イラストレーター空山基がデザイン。「日本をディスっていない」とラッパーのTygaが物議を醸したアルバムジャケを説明

アルバム名は『Kyoto』、デザインはAerosmithのアルバムも手がけた日本人イラストレーターの空山基
SHARE
2018.02.15 08:00

ラッパーのTyga(タイガ)が、2月16日にリリースする新作アルバムのジャケットのデザインが物議を醸している。  


デザインに対し日本ディスだという意見が噴出  


その新作アルバムには『Kyoto』というタイトルが付けられ、ジャケットには日本の国旗「日の丸」と虎のような獣人女性をフィチャーしたデザインになっている。しかし、その女性キャラのデザインは女性器が露わになっているなどポルノアニメのジャンル「Furry Porn」を思わせるため、日本をディスっているという批判的な意見がネット上で噴出。そのため、物議を醸すことに。



これに対し、TygaはTMZのインタビューで、デザインは確かに自分の好きな日本人デザイナーが手がけたものだが、日本国旗を思わせる日の丸風のものについてはあくまで朝日であり、日本国旗ではないと否定。世間が考えているように日本国旗や日本をディスるものではないことを改めて強調した。 




『Kyoto』には、Gucci Mane、Tory Lanez、24hrs、Ashantiが参加している。



手がけたのは日本人イラストレーター空山基  


このデザインを手がけたのは日本の有名イラストレーターの空山基だ。その作風はマリリン・モンローにインスパイアされたセクシーな女性ロボットやメタリックな美女をモチーフにした独特なもので世界的にも評価されている。またそれ以外にもソニーの犬型ロボットのAIBOのデザインや大御所ロックバンドのAerosmithのアルバム『Just Push Play』のジャケットデザインなども手がけている。



Photo: Discogs


今回のデザインに関してHighsnobietyが空山基に行ったインタビューによると、彼のギャラリーのバンコク支店を運営するパートナーがTygaと知り合いで、そのことから空山作品のファンになり、それがきっかけでTygaがデザインをオファーしたとのこと。空山自身はヒップホップを聴くわけではなかったものの、Tygaの作品を聴いてみたら気に入ったため、オファーを快諾。デザインに関してTyga側からの要望はなかったという。。



このことから考えるとTygaが否定したようにデザインは特に日本をディスるようなものではないと思えるが、内容が過激なだけに先述のような批判的な意見も出てきたということなのではないだろうか? 


人によっては意見が分かれるこのデザイン。日本に住む日本人の視点からは海外の反応とはまた違った意見も出てきそうだ。

参考:

http://www.xxlmag.com/video/2018/01/tyga-kyoto-album-cover-furry-porn/

http://www.tmz.com/2018/01/24/tyga-defends-explicit-kyoto-album-cover

https://www.highsnobiety.com/p/hajime-sorayama-interview-tyga-album-cover/

https://en.wikipedia.org/wiki/Hajime_Sorayama



Written by Jun Fukunaga

Photo: XXL

SHARE