田中光、新作EP『Round About Midnight』をカセットテープのみでリリース。収録曲「range rover」のMVも公開

海外からも一目置かれるichiro_やBUGSEEDがプロデューサーとして前作に続き参加。
SHARE
2021.02.01 08:00

FKDとの共作が高い評価を得たラッパー田中光が最新EP『Round About Midnight』をリリース。


ビートメイカーとタッグを組んだシングルをコンスタントに発表してきたが、まとまったソロ作品としては、2016年の『ECHO CHAMBER』以来。


全5曲入りとなる本EPは、海外からも一目置かれるichiro_やBUGSEEDがプロデューサーとして前作に続き参加している。ビートシーンに精通する田中光らしいトラック選びのセンスと、詩情あふれるノススタルジックなリリックの調和は、日本語ラップという枠を超えて、多くのリスナーの懐に入り込む。フォーマットもカセットテープのみという玄人受け必至の作品に。


収録曲「range rover」のMVも公開されている。








【リリース情報】




2021年1月29日(金)発売 

Artist:田中光

Title: Round About Midnight

Label: Keika records



1.hypothermia (Prod.SUE)


2.kouryo (Prod.BUGSEED)


3.range rover (Prod.ichiro_)


4.utsusemi (Prod.ichiro_)


5.shinya (Prod.ichiro_)



【プロフィール】




千葉県館山市出身のラッパー。叙情的なリリックとチョップスタイルを駆使したテクニカルなフローを持ち味とする。2000年代中期から活動を開始し、UMBや戦極MC BATTLEといった大会での優勝によって、シーンにその名を知らしめた。2011年リリースのアルバム『PROOF』に続き、2016年には、LIBRO、BUGSEED、Meisoらを迎えたソロアルバム『ECHO CHAMBER』を発表。その後も、showmoreやFKDをはじめとする多様なアーティストとの共演も話題に。ステージ上では、サンプラーとエフェクターを用いて、自らの曲を分解・再構築。楽曲とフリースタイルを織り交ぜた唯一無二のスタイルがオーディエンスの心を掴んで離さない。


Instagram:https://www.instagram.com/hikaru___tanaka/


Twitter:https://twitter.com/Hikaru__Tanaka






SHARE