ファッション界も注目のThe xxがビームスとのコラボで日本のファン歓喜!

ファッション界との親和性の高いThe xxが作り出すアパレルアイテムは必見!
SHARE
2018.05.12 07:40



2017年、The xxとビームスのコラボアイテム第1弾をリリース


2017年7月、ビームス(BEAMS)がイギリスの The xx(ジ・エックス・エックス)とのコラボ・アイテムを発売した。Tシャツやサコッシュなど、白や黒を基調としたシンプルでストリート感もあるカジュアルウェアだ。発売当日は、ビームス原宿でサイン会も開かれた。




The xxとファッション界との親和性


The xxはロンドン出身、3人組のポスト・ポップバンドだ。構成は女性1人に男性2人。女性のロミー・マドリー・クロフトはヴォーカルとギター、オリヴァー・シムはヴォーカルとベース、そしてジェイミー・スミスはビートプロダクションを担当している。2005年、幼馴染だったロミーとオリヴァーが16歳の時に結成。2009年にデビューした際には4人体制だったが、2009年に1人が健康上の理由で脱退し、現在の3人体制になった。オリヴァーは過去にゲイであるとカミングアウトしたこともある。


The xxが2017年1月にリリースした3rdアルバム「I See You」。これが全英チャートで1位、全米チャートで2位を獲得し、大ヒットとなった。先のビームスとのコラボ商品のTシャツの胸や袖にも「I See You」の文字がプリントされており、メモリアル的なデザインにもなっている。


以前からThe xxはファッション界からも注目されていた。2016年にはオリヴァーが、アラン・ドロンの息子でモデルのアラン=ファビアン・ドロンやヴィクター・ニランデルらと共に、ディオール・オムのモデルに抜擢されたのだ。

2017年に公開された「I Dare You」のMVでは、カルバン クラインのチーフクリエーティブオフィサー、ラフ・シモンズとコラボし、新進若手女優のミリー・ボビー・ブラウンやマイケル・ジャクソンの娘であるパリス・ジャクソンら豪華メンバーが出演したことでも話題になった。


The xx - I Dare You



また、写真家アラスデア・マクラレンがThe xxのシングル曲「On Hold」のMV撮影時に撮った写真で構成されたフォト・ブック「IT COULD BE LOVE」も発売された。アラスデア・マクラレンは、ルイ・ヴィトンやミュウミュウといったハイブランドからストリートブランドまでを幅広く手掛ける超一流ファッションフォトグラファーである。





The xxがこんなにファッション界から興味を持たれるのは、メンバー自身の魅力は勿論のこと、彼らが創り出す洗練された楽曲がクリエイターのインスピレーションを刺激するのだろう。The xxとビームスとの関係だが、ロミーは以前からビームスの存在は知っていたという。そのブランドイメージは「クール」。普段から黒一色のファッションに身を包むことが多いロミーには、ビームスで好きなテイストの服があり、日本を訪れた際にビームスで刺繍入りのアイテムを買ったこともあるという。

元々、日本のファン達と繋がりたいと思っていた彼らは、若者に人気のビームス側からのラブコールに応えたのである。



2018年、The xxとビームスのコラボアイテム第2弾をリリース




2018年2月、The xxは東京の幕張メッセイベントホールと大阪のZEPP OSAKA BAYSIDEでライブ「I See You Tour」を開催した。そのツアーに先掛け、2018年1月に第2弾となるコラボアイテムがリリースされた。


The xxのイメージカラーである黒をメインに使ったコンセプトは第1弾と同じだが、今回はアイテムの種類も増え、ちょっと「可愛い」要素が入っている。モチーフは桜。ピンクのグラデーションで描かれた桜が、さり気なくシャツの胸やトレーナーの袖を彩っており、女性にも好まれそうなデザインである。制作にあたっては、前回ラインよりも少しだけ色を加えたいと思っていたThe xxのメンバーが、ビームス側の桜の花をモチーフにしてはどうかという提案に乗った形で実現したのだった。シンプルな中にも日本の伝統を感じさせる仕上がりとなっており、The xxのメンバーも大満足のようである。



Photo: https://www.facebook.com/pg/thexx/

Written by 編集部




SHARE