WarpやBoiler Room参加、音楽業界のサッカートーナメント「The Independent Music Cup」とは?

Ninja Tune主催のトーナメント戦では音楽、メディア業界から4AD、NTSなど全32チームが参加。各チームがしのぎを削る
SHARE
2019.07.09 10:00

サッカーの母国イギリスでは、ミュージシャンも度々ひいきのサッカーチームを公言し、時に熱狂的に応援を行うことで知られているが、同国では、音楽やメディア関係者がチームを組んで参加するサッカーのトーメント戦が行われていることをご存知だろうか?


音楽、メディア業界から32チームが参加する「The Independent Music Cup」 


クラブミュージックシーンにおける名門レーベル「Ninja Tune」が主催するサッカートーナメント「The Independent Music Cup」は、今年で開催5年目を迎える音楽、メディア業界の対抗戦で全32チームが参加する業界のイベントだ。 参加するのは音楽レーベルでは名門WARPをはじめXL、4AD、Young Turks、Big Dada、Anjuabeats、Domino、Rouch Tradeなど、いずれもイギリス拠点のレーベルで、音楽好きなら一度は名前を耳にしたことがあるであろうレーベルばかり。


一方、メディア関係では先月、先述のWARPとともに行なった特番が話題になったNTS、有名DJのGilles Petersonが開局したWorldwide FMといったラジオ局からカルチャー系媒体のDJ mag、Mixmag、Resident Advisor、Dazed、さらには人気音楽プラットフォームのBoiler Roomなどが男女混合でチームを結成(5人1チーム制のためフットサルに近い)。トーナメントを勝ち抜くためにしのぎを削る。




「The Independent Music Cup」開催の目的は?  


このようにイベントは参加チームを見ていると業界内の勢力争いにおける”代理戦争”のように思えるが、実はそんなピリピリしたものではなく、開催の目的はチャリティーだ。そのため、トーナメントは、全参加チームが協力し、戦禍を受けた子供たちを支援するNGO団体のWar Childに寄付するための1万ポンド(約135万8511円)を集めるために開催。集まった資金は、War Childが立ち上げたサッカー教育を通じて子供たちにライフスキルを提供するサッカーチーム「War Child FC」に寄付される。


当日の会場では有名DJがプレイ、Boiler Roomがアフターパーティ開催  


またトーメント開催時にはゲストとして有名DJが会場で音楽をプレイすることが恒例になっており、アフターパーティ開催。今年はBoiler Roomがパートナーになり、サウスロンドンで開催されることが決定している。


トーナメントは7月27日にイギリス・ロンドンのサウスロンドンエリア、Batterseaで開催される。もし、その開催日程時にロンドンに滞在することがあれば、一度トーナメントの様子を覗いてみてはいかがだろうか?


written by Jun Fukunaga 


source: https://independentmusiccup.com/ 


photo: The Independent Music Cap Twitter


SHARE