今年は何億円!? Calvin Harris、6年連続で世界一稼ぐDJに、そして2位にはみんな大好きなあの人が!?

毎年恒例のフォーブス誌による世界で最も稼ぐDJの2018年ランキングでも無類の強さを見せつけた。
SHARE
2018.08.01 04:56

世界で最も稼ぐDJとして世界的に知られているEDMスターのCalvin Harrisが、発表されたばかりの2018年版フォーブス誌による世界で最も稼ぐDJランキングで再び1位を獲得した。 


年収53億円、今年も1位はやっぱりCalvin Harris!  


Calvin Harrisは、EDM最盛期の2012年以来、昨年の段階で5年連続で同ランキングで1位を獲得していたが、今回の発表で自身の持つ記録を更新。ついに6年連続で世界で最も稼ぐDJの座を獲得することになった。




このようにもはや例年どおりと言えるほどにこのランキングにおける無類の強さを見せつけているCalvin Harrisだが、今年発表された彼の年収は2017年度の年収が4850万ドルだったことに対し、微減となった4800万ドル(約53億7000万円)だった。


続く2位は、The Chainsmokersで4550万ドル(約50億9000万円)、3位はこのランキング常連のTiëstoで3300万ドル(約37億円)となり、ランキング上位1、2位は50億円以上もの大金を稼ぎ出していたことがわかった。  


世界No.1 DJのMartin Garrixは10位に留まる  


またランキングでは、Steve Aokiが2800万ドル(約31億3000万円)となり4位になったほか、5位にサマソニとソニマニに出演するMarshmelloの2300万ドル(約25億7000万円)、6位に豪邸購入も話題になったZeddの2200万ドル(約24億6000万円)、7位はそのZeddとのビーフも一時、取沙汰されたDiploの2000万ドル(約22億3800万円)、8位はDavid Guettaの1500万ドル(約16億8000万円)、9位はKaskadeの1350万ドル(約15億1000万円)とベテラン勢が続き、DJmagが選ぶ「Top 100 DJs」で世界No.1 DJとなっているMartin Garrixは、収入面では10位で1300万ドル(約14億5500万円)に留まった。




なお、今年のフジロックでYosikiをゲストに招いたライヴパフォーマンスも話題になったランキング常連のSkrillexは、ほかのDJたちに比べると大規模ツアーを行わなかったことも影響してか、今年はランキング外となっている。  


以前、業界的にはEDMブームは縮小傾向だという発表があったが、少なくともトップクラスのDJたちはまだまだ大金を稼ぐことができるEDMドリームの中にいるようだ。


■関連記事:「EDMブームは縮小傾向」ダンスミュージック界のトレンドセッターPete Tongが語る


今年のランキングトップ10の一覧は以下のとおり。


▶︎世界で最も稼ぐDJランキング2018


1位 Calvin Harris – 4800万ドル(約53億7000万円)

2位 The Chainsmokers – 4500万ドル(約50億9000万円)

3位 Tiësto – 3300万ドル(約37億円)

4位 Steve Aoki – 2800万ドル(約31億3000万円)

5位 Marshmello – 2300万ドル(約25億7000万円)

6位 Zedd – 2200万ドル(約24億6000万円)

7位 Diplo – 2000万ドル(約22億3800万円)

8位 David Guetta – 1500万ドル(約16億8000万円)

9位 Kaskade – 1350万ドル(約15億1000万円)

10位 Martin Garrix – 1300万ドル(約14億5500万円)


written by Jun Fukunaga


source:

https://www.forbes.com/sites/zackomalleygreenburg/2018/07/31/the-worlds-highest-paid-djs-of-2018/#765a16ea22e6


photo: Carlos Delgado




SHARE