グラミー賞受賞デュオ・twenty one pilotsの歴史やおすすめアルバム

2013年ブレイクの大人気バンドtwenty one pilots!!
SHARE
2018.05.09 10:44



イケメン男性2人から成るアメリカのデュオ


Tyler JosephとJosh Dunのイケメン男性2人から成るデュオ・twenty one pilotsは、2009年に自主制作CDでデビュー。そして4thアルバムのヒットにより、2017年2月開催の第59回グラミー賞では見事に最優秀ポップデュオ(グループ)パフォーマンス賞を受賞した注目のデュオである。




twenty one pilotsの結成と初期の活動


twenty one pilots(トゥエンティ・ワン・パイロッツ)は、現メンバーのTyler JosephとJosh Dunの2人、そして2011年に脱退したNick Thomas、Chris Salihという計4人のアメリカ人男性によって結成された。現メンバーの2人に関して説明すると、まず出身は2人ともオハイオ州出身で、生まれ年は1988年生まれである。パートとしてはTyler Josephがボーカルやキーボードなどを担当し、Chris Salihがドラムを担当する。ビジュアル的には2人とも相当なイケメンで、今後も女性人気がますます上がっていくことに疑いの余地はない。バンドの歴史としては、2009年にTyler Joseph、Nick Thomas、Chris Salihの3人によってオハイオ州のコロンバス市という自動車工業都市にて「twenty one pilots」スリーピースバンドが結成される。そして、2009年に自主制作で1stアルバム「Twenty One Pilots」をリリースするが、学業専門などの理由でNick Thomas、Chris Salihの2人が脱退。メンバーがTyler1人のみになってしまってバンドは存続の危機を迎えたが、別のバンドのサポートドラマーをしていたJosh Dunが加入したことによって危機を乗り越える。



2013年にブレイク


2人体制となったtwenty one pilotsは、2011年夏に2ndアルバム「Regional at Best」を発表。ただし、この作品も自主制作だったため思うように売れずにバンドはしばらく低迷を続けるが、2012年にアメリカのメジャーレーベルと契約することに成功。そして、このレーベルから2012年夏にシングルをリリースしたのち、2013年1月に3rdアルバム「Vessel」をリリースすると、このアルバムが全世界でヒットしてアメリカだけで100万枚を超えるセールスを記録。


このアルバムのヒットによって世界的に有名になったtwenty one pilotsは、2014年から2015年にかけて次々に大ヒットシングルを生み出す。その中でも、2015年4月に発表されたシングル「Stressed Out」は全米2位を獲得したほか世界中でチャート上位にランクインし、一番売れたアメリカでは250万枚以上を売り上げた。またこのシングルのヒットにより、翌月発売された4thアルバム「Blurryface」も全米1位を獲得し、アメリカで150万枚以上のセールスを記録。さらに2017年2月開催の第59回グラミー賞では、大ヒットシングル「Stressed Out」にてあのRihannaやThe Chainsmokersを抑えて見事に最優秀ポップデュオ/グループ・パフォーマンス賞を受賞した。


wenty one pilots: Stressed Out



twenty one pilotsのおすすめアルバム


twenty one pilotsのアルバムをまだ聴いたことがない人向けにどれか一つおすすめアルバムを挙げるとすると、やはり2015年にメガヒットした「Blurryface」が挙げられる。このアルバムにはまず「Stressed Out(グラミー賞受賞曲)」「Ride」「Tear in My Heart」など、クオリティの高いシングル曲が5作品も収録されていて大変お買い得だ。さらに、売り上げが高いだけでなくファン・批評家からの評価も極めて高いため、初めて聴くアルバム・初めて買ってみるアルバムとしては絶好の作品といえる。




Photo: https://www.facebook.com/twentyonepilots/


Written by 編集部



SHARE