話題の10代パンクバンドThe Linda Lindasによる人気トーク番組でのパフォーマンス映像が公開

「Jimmy Kimmel Live!」で全米テレビデビューを果たしたバンドのパフォーマンスをチェックしよう。
SHARE
2021.06.10 11:00

アジア系とラテン系の血を引く姉妹、従姉妹、その友人らなど現在10歳から16歳のメンバーで構成されたLAを拠点に活動するパンクバンドのThe Linda Lindasが、アメリカの人気トーク番組「Jimmy Kimmel Live!」に出演。バンドにとって全米テレビデビューとなった今回のパフォーマンス映像は、YouTubeでアーカイヴも公開中だ。



「Racist, Sexist Boy」制作の背景をメンバーが語る


先月、アジア人差別の実体験を歌う楽曲「Racist, Sexist Boy」のバイラルヒットで大きな注目を集めたThe Linda Lindasは、最近、名門パンクレーベル「Epitaph」と正式に契約したことも発表したばかり。


関連記事:アジア人差別の実体験を歌ったThe Linda Lindasが名門パンクレーベル「Epitaph」と契約


番組でのパフォーマンス前のインタビューでは、10歳のドラマーでシンガーのMilaが「Racist, Sexist Boy」にまつわる学校での人種差別の実体験を語ったほか、13歳のベーシストでシンガーのEloiseが、「私たちの年代でも男子による多くの性差別がある。だから、私たちはそれに本当に起こっていて、それについての曲を書くことにした」と付け加えている。


また、16歳のギタリストでシンガーのBellaは、「Racist, Sexist Boy」がバイラルヒットした時の様子について、学校の授業中にSNSの通知が鳴り止まなくなり、教師に不審がられたほか、Instagramのフィードが自分たちのものでいっぱいになっていたことなども明かしている。



written by Jun Fukunaga

source:
https://www.nme.com/news/music/watch-the-linda-lindas-fierce-performance-on-jimmy-kimmel-live-2958182

photo: The Linda Lindas Facebook



SHARE