星野源とのコラボも話題のTom Misch、初期作品『BEAT TAPE 1』に未発表曲を追加し公式リリース!

完全未発表曲「Marrakech」も追加収録し、その才能を開花させたセルフリリース作品のデジタル配信がスタートした。
SHARE
2019.12.20 12:30

昨年リリースしたデビュー・アルバム『Geography』が大ヒットを記録し、今年はGREENROOM FESTIVAL ‘19への出演と単独公演でもファンを沸かせたのTom Misch。また日本テレビ系「スッキリ」や、星野源のEP『Same Thing』にプロデューサーとしての参加やツイッターのトレンド世界1位を獲得し話題となった音楽番組『おげんさんといっしょ』(NHK)でも取り上げられなど、今年は日本でその知名度も大いに広げたことも記憶に新しい。



完全未発表曲「Marrakech」を追加収録した初期作品が公式リリース!  


このように日本でも注目度も急上昇する中、当時、若干19歳にして非凡な才能でシーンに衝撃を与えた2014年のセルフリリース作『BEAT TAPE 1』が、完全未発表曲「Marrakech」を追加収録した形で待望の公式リリースが決定。本日よりデジタル配信がスタートした。





現在のTom Mischに通じる魅力的な音源全19曲を収録  


作曲から演奏、ミックス、マスタリングまで、全てを自身が行なった完全セルフプロデュース作品である本作では、J Dillaを敬愛する彼らしく、ジャズ、ソウル、ヒップホップを融合した洒脱なサウンドで、現在のローファイ・ヒップホップ・ムーヴメントを予見するかのようなビートメイカーとしての秀でた感性を見せつけている一方、今や新世代のギターヒーローとしても注目される彼が、この時点ですでにギタリストとしても完成していたことを感じさせるギタープレイも随所に楽しめる全19曲を収録。そのため、現在のTom Mischに通じる魅力的なサウンドとその才能を開花させた貴重な1枚として楽しめる作品になっている。 


なお、現在は先述のとおり、デジタル配信で本作を楽しむことができるが、3月27日 (金) には、CDとLPでも発売が決定。フィジカル盤で初期Tom Mischサウンドを楽しみたい人はそちらのリリースもお楽しみに! 


written by Jun Fukunaga



SHARE