Tohjiがトランシーなニューシングル「Oreo」をリリース。Mall BoyzによるMVも同時公開

夏の終わりを感じさせる軽快でトランシーなトラックは、数年ぶりとなるTohji自身によるもの。
SHARE
2020.09.17 15:40

2019年から2020年にかけてシーンを問わず最も注目され、圧倒的な存在感で同世代から強く支持されるTohji。約1年ぶりのリリースとなった前作「プロペラ」では、キッチュで荒いCGベースのMVと独特のサウンドで日本のヒップホップ/トラップに新たな価値観を提示したが、本作はそれに続く2つ目のシングル。


5月にYoutube上で公開された「on my own way -mall screw mix-」や6月にSoundCloud上でリリースされた「White Dolphins」に続くようなアンビエントな想像力を持ちながら、夏の終わりを感じさせる軽快でトランシーなトラックは、数年ぶりとなるTohji自身によるもの。Co-producerとしてMURVSAKIの名前も。アートワークは前回同様eternalusaが担当し、同時公開されたMVはMall Boyzのメンバーによる。



既存の枠組み囚われない実験的なサウンドや独自のビジュアルは、既にFADERなどを含む海外メディアにも取り上げられており、グローバルなアーティストと自在に交流しながら活動するTohjiが新たな局面を迎えつつあることを感じさせる。


常にファンの期待を超えるTohjiの動きに今後も目が離せない。





【リリース情報】




アーティスト:Tohji

タイトル:Oreo

リリース日:2020年9月18日


各種配信サービスにてリリース

https://linkco.re/3qmu6yta


【プロフィール】

 



Tohji/アーティスト

ハードとメロウを併せ持つ奔放な音楽性で、東京のユースを中心に同世代から熱狂的な支持を集める。

「Higher」の大ヒットを皮切りに、1st Mixtape「Angel」リリース、Mall Boyzとして初の全国ツアー開催を経て2019-2020年にかけて同世代で最もその動向が注目されるヒップホップアーティストに成長。

その後も小袋成彬やkzmなどとコンスタントに新曲を発表し、ヒットを続ける。4月にはロンドンのアンダーグラウンドパーティKeep Hushにヘッドライナーして出演し、ストリーミングサーバーをダウンさせるなど、国境やジャンルの垣根を超え、同世代のアイコンとして唯一無二の存在感を放ち続けている。


Twitter:https://twitter.com/_tohji_

Instagram:https://www.instagram.com/_tohji_/





SHARE