日本人ダンサー、リエ・ハタもノミネート! MTV VMA 2019のノミネーションが発表

Ariana Grande、Taylor Swiftが10部門で最多ノミネート! 今年からは2部門が追加された注目の音楽賞。
SHARE
2019.07.26 08:00

毎年ファン投票によって、その1年の優秀なミュージック・ビデオ、アーティストが選ばれる、MTV主催のMTV Video Music Awards(以下VMA)。今年はアメリカの俳優/コメディアンのSebastian Maniscalco(セバスティアン・マニスカルコ)が司会を務める。全20部門の中から注目の作品、アーティストをピックアップしていこう!






最優秀ビデオ賞(VIDEO OF THE YEAR)


今年最多10部門でノミネートされたAriana Grandeは「thank u, next」でTaylor Swift(テイラー・スウィフト)は「You Need to Calm Down」でそれぞれノミネートされている最優秀ビデオ賞で注目の作品は、7月4週目の時点でビルボード・チャートでも2位につけているBillie Eilish(ビリー・アイリッシュ)の「bad guy」。カリフォルニア出身の若干18歳の彼女は2016年にシングル「Ocean Eyes」をサウンドクラウド上で発表し、MVがYouTubeではすでに1億回以上の再生数と注目の新人シンガーで、彼女は最優秀アーティスト賞(ARTIST OF THE YEAR)にも選ばれている!


対抗馬としてはやはりLil Nas X(リル・ナズ・X)ft, Billy Ray Cyrus(ビリー・レイ・サイラス)の「Old Town Road (Remix)」が有力か。こちらの曲も7月4週目でビルボード・チャート16週連続1位を獲得しており、新記録に迫る勢いだ。




日本人ダンサーもノミネート!


そして日本人として嬉しいニュースも。ダンサーで振付師のリエ・ハタが、BTS ft, Halsey(ホールジー)「Boy With Luv」で最優秀振付賞(BEST CHOREOGRAPHY)にノミネートされているのだ! 過去にはLady Gaga(レディー・ガガ)、Chris Brown(クリス・ブラウン)とも共演している彼女は今や世界中で注目されるダンサーの1人。


BTS「Boy With Luv」は他にも最優秀アートディレクション賞(BEST ART DIRECTION)、最優秀コラボレーション賞(BEST COLLABORATION)、そして今年から追加された最優秀K-POP・ビデオ賞(BEST K-POP)にもノミネートされており、それだけの注目作品に日本人が参加しているとは、なんとも誇らしい!





新たに追加された2部門


今年のVMAでは従来の部門に加え、先述した最優秀K-POP・ビデオ賞、そしてVideo for Good(ビデオ・フォー・グッド)の2部門が追加された。Video for Goodとは音楽、MVをプラットフォームにポジティブなメッセージを伝える楽曲に送られる賞だと発表されており、block.fmの記事でも紹介した地球環境問題をテーマにしたLil Dickyの「Earth」もノミネートされている。


すでに存在する最優秀ラテン・ビデオ賞(BEST LATIN)もそうだが、こうした世界の音楽シーンに合わせた新たな部門が設立されるあたり、さすがはMTV主催の信頼のおける音楽賞だと言えるだろう。




授賞式は現地時間8月26日にニュージャージー州で開催される。果たして今回紹介した楽曲が受賞することになるのか、楽しみだ!




written by BsideNews


source:

https://hiphopdx.com/news/id.52216/title.2019-mtv-video-music-awards-nominations-are-in

https://www.billboard.com/articles/news/awards/8523505/mtv-vmas-introduce-best-k-pop-and-video-for-good-categories


photo: www.mtv.com

SHARE