さらなるThree 6 Mafiaのサンプリング曲が出てくるのだろうか? 2000年周辺以降のサウスが好きな人にとって、2018年は大きな収穫のある年になりそうだ。


written by Yoshito Takahashi


source:

http://www.thefader.com/2018/04/10/dj-paul-who-run-it-challenge-three-6-mafia-interview 

https://www.hotnewhiphop.com/who-run-it-challenge-vote-for-your-favorite-news.48975.html 

https://revolt.tv/stories/2018/04/11/dj-paul-6-mafia-forever-origin-whorunit-challenge-070040d435 

https://www.rollingstone.com/music/features/slob-on-my-knob-juicy-j-jay-rock-kendrick-lamar-future-kings-dead-w518095 


photo: Three 6 Mafia Facebook

SHARE