The Weekndがデビューミックステープ『House of Balloons』を再リリース

3月21日でリリース10周年を迎えることを記念し、オリジナルサンプルを使用しストリーミング公開。さらに限定ヴァイナルのリリースも。
SHARE
2021.03.18 10:30

NFLスーパーボウルでのパフォーマンスやグラミー賞との確執で日本でも話題となっているThe Weeknd(ザ・ウィークエンド)。


「Blinding Lights」が2020年に世界で最も売れたシングルとなるなど、全米1位どころか世界一と言ってもいいシンガーの原点とも言えるデビューミックステープ『House of Balloons』が、リリースから10周年を記念して3月21日に再リリースされる。


昨年リリースされたアルバム『After Hours』で彼を知った人も、以前からのファンも今一度The Weekndのルーツに触れるタイミングとなりそうだ。






オリジナルサンプルを使用した、まさに原点となる作品に


『House of Balloons』は2011年にリリースされたミックステープの中で最初にリリースされたデビュー作で、続いて『Thursday』『Echoes of Silence』がリリースされた。タイトルである”家”は出身地であるトロントに実際に住んでいた家のことで、高校中退後に生活していた様子が作品に反映されている。


上記した3つのミックステープはミックスが直され、リマスターされたものがコンピレーションアルバム『Trilogy』として2012年にリリースされている。今回は再リリースに合わせてオリジナルサンプルも許可を得てストリーミング公開と発表されており、まさに原点となる作品なのだ。




限定ヴァイナルもリリースへ


今のところウェブサイトにも載せられていないが、SNSでは限定ヴァイナルもリリースされるとアナウンスされている。アートワークはニューヨークを拠点に活動する現代アーティスト、Daniel Arsham(ダニエル・アーシャム)が担当。「Fictional Archeology(フィクションとしての考古学)」をコンセプトに掲げる彼は、ポケモンとのコラボプロジェクトで日本でも注目を集めているだけに、The Weekndとの作品も見逃せない。


アルバムが世界的なヒットとなったにも関わらず、ノミネートされなかったことを疑問視し「グラミー賞を永久にボイコットする」と発表したThe Weekndだが、アワードに関係なく新たなファンを獲得することだろう。



スーパーボウルでのパフォーマンスを見逃したかたはこちらから。



written by BsideNews


source

https://pitchfork.com/news/the-weeknd-is-re-releasing-house-of-balloons-with-original-samples-for-10th-anniversary/


photo

https://www.instagram.com/p/CMh5oVWBuIS/




SHARE