Andrew Weatherallの900時間、85GBにも及ぶDJミックスがファンによって公開

1988年から2020年の間に制作された音源をファンがGoogle Drive上にアーカイヴし公開した。
SHARE
2020.02.26 04:00

今月、訃報が報じられたUKの最重要DJ/プロデューサーのAndrew Weatherallが手がけたDJミックスがファンによって、オンライン上で公開された。



900時間にも及ぶAndrew WeatherallのDJミックスアーカイヴが公開 


公開されたDJミックスは、1988年から2020年にかけてAndrew Weatherallが手がけたスタジオ・ミックス音源、ライヴ音源、ラジオ音源などで、全部で900時間にも及ぶ。現在、それらの音源は「The Weatherdrive」という名前がつけられており、年代や年次ごとに細かくフォルダ分けされ、Google Drive上で公開されている。

  


最初の1988-1994フォルダには活動初期からレイヴ期の音源、00年代フォルダにはヨーロッパ各地でのギグのものやRinse FMでのミックス、FabricのDJミックスシリーズ『Fabric 19』のトレイラーミックス、10年代のフォルダにはBBC Radio6、NTSのレジデンシー番組『MUSIC'S NOT FOR EVERYONE』のものなど、各時代ごとの重要なDJミックス作品を多数アーカイヴ。


また「The Weatherdrive」にはDJミックス以外にトラックリスト、ファンがピックアップしたAndrew Weatherall出演イベントのフライヤー、ファンアート、メディアのインタビューなどもコレクションされており、Andrew Weatherallの軌跡を辿ることができるアーカイヴになっている。



カセットでラジオ番組を録音していたから現在までに及ぶAndrew Weatherallキャリア 


「The Weatherdrive」制作監修した熱狂的なファンのMartin Brannaganは、カセットでラジオ番組を録音していた時代からミックステープ、CD-R、インターネット初期のストリーミング・ラジオ、そして今日のすべてのラジオ番組がストリーミングされ、ギグの翌日にそのサウンドボードも聴ける時代にまで及んでいると声明で、Andrew Weatherallのキャリアについて語っている。  


なお、「The Weatherdrive」は先述のとおり、900時間にも及ぶ膨大なDJミックスが収録されており、容量もまた85GBと非常に大きいものになっている。ちなみに個人的に気になったのは、The Sabres Of Paradise、Two Lone SwordsmenといったAndrew Weatherall関連ユニットの音源も収録した未発表作品フォルダだ。  



ただ、現在は残念ながらダウンロードの制限数に達したため、ダウンロード不可となっているが、近いうちに再開されることに期待したい。 


関連記事:Andrew Weatherall追悼、クラブとロックをつないだ名リミックス、プロデュース作品を振り返る


written by Jun Fukunaga 


source: 

https://mixmag.net/read/andrew-weatherall-dj-mix-tracks-best-recordings-live-news


photo:  Prescription PR, The Weatherdrive



SHARE