ダンス指数高め! パソコン音楽クラブ、TREKKIE TRAXらがリミックスしたNative Rapper『TRIP Remixes』を聴く

他にはBatsu、ゆnovation、has&Mono Drumといった豪華な面々による個性豊かでNative Rapper愛に溢れたリミックスを収録。
SHARE
2019.05.31 03:00

京都在住のトラックメイカー&シンガー・ソング・ライター、Native Rapper(ネイティヴ・ラッパー)のデビュー・アルバム『TRIP』がTREKKIE TRAXレーベルから3月にリリースされたが、その第2章となるREMIX集が5月31日(金)にリリース。





参加アーティストによるNative Rapper愛が尊い。パソコン音楽クラブ、TREKKIE TRAXなど気鋭リミキサーが集結

以前レビューを書かせてもらったNative Rapperのアルバム『TRIP』のREMIXバージョン『TRIP Remixes』がリリースされた。


▶関連記事

エモくてポップなサウンドに病みつき。Native Rapper『TRIP』は歌って踊れる傑作



リミキサーとして参加しているのは、tofubeatsへのRemix提供や、昨年リリースした1stアルバム『DREAM WALK』が好評の関西を拠点に活動するパソコン音楽クラブ、同じく関西を拠点に活動するBatsu(バツ)、その活動領域は国内に留まらずグローバルな広がりを見せ続け、Native Rapperの『TRIP』を世に送り出したミュージックレーベルTREKKIE TRAX主宰の4名によるサウンドユニットTREKKIE TRAX CREW(トレッキー・トラックス・クルー)、鍵盤ハーモニカを操り作曲からマスタリング、ラップまでこなすマルチクリエーター、ゆnovation(ユノベーション)、そして都内を中心にさまざまなベニューでプレイし、ダンスフロアのクラウドを涌かせているhas(ハス)&Mono Drum(モノドラム)と豪華な顔ぶれが集合。いずれもNative Rapperと交流を持つ、気鋭のアーティストたちである。





個性豊かでダンス指数高め


オリジナルとのいちばんの違いは、ぞれぞれのリミキサーによって、よりダンサブルになりフロア仕様へと変貌した楽曲群。歌って踊れた『TRIP』の“踊れる”要素がより強めになっている。


タイトルトラックである「TRIP」はパソコン音楽クラブが手がけ、トランシーでレイヴィーなハイテンション「TRIP」へとリボーンしている。心拍数上昇必至のバンガートラック、これはアガる。


チルベースなトラックにポップなメロディを乗せた「Like a Swimming Pool」はTREKKIE TRAX CREWの手によって、低音マシマシの骨太なフューチャーベースに。フロアで食らったら卒倒しそうだ。


Batsuはシンガーソングライターlulu(ルル)をフィーチャーした切ないラブストーリーが展開される「今更」をリミックス。ポップな音色を取り入れつつ、哀愁が漂うドラマチックなトラックが、2人のすれ違っていく心境をより鮮明に描写する。朝方に酔っぱらって聴いたらマジで泣いてしまうかもしれない。


『TRIP』収録「Grand Melodica」で共演したゆnovationは「Swag Girl」をリミックス。ゴスペルチックなブラスの音が特徴的なオリジナル版のポップな雰囲気はそのままに、ゆovationの十八番である鍵盤ハーモニカの音が印象的な楽曲となっている。


ちなみにこれは余談だが、ゆnovationが『TRIP』でfeat.した「Grand Melodica」のMelodicaはドイツ語で鍵盤ハーモニカを意味する単語だ。鍵盤ハーモニカとは、僕が小学生のころ“ピアニカ”と呼んでいたものである。ピアニカはヤマハ、東海楽器の商品名であり、鍵盤ハーモニカが一般呼称とのこと(調べました)。人によっては“メロディオン”と呼ぶこともあって、こちらは鈴木楽器の商品名なのだ。


最後はフロアを盛り上げる名手、hasとMono Drumによる「Water Bunker」。チルトラップなオリジナル曲を2step仕様にリミックス。美しいピアノのメロディを取り入れ、アーバンな夜の街と薄暗いダンスフロアが似合う楽曲に仕上がっている。


Native Rapperへのリスペクトと愛情を感じるアルバム


歌って踊れるポップさはそのままに、気鋭アーティストによるさまざまなサウンドがコンパイルされたリミキシーズアルバム、ということでそれぞれの個性が活かされたトラックも聴きどころではある。


しかし、しっかりとNative Rapperのボーカルを立たせた構成のリミックスになっており、個人的にはオリジナルよりも歌や歌詞が聴きやすくなっているような印象の楽曲もあった。

参加したリミキサーたちのNative Rapperへの敬意や愛情が垣間見えるとともに、『TRIP』オリジナルに満載されていたラブリーなバイヴスを今作でも感じ取ることができた。


『TRIP』から抽出されたエッセンスを基に、それぞれのリミキサーが楽曲の新たな表情を見せてくれたリミキシーズアルバムは令和のサマーシーズンを鮮やかに彩ってくれる1枚だ。





▶『TRIP Remixes』

Native Rapper


1. TRIP (パソコン音楽クラブ Remix)

2. Like a Swimming Pool (TREKKIE TRAX CREW Remix)

3. 今更 feat. lulu (Batsu Remix)

4. Swag Gril (ゆnovation Remix)

5. Water Bunker (has & MonoDrum Remix)


・配信/ダウンロードURL

http://smarturl.it/NRTripRemixes

・iTunes

https://music.apple.com/jp/album/trip-remixes-ep/1463922677

・Spotify

http://open.spotify.com/album/6G00dtJdSdfH0tz8gEySuB

・Bandcamp

https://trekkietrax.bandcamp.com/album/trip-remixes




▶Native Rapper

これまで東京を中心に世界に向けて活躍するダンスミュージックレーベルTREKKIE TRAXより2枚のEPをリリースし、着実にファンベースを拡大しつつある京都在住のトラックメイカー・シンガーソングライター。これまでリリースされた代表曲4曲と、書き下ろし新曲8曲、そしてRemix1曲を収録した1st フルアルバム『TRIP』を2019年3月13日に同レーベルから全国流通にてリリースした。

まさに彼の集大成とも言えるフルアルバム『TRIP』は、Native Rapperの特徴とも言える、自身で作曲・作詞・歌唱を行うという、全ての制作を1人で完結しているからこそ出来るジャジーでメロウでダンサブルな世界観の表現が評価されている。世界中を見ても数少ない、フューチャーベースを貴重としたシンガーソングライター Native Rapperが提示する次世代の音楽は必聴である。 


http://www.trekkie-trax.com/ep/trip/




▶パソコン音楽クラブ

2015年結成。"DTMの新時代が到来する!"をテーマに、ローランドSCシリーズやヤマハMUシリーズなど90年代の音源モジュールやデジタルシンセサイザーを用いた音楽を作っています。2017年に配信作品『PARKCITY』を発表。tofubeatsをはじめ、他アーティスト作品への参加やリミックス、演奏会、ラフォーレ原宿グランバザールのTV-CMソングなど色々な分野で活動。2018年に自身初となるフィジカル作『DREAM WALK』をリリース。


http://pasoconongaku.web.fc2.com/Index.html




▶TREKKIE TRAX CREW

TREKKIE TRAXは2012年に日本の若手DJが中心となり発足したインディーレーベルである。 これまでのテンプレートに囚われない様々な音楽を世界に向けて発信することを指針とし、全国各地で活動しているトラックメーカーとともに楽曲リリースを行っている。 


レーベル発足よりこれまで50作品を超えるリリースをリリースし、その楽曲のクオリティの高さは日本だけでなく、世界中から賞賛を受けている。 

これまでSkrillex,Diplo,Major Lazer, Porter Robinson, Mija, RL Grime, Djemba Djemba, Carnage, Wave Racerなど名だたるDJ達からサポートを受けており、2015年に開催されたULTRA JAPAN 2015ではメインフロアにて多くの楽曲がプレイされるだけでなく、レーベルから2名のアーティストが出演した。 


またレーベルの総決算してリリースされた「TREKKIE TRAX THE BEST 2012-2015 (CD)」が世界最大の音楽メディア「Pitchfork」へレビューが掲載されスコア【7.2】を獲得するほか、Skrillexが主宰する「NEST HQ」での特集記事やMini Mixのリリース、LuckyMe Recordsがホストを務めるRinse.fmのプログラムでのレーベルが特集ほか、 「BBC Radio 1Xtra」 や「Triple J Mix Up」でも楽曲がプレイされるなど各国のメディアに大きく取り上げている。 


2016年にはレーベルのコアアーティストと共に3都市6公演のアメリカツアーを成功させるほか、Porter Robinson & Madeon - Shelter Live Tourのアフターパーティーにも出演を果たした。 

他にもアメリカ・テキサス州で開催された「South by Southwest 2016」への出演やPC Music、Lido、DJ Paypal、Muchinedrum、Addison Groove、DJ Sliinkなどその他多くのアクトの海外公演のサポートを務めるほか、アメリカ・中国・韓国などでもツアーを行い多くの世界中のファンを熱狂させている。 


日本国内ではm-floのTaku Takahashiが局長を務める日本最大のクラブミュージックインターネットラジオblock.fmにてクルーのandrew, Carpianter, Seimeiによるプログラム「TREKKIE TRAX RADIO」のホストを務める。 

またHyperdub Label Showcaseへの出演を筆頭とする来日アクトのサポートや、Nina Las Vegas、Lucky Me Records所属のJoseph MarinettiやDeon Customのアジアツアーの主催、自身のレーベルの全国ツアーなど積極的に自主企画を行うほか、アパレルブランド「THE TEST」のコラボなどその精力的な活躍は今後の日本のユースシーンを牽引する今最も注目すべきレーベル、DJ集団と言える。


http://www.trekkie-trax.com/


▶block.fm Program

『TREKKIE TRAX RADIO』EVERY WEDNESDAY 20:00〜21:00

https://block.fm/radios/536


written by Tomohisa“Tomy”Mochizuki


photo:Native Rapper Twitter




SHARE